ウマソウ

きみはいい子のウマソウのレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
2.5
視点が多く、事例集のような映画。
尾野さんの腐り切った表情は素晴らしいし、高橋さんの支援員は世界観に溶け込んでいた。
一つ一つのカットに意味が多く、製作側は勉強しているなぁと感じた。

物語が終盤に向かうと同時に、主軸となる人々の苦しみは昇華されていく。

ラストシーンは素晴らしいが、想像できる方とできない方に別れると思う。できれば、現実を突きつけるのも手段かと感じた。アメリカンスナイパーで、殺される子ども達のように。これが現実だと。

丁寧に作られた美しい作品。