きみはいい子の作品情報・感想・評価・動画配信

「きみはいい子」に投稿された感想・評価

父親とうまくいかないまままで成人してどんどん疎遠になって、私はこのまま親子の関係がよくわからないまま大人になる。多分うまく子育てなんて出来ないし、自分がそうされてきたように乱暴に怒鳴ってしまうだろうし、もしかしたら手をあげてしまうかもしれない。自己肯定感の低さはそのまま子供への愛情にも直結するんだろうなぁ。自分を愛せないと、我が子も愛せないよな。

八日目の蝉を初めて見た時、確か自分は小学生だった。だから目線も子供側で、身勝手な大人に振り回されてつらいとおもいながらみてた。けど今回は無意識に親目線で見てしまって、うまくいかないイラつきとか、どうにもならない憎たらしさとかリアルに降りかかってきた。虐待する親にも1人の人としてのストーリーがあって、ただの悪役じゃない。それをメインストーリーで見せながら、今度はほとんど描写されないDV親父へ主人公が対峙する。DV親父もただの悪役じゃない。だから難しくて、きっと簡単にはうまく行かなくて。けどこういう話は自分たちにとって一番身近でどこにでもある話だから、目が離せないなあとおもった。

いい映画だし、子役の演技も素晴らしかった。
全然知らなかったけど、のりかからオススメされて見た映画!

ほんまに子供は母親の影響受けるよな、て思った。自分がされたように、子供に接して、でも心の中では本当にその育て方が合ってるのか不安になって、周りのお母さんたちの育て方コッソリチェックして、、

しかも教師となると、その何十倍もの子供と接するわけで、、、

いつも子役出ると演技嘘くさすぎてシラけるねんけど、この映画はみんな自然すぎて最後まで入り込めました
しゅり

しゅりの感想・評価

3.9
恵まれない環境で育つと大人になってからなにかしらの形で出ることの方が多いから、お願いだから愛情不足の子供はこれ以上増えないでほしいと思うけど、親は親で死ぬほど大変なのも超わかるし子供はまじでやかましくてうざい、っていうのを偏りなく描いてて素晴らしいなと思った
私は絶対に子供を持つことはないしどちらかというと子供苦手だけどめちゃくちゃ泣いちゃったもんな

それにしても子供たちの演技うますぎんか?台本無いとこもあるだろうな〜と思うけど、演技レベル高くてびっくりしちゃった
R

Rの感想・評価

3.8
宿題に対して子供たちが感想を述べるシーンがカメラワークのせいなのか、妙にリアルだった。
人を育てるって簡単な事じゃない
産んだ親には必ず責任がある
親も子も人はみんな孤独だからこそ、孤独じゃ無いんだと思いたい
今生きている人間ただ幸せになりたいだけ
そんな世界を私は抱きしめたいし私も抱きしめられたい

とかこんなレビュー書いちゃってる今は
お酒抱きしめちゃってる
モ

モの感想・評価

3.8
おばあちゃんが こんなにいい子はいないよって言うとこが泣けた
メル

メルの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

虐待やいじめなど、子供が理不尽に苦しむ姿をありありと見せられ、とても考えさせられた。脚色をあまり感じずに演出にリアルさがあるからこそ、苦しむ子供にかなり共感した。

その中でも、ご飯を与えられず、家にも帰れない子はかなり印象的だった。ハグをする宿題をやってきます!と大きな声で宣言する有様は酷く胸を打たれた。ろくに食事を与えられず、暴力や暴言のみでろくなコミュニケーションも取れない家庭環境。藁にもすがるような思いで、宿題を利用して愛情を感じたいと思ったのかもしれない。こんないいこが理不尽な境遇にあることに憤りを覚えた。その後彼は学校に来れなくなったのだが、どのように生きてるのか、ちゃんと生活できてるのかと心配になった。

また、知的障害を抱える子供に愛情を持てない時があると苦しむ母親に対してかけたおばあちゃんの言葉が印象的だった。「こんなにいい子は他にいないよ。」障害をもっていようがいまいが関係ない。きみはいい子なんだと。自分まで救われた気分になった。
0

0の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

終わり方良𓂃

私も子供産まれたら虐待するかもしれん..
mamipigu

mamipiguの感想・評価

3.7
子供ってやっぱりすごい。
甥っ子が『頑張れ』って言いながらハグしてくれるシーン、すっごいグッときた!
あれだけで、パワーが出てくる。

「家族に抱きしめられてきてください」っていう宿題を出した翌日、生徒一人ずつにどうだったか聞くシーン。
これセリフじゃないよね?
みんなの生の声に聞こえた。
だからか、ここでも胸がぐわっときた。
高良くんの表情もすごく柔らかくて、ちゃんと子供たちとキャッチボールをしてるのが伝わってきた。
これたぶん即興なんじゃない?

子供も大人も抱きしめられたい。
愛されたい。
褒めて欲しい。
認められたい。
この欲求はずっと変わらないんだろう。

自分一人じゃない。
周りで、みんなで支え合えば、関わり合えば、きっと変わっていく。
今の虐待の問題がすぐに解決するわけじゃないけど、一筋の光になる映画だなと思った。

人生は続いていく。。。
>|