きみはいい子の作品情報・感想・評価

きみはいい子2014年製作の映画)

上映日:2015年06月27日

製作国:

上映時間:121分

4.0

「きみはいい子」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

いい話ではあるのですが…
虐待と認知症及び障がいのある子どもの交流の方は上手くまとまってると感じましたが、学級崩壊の方がちょっと。
子どもを抱きしめて優しくしてあげることで、子どももまた優しく接してくれることを学んで宿題として抱きしめられることを出す訳ですが、家庭で虐待の疑いがある子どもに対してあまりにも酷な宿題であり、しかも子どもに絶対やってくると約束させてしまっている。教師自身は何も成長してないことがそこから分かる。そもそもその宿題を課して、子どもに感想を言わせるところもなんだか狙いすぎだし、それによって学級崩壊やいじめの問題は何も解決していないのに、教師が満足してるだけである。
Ryota

Ryotaの感想・評価

4.5
「うちにはサンタさんがこないよ。どうしらいい子になれるの?」
いい子ってなんだろう。

大切なひとに抱きしめられ、抱きしめよう。


ひさしぶりに小中学校のときの先生に会いたいな。
今だから伝えられる感謝を伝えたい。
キー

キーの感想・評価

3.8
リアリティーがあってよかった
わっち+

わっち+の感想・評価

3.3
こういう作品は最初に概要見ておくべきだった。ストーリーとかは特になく、あれで終わり?とさえ感じた。
色々調べて監督の意向を知らされて、なるほどと思ったけど。
Tyga

Tygaの感想・評価

4.3
尾野真千子の怒り方が、マジで近くの家から聴こえる若いお母さんの怒り方で怖かった。
池脇千鶴の演技は、もうお母さんにしか見えなかった。

「私があの子に優しくすればあの子が誰かに優しくするじゃない。
だから子どもを可愛がれば世界が平和になるのよ。どう?母親ってすごい仕事でしょ?」(うろ覚え)
ってセリフぐっとくる。

後、おばあちゃん子なので、優しいおばあちゃんが富田靖子に「優しいいい子ですね」っていうとこで号泣した。

自閉症の子の歌う「歓びの歌」が染みた。
いろんな問題に対してのひとつの解答がなんとも暖かい。
これから少しずつ好転しそうだけどほわっとしたまま回収されない話があるのも良かった。
無理やり綺麗に終わられるよりよっぽど良い。
素晴らしい…。素晴らしい映画でした。
子供を育てることに悩む2人の大人が主人公です。

小学校の若い先生は児童をコントロールできず、学級崩壊に悩まされていました。
小学校が30人のクラスであれば、30人分の問題がある。学校の先生は30個の問題を一つ一つ解決していく時間も余裕もありません。それでも子供だけでなく、保護者や大人までも問題を重ねていく。虐待があっても、必要以上に家庭問題に首を突っ込めない。突っ込みたくても、突っ込むことを許されない。目の前でその子が苦しんでいるのに。
若い先生は悩みます。教育って、何だろう…?

ある母親は子育てに疲弊していました。
子供の仕事の一つは、親に迷惑をかけることです。何をやってもドジを踏むし、壊すし、ひっくり返す。いつしか母親の子育ては、娘を殴り怒鳴りつける形に変わっていました。ひとしきり殴り終わった後で襲ってくる後悔と悔しさ。特にその母には過去の事情があったから…。
母親は悩みます。子育てって、何だろう…?

子供はいつ大人になるのでしょう。
小さな体で家族や先生たちから守られていた子供は、いつしか大人になって、気付いた時には親になっている。でも、親になるのは初めてだからどうしていいか分からないし、誰も教えてくれない。そうして母親や先生のように悩み、疲れ切って、追い詰められていくのです。
誰より苦しんでいるのは大人なのかもしれない。
そんな中、核心をつく台詞が胸に響きます。
「子供に優しくすると、その子が他人に優しくする。子供に優しくすれば、世界が平和になる」
疲弊した若い先生は、親戚の子供に抱きしめられながら「頑張って頑張って」と小さな声で励まされます。
大人が子供に優しくすれば、大人はその子に救われる日が必ず来るのです。必ず。
あや

あやの感想・評価

3.8
ハグって大事

このレビューはネタバレを含みます

みんないろんなこと思ってて経験してて人間
しんどい
>|