きみはいい子の作品情報・感想・評価 - 269ページ目

「きみはいい子」に投稿された感想・評価

ぬる

ぬるの感想・評価

4.6
うむ、いい映画でした。いろんな場面で泣けました。

まとまりがないと感じつつもあらゆるシーンで泣けたのは、子どもの気持ちも大人の気持ちも両方わかるからでしょうか、、

見終わってからチラシのコピーを見て、なるほどなあと思った。

抱きしめられたい。子どもだって。大人だって。

やはり家族の愛は特別ですね。
台詞で語りすぎかと思ったけど、子供達の声は生っぽくて、それだけで泣けた。
個人的には最後気になるのでちゃんと描いてほしかったけども。。でもあの終わり方がいいんだろうなあ。

自分はどんな子どもだったかなあ。どんな親になれるかなあ。

真っ先にお母さんに勧めました。
kaede

kaedeの感想・評価

3.8
桜が印象的であたたかさを感じた。
先生の宿題に答えている子供たちのはにかみ笑顔がとてもすてき。
池脇千鶴さん予想以上に良かった。
リョウ

リョウの感想・評価

4.3
原作は既読。子役たちは大人が考えているよりずっと色んなものを視て、考えている。高良健吾と池脇千鶴、そして子役たちの演技が素晴らしい。照れくさくても、抱きしめてもらうことや優しい言葉をかけてもらうことは子供にとっても大人にとっても重要なこと。
@ 文学部視聴覚教育センター

女性が撮る映画には癖があると思っていたが、基本的に本作は男が撮った映画だと思える。
次男

次男の感想・評価

4.4
ちょっと、出来が良すぎるよなあ、これ。ちょっと素敵すぎるし、うますぎるし、参ったなあ。感情的な映画にみせて、その実、構成とか演出とか、すごく冷静で計算高い。
劇場で鼻すするのは大変。右の方も左の方もすんすん大変そうだったなあ。

◆◆

抱きしめられたいし、抱きしめたいし、安心させて、安心させられて、褒めて、褒められて、いい子いい子。どうしようもなくしんどいとき、いや、だけじゃないすね、そういう日常があるべきすね。愛を伝える所作。

◆◆

高良くんの彼女、なんの役割で出てきたんだろーって思ってて、高良くんが凹むためのスイッチかなあって思ってたけど、ちょっとわかった気がする、あの子は外の世界のひとなんやな、たぶん。どちらかと言えば普段はあの子の生活の方が親近感あるはずなのに、高良くんと同じ目線で飲み屋から出てくる彼女を見たとき、すごくあの対岸が遠く感じたのは、ぼくが閉塞した映画の世界にとっぷりといたからかもしれない。

◆◆

素晴らしかったのが、あの終わり方。
二度のノック。
終われ、と思ったら終わったやつ。
露骨なほど姿を現さなかった父性だったけど、あのラストのメッセージの宛先には、もれなく入っとる気がした。

いつかはぼくも人の親になるかもしれんのやなあ。大好きなあの子も気になるあの子もお母さんになるしなったし、名前を忘れたあのひとや、いますれ違ったひとも。ぐっとくるなあ。


長々と書いたけど、ひとつも言葉にできてない気がするなあ。
いいこいいこ。
いいこだから、いいこいいこしてもらえるんじゃない。
いいこいいこ、してあげればみんないいこになる。
いいこいいこ。
2015.11.18@目黒シネマ
ドキュメンタリーっぽさが新鮮。
子どもって純粋で素直で本当にかわいい。大人がしっかり守ってあげないといけない存在なんだと改めて感じた。
そんな大人だって一人ではどうにもならないことがあって、やっぱり誰かを必要としてて。
でも誰に、どうやって頼ったらいいかわからないでいる。
ひとりじゃ生きていけないんだな〜と考えさせられる素敵な作品でした。
aikimu

aikimuの感想・評価

4.1
大切なひとをハグしたくなりすぎる映画。
わたしもさくらを見つけたい。
2015.11.21 TAMA CINEMA FORUM

2015.11.17 目黒シネマ
namuge

namugeの感想・評価

4.0
終始ピリピリとした緊張感が漂い、これがストレス社会か…といった感じ。小学校の教師なんて並みの神経じゃやってけないよホントに…画面越しでも登場人物たちのイライラ感が伝わってくる力作