きみはいい子の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「きみはいい子」に投稿された感想・評価

良かったです。池脇千鶴が特に良かった。ママ友グループであー、アイツまた来た感が漂ったから仲間外れしちゃう系?って思ってたら全く違いました。かなりのキーマンでした。そして、高良健吾の危うげな新米教師ブリもなかなかリアルです。確かにこんな自分勝手な彼氏嫌だよなぁーって働く側からするとちょっと思っちゃった。でも、彼も姉と甥っ子に救われます。その勢いで是非とも3度目の正直で神田さんを救って欲しい。おばあちゃんは良かったな。こうやって皆んなで皆んなを支えながら生きて行けると良いなと思う。少しだけでも良いから相手を思い遣る気持ちを忘れずに。
そがべ

そがべの感想・評価

4.1
こんなにも心が洗われた映画はじめて
どうしようもない時、救ってくれるような人は必ずいて、その人にとっても救いになっている、ということを感じたい
ayumi

ayumiの感想・評価

3.6
高良健吾の台本がないかのような演技好きだなぁ。

抱きしめたり 頭をなでたり そういうふれあいが人間には必要で、不足してる子は問題を起こす。扱いにくい子になる。
自分が親になる時は いっぱい子供を抱きしめてあげたい。
高良健吾も尾野真千子もそれぞれ境遇も置かれてる状況も違うけど、誰かにぎゅっと抱きしめられたいって想う気持ちは同じなんだなあ。みんな自分が可哀想になってる、自分の置かれてる状況が最悪だって思ってるけど、そんなことはないんだよ、自分のことをちゃんと見てくれてる人はいるよ、っていう映画だった(語彙力)
それぞれの大人が抱える問題を、うまく映し出している。つい、子供だけに目がいってしまいがちな問題を、大人の立場の辛さなどを主の視点として描かれており、ハッとさせられる部分が多かった。
ARUKYO

ARUKYOの感想・評価

3.8
電車で赤ちゃんがガン泣きするのもベビーカーで膝小僧殺されるのも あら〜まぁまぁ😉😉って感じで気にならないんだけど虐待シーンだけはどうしても苛立っちゃう

このレビューはネタバレを含みます

高良健吾ってかっこいいのにこういうヘナヘナな役多く感じるなあ。
尾野真千子は尾野真千子だってことを忘れるくらい適役だった笑

この作品って色んな人のストーリーがあるけど、すごく近くにいるはずの登場人物同士の認識では繋がってなくて、誰かが誰かに優しくしたことで少しずつ変化が起きて、みんなが繋がっていくところが凄く素敵だし映画に限られたことではなく現実でこそ大切にしなきゃいけない、それがこの映画で言おうとしてる所じゃないかなって思った!

虐待とか障がいとか認知症とか、大人とか子供とか関係なくみんなもっと優しくした方がいいし、愛した方がいい。
すぐカッとしちゃうけど、その場の感情じゃなくてもっと大事なものを常に考えていたい。

スキンシップとか褒めるのって難しいんだけど実は結構大事で、効果もとても強いと思う。

で、最後の神田さんは、おばあちゃんが最初に聴いてたラジオが答えですか?:-(
yyy

yyyの感想・評価

4.3
虐待や親子の映画を見るのが辛くて、ずっと観れなかった映画。やっと観た。

家の子になる?の質問にやだって答えるシーン、どんなに酷いことされても、子どもはお母さんを嫌いにはならないんだなって苦しくなった。希望でもあるし、絶望でもあるね。

とりあえず教育に携わる仕事してるから余計考えさせられたし、明日はたくさん子どもたちを褒めてあげたい。
haruiro71

haruiro71の感想・評価

4.4
息が詰まりすぎて途中で何度も観るのやめようかと思った

全てのひとに優しくなれる映画
マリン

マリンの感想・評価

4.1
幼い頃にされたことを自分の子供にもしてしまう母親と、自分がされたから子供には絶対にしない母親。皆が皆強い人間じゃないし、そんな正反対の二人がママ友になれて良かったなって