きみはいい子(2014年製作の映画)

上映日:2015年06月27日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:121分
    監督
    呉美保
    脚本
    高田亮
    原作
    中脇初枝
    キャスト
    高良健吾
    尾野真千子
    池脇千鶴
    高橋和也
    喜多道枝
    黒川芽以
    内田慈
    松嶋亮太
    加部亜門
    富田靖子

    「きみはいい子」に投稿された感想・評価

    タイトルにつられて鑑賞。
    ズキズキ刺さる情景でした。
    子供は喜怒哀楽のうち、怒りの感情だけは親のをそのままコピーするって、大学で習ったのを思い出した

    …いや、中学か?いや、倫理の授業だと…あれ?ん?
    ましの
    3.7
    これも子役の使い方うますぎる
    言うことを聞かない生徒に四苦八苦する小学校教諭、娘に手を上げてしまう母親、障がいを患う息子。
    虐待、モンスターペアレント、イジメ、差別などの社会問題を主軸に子供の尊さを訴えるヒューマンドラマ

    子供の無邪気な悪意と暴力を振るわれた子供の泣き声に精神をガッツリ削られる
    あまりの辛さに観るのもしんどくなるがその分
    抱きしめられた時の温もりが重く伝わってくる。最高に暖かいラストは必見

    悪さをしても最後には"きみはいい子"と言って抱きしめられるような大人になりたいものである。
    ma
    3.8
    つらかった。池脇千鶴がやっぱり好き。
    Risa
    3.7
    映像:⭐️⭐️⭐️⭐️
    音楽:⭐️⭐️
    ストーリー:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
    泣ける:⭐️⭐️
    笑える:
    怖い:
    ためになる:⭐️⭐️

    疲れた大人たちに。

    【あらすじ】

    娘を厳しくしつけ、時には手を挙げてしまう尾野真千子。
    学級崩壊寸前のクラス担任で、日々子どの対応、親の対応に追われる高良健吾。
    一人暮らしで認知症の初期症状に悩んでいる喜多道枝。

    同じ社会、同じ時代の中で、各々違う悩みと傷を負って生きる大人たちが
    子どもと接し子どもを育てる中で、
    自分たちもまた変わっていく。


    【感想】

    印象的なのは、
    家族に抱きしめられた時、どんな気持ちがした?
    という質問に対して、
    子どもたちが先生に感想を伝えるシーン。

    嬉しかった
    ふわふわした
    言葉に上手くできないけど何となくもじもじしてしまう

    各々が自分の言葉で語るこのシーンは、ドキュメンタリーさながら。
    もしかしてセリフは決まってないのかも。。?
    #yukimovie2017 46 #触れ合いの科学
    M
    4.0
    記録
    抱きしめることは
    一番優しくて一番つよい 愛情表現だと思った。

    言葉で伝えられない
    愛情の伝え方が一番大事なのかも知れない

    一緒に笑うことだったり
    一緒に食べることだったり

    誰かを大切に思って優しくすることが
    その誰かを優しくすることにもなる

    愛と平和は繋がってると思わせてくれる映画


    池脇千鶴とてもよかった
    高良くんはこんな感じの役多いけど、でも流石だだった笑
    ぎゅっとしてもらうと、ホッとすることあるよね。
    >|