きみはいい子の作品情報・感想・評価

きみはいい子2014年製作の映画)

上映日:2015年06月27日

製作国:

上映時間:121分

4.0

「きみはいい子」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

いい話ではあるのですが…
虐待と認知症及び障がいのある子どもの交流の方は上手くまとまってると感じましたが、学級崩壊の方がちょっと。
子どもを抱きしめて優しくしてあげることで、子どももまた優しく接してくれることを学んで宿題として抱きしめられることを出す訳ですが、家庭で虐待の疑いがある子どもに対してあまりにも酷な宿題であり、しかも子どもに絶対やってくると約束させてしまっている。教師自身は何も成長してないことがそこから分かる。そもそもその宿題を課して、子どもに感想を言わせるところもなんだか狙いすぎだし、それによって学級崩壊やいじめの問題は何も解決していないのに、教師が満足してるだけである。
Kensuke

Kensukeの感想・評価

4.2
素晴らしかった。

子供を持つ身からすると、かなりきついシーンもあり「このシーン早く終わってくれ」と思いながら観たけど、尾野真千子の様な気持ちになってしまった事はあるし、叱るのではなくて怒ってしまった事もあるので、「虐待は絶対にいけない」事は当然分かっているけど、大人も自分をコントロール出来ないと言う表現と、虐待を肯定していない意味に解釈出来る池脇千鶴の存在の対比、
あくまで大人の視点から描き、子どもたちに対する見方の変化も良かったし、その子どもたちの自然すぎる演技にもビビった。

ほぼ横道世之介の高良健吾の生徒に対する変化、「抱きしめる事が大事だよ」だけの嘘くさい感じもなく、正しい事やだけを押し付けてこない、現実を見せつつのラストのバランスも良かった。

前作「そこのみにて光り輝く」同様、小さな希望があってバランスが素晴らしかった。

傑作!
fusumakoxx

fusumakoxxの感想・評価

3.4
Huluで視聴。
一人で見ればもっとよかったのかも。
joypop

joypopの感想・評価

3.9
邦画はあまり観ないし正直苦手なタイプの作品なんだけど実際みたらすごく良かった。
画面にがぶり寄りで観るにはヘビーな映画でした。
子供を育てるのは親だけの力じゃなくて、色んな人の力がいるんだなぁ。
親だけだとしんどなる時がある。
親だって誰かに抱きしめてもらいたい。
それ以上に子供は抱きしめてもらいたい。
だから親も、周りもみんな出来る限り支え合って寄り添っていかなきゃいけない。
泣いたり弱音を吐くのは、次の日も頑張っていくために必要なプロセスなんだな。
沢山泣いたけど、これは決して悲しい映画ではない。

それにしても池脇千鶴と高橋和也が幸せそうで良かった。呉美保監督の粋な計らいだ。
Q9Q9Q6

Q9Q9Q6の感想・評価

5.0
大人も子供も演技が達者すぎて脱帽。ラストの解釈は人それぞれあるだろうけど、一人でも多くの人が慰め、また慰められる優しい気持ちを持てるようにと願うしかない。はー…つらかった(ToT)
ちひろ

ちひろの感想・評価

4.1
人を殴るのって殴られた方も殴った方も痛いから、こんな言い方はおかしいかもしれないけど、尾野真千子の虐待シーンはまだ救いがある。
タバコの火を押しつけるとか、そういう彼女が受けてきたものの方がよほど残酷。

高良健吾が、抱きしめられてくることです、と宿題を言った時、本読んで内容知ってたのにはじめて聞いたみたいに涙が出て、生徒が感想言ってるところはすごく子どもって愛おしいなぁと思ってまた泣きました。

全体的に自分の生意気な小学生時代を思い出して穴があったら入りたい気持ちになりました。

こんなに世の中うまくいくことばっかりじゃないかもしれないけど、それでも救われる人がいたらいいなぁと思わせてくれる一本。
mugi

mugiの感想・評価

4.5
同じ町に住む3人の視点から子どもの虐待、高齢者問題、学級崩壊等の今時の問題について進んでいく。

私は母親なので、尾野真千子と池脇千鶴のエピソードにひき込まれ、涙が溢れた。
私も程度の差こそあれ、尾野真千子の様な怒りかたをした事があるし観ていて本当に辛かった。

誰もみな人からの助け無しには生きていけないし壊れてしまうと思う。
「人からもらった優しさにより、今度は自分が人に優しく出来る」っていう温かい連鎖があれば、もっともっと優しい世の中になるだろうなぁ。
ありー

ありーの感想・評価

3.5
尾野真千子やっぱり凄い
A

Aの感想・評価

4.5
記録
>|