きみはいい子(2014年製作の映画)

上映日:2015年06月27日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:121分
    監督
    呉美保
    脚本
    高田亮
    原作
    中脇初枝
    キャスト
    高良健吾
    尾野真千子
    池脇千鶴
    高橋和也
    喜多道枝
    黒川芽以
    内田慈
    松嶋亮太
    加部亜門
    富田靖子

    「きみはいい子」に投稿された感想・レビュー

    Arichika
    Arichikaの感想・レビュー
    4時間
    3.4
    こどもって周りにつくられていくもんな、と。
    前半と後半で受ける感情のギャップがすごい。
    Po
    Poの感想・レビュー
    19時間
    5.0
    悪い親なんて、いないのかも。

    悪い子なんて、いないように。

    なんで、むずかしいんだろうね。
    Sui
    Suiの感想・レビュー
    22時間
    4.3

    このレビューはネタバレを含みます

    児童虐待をテーマにした映画です。

    3つの話が同時進行で進んでいきます。
    ・父親に虐待されている子どもと向き合う担任の先生
    ・自分の子どもを虐待している母親
    ・障がいを持つ子どもと関わりをもつおばあさん

    昨今の小学校の先生って大変とはよく聞きますが、そりゃ一人でも大変なのに30人も相手にするのは相当。子どもといったって1人の人間ですしね。侮りがちですが、子どもという1人の人間とどう向き合うかってどんなことなのか、って少し考えさせられます。

    虐待する母親。
    結構自分が虐待経験がある人がそのまま自分の子どもを虐待してしまうケースあるみたいですね。
    尾野真千子さん演じる母を抱きしめてくれたママ友のように、複雑だけど昇華させられればいいんですけど。

    独居のおばあさんの描写が結構切ない。
    ちょっとのミスが意外なところにつながって驚きました。

    邦画を久しぶりに観ましたが、洋画と違ってすごくカッコイイセリフがガンガン出てくるわけじゃないんだけど、複雑な、表現し難い描写を出すのが上手だなと感じました。
    Uske
    Uskeの感想・レビュー
    1日
    4.0
    幼児虐待、学級崩壊、モンスターペアレント、等々、みていてつらくなるシーンの連続。映画の序盤から断念しそうになった。

    ただこの手の映画やドラマによくあるような、見てられなくなるほどの無駄にリアルで酷い描写はなかった。

    救いようのない 癒しようのない傷のはずが、話が終盤に差し掛かって、ほんの少し痛みが和らぐような感覚を味わった。
    saori
    saoriの感想・レビュー
    1日
    3.1
    全体的に雨から曇りに変わるような展開をみせる映画。

    ひとりが持つ空気感、ふたりになったときの空気感、それをきっちり捉えようという感じがする。うそのないリアルを感じる瞬間があった。
    Sally
    Sallyの感想・レビュー
    1日
    3.6
    虐待は連鎖する
    Nana
    Nanaの感想・レビュー
    2日
    4.0
    親がどんなに暴力しても、子どもは親しかいないし、愛されようと努力してて切なかった(;_;)先生って大変、小学生かわいいけど残酷、、。とてもリアルな映画だった〜高良健吾かっこいい〜❤︎
    a
    aの感想・レビュー
    2日
    3.8
    邦画ってやっぱりいいな。そして学校って怖い。抱きしめられたいし、抱きしめたくなる。
    >|