たべ

きみはいい子のたべのレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
5.0
「シンプルに口が臭い!」
千鳥は鼻をつまむでなく、嗅ぎに行く。

近づけば近づくほど、悪いところをストレスに感じる。
テクノロジーのお陰で、
今はヒットアンドアウェイが可能に。
そうしてるうちに、誰かと関わる方法が言葉だけになっていく。

この映画は「考えるな感じろ」と教えてくれた。
感じるから見方を変えられるのかと素直に納得。
高良さんが子どもたちにうまい言葉で伝えてなかったのが素晴らしい!