きみはいい子の作品情報・感想・評価

きみはいい子2014年製作の映画)

上映日:2015年06月27日

製作国:

上映時間:121分

4.0

「きみはいい子」に投稿された感想・評価

nobu1002

nobu1002の感想・評価

4.1
ハグをしたくなる。そして、心の幸せを!!

尾野真千子の心の変化に引き込まれた
高良健吾にハマる夏
子供と接するのは難しい
大人もいろいろある


池脇千鶴と高橋和也の役の幅広さ
なんでもできる2人
ozako

ozakoの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

評価が高いので見た。決して面白くないわけではないが、自分には合わなかった。
子供達に「家族に抱きしめてもらう」宿題の感想を聞くシーンは、子どもたちの答え方が自然すぎて、ドキュメンタリーなのか、演技なのか、、、。あれが演技なら本当にすごい。
確かに虐待する母親には過去に虐待された経験のある人も多いとは聞くが、客観性に欠け、虐待している母親を正当化しているように感じる作品ではあった。
尾野真千子さんと、池脇千鶴さんの演技はいい。

このレビューはネタバレを含みます

呉美保監督の作品は、そこのみにて光り輝くに続き2作目。
そこのみにて〜は正直、そこまで好きではなかった。
絶賛されるのも分かるし、とても良い映画なんだけど、私個人の精神状況が宜しくなかった為かな。とても疲れた。疲れた以外の感想がない。


あと、主要の登場人物に問題があると思う。
綾野剛、菅田将暉。2人とも連日CMでテレビよく見る2人。
どんなにシリアスなことを言っていても、「あー、CMでチャラケてる人ね?」と思ってしまう部分は少なからずあると思う。


今作は先に結論を言うと、個人的には邦画の歴史に残る素晴らしい作品だと思ったんだけど、
その理由として、普通の人が、普通に演技をしていることだと思う。
もちろんテレビでもよく見る尾野真千子や高良健吾も出ているけど、それ以上にこの作品の魅力を形成しているのは、
あまり有名じゃない(私が知らないだけかもしれないけど笑)普通の顔をした子役たち。
彼ら、彼女らのそのナチュラルな演技ひとつひとつが、馬鹿みたいに光り輝いている。
高良健吾が出した宿題の結果を発表する児童たちひとりひとりの声は、あぁ生きていくってこういうことだなって、切に思わされる。
小さな仕草や言葉で救われることっていくらでもある(姉の息子に「大丈夫、大丈夫」って言われるシーンとかね)。


この作品を理想主義的すぎるという人がいる。甘ったるい、ありふれた解決法を示しただけだとか、現実はもっとダークだ、とか。
確かにその通りだし、分かってても上手くいかないのが現実だ。
だけど、私は映画……というか物語全般についていつも思うことなんだけど、どんな形でも「希望」を示せないものに意味なんてないと思う。
ただただ暗い現実を描くだけなら、映画なんて必要ない。わざわざ映画にしなくても、現実自体がそういうものだから。
この映画を見て「現実はもっとハードだ!私はこんな映画じゃ救われない!」という人もいるだろう。そりゃそうだ。ひとりひとり違う人間だし、傷の深さだって異なる。
だけど救われる人もいるかもしれないと僕は思うんですよ。
この映画を見て、誰かを抱きしめることで、誰かを救う人がいるかもしれない。


全ての打ちひしがれた人達には届かないかもしれない。
でもきっと救われるべき、誰かのためにこの映画は存在する。
久々の、「あぁ、こういうものが観たくて、俺は映画を観るんだ」と思える映画でした。
kana

kanaの感想・評価

4.3
いまの小学生との向き合い方に戸惑う新米教師の高良健吾の話と、自分の過去と現実を重ねて過ちと後悔を繰り返す母親役の尾野真千子、三つの話が同時に進んで行く作品だった。

子育てのやり方はそれぞれ正解も不正解もないからこそいろんな作品みていろんなやり方を知っておくのは大切だと思った。
てる

てるの感想・評価

-
 ロケ地が僕の地元の小樽市だったので、見慣れた景色がたくさんあったせいか、映画の中の世界との地続き感というか、現実との境目が薄く感じられて、すごく入り込んでしまった。素敵に撮影されていたので嬉しい。もう、あの観覧車は撤去されてしまったけど…。

 虐待、ネグレクト、学級崩壊など、大人・子供にまつわる難しい問題を描いた映画。とある教師と子ども、とある主婦とその娘、とある独居老人と障害を持っている子ども、という三つの生活。それらは交わって話が展開していくわけではないけど、それぞれ一応つながりはある。ただそれもあざとくなく、同じ街で同じ時間を共有している様がわかるよ、っていうくらいになっている。

 まず子どもたちの演技が凄い。障害を持つ子という難しい役もあり。また、例えば学級崩壊的な場面だと、子どもの嫌な部分とかもガッツリ出せてて、観てて叱りたくなるくらい憎たらしい笑。高良健吾に心から同情した。どうやって演出したんだろうっていうくらいリアル。あと一瞬、子どもたちへのドキュメンタリーみたいになったりする構成も面白い。

 喜多道枝の演じるおばあちゃんのシーンでは、住む古い家の匂いも伝わってくるような感じがして、それだけでうるっときた。娘を虐待してしまう主婦の場面は観ててキツイけど、池脇千鶴演じるママ友がとても良くて、救われる。

 ラストの締め方も個人的にはすごく好き。すべてが完全には解決されない。
しゅが

しゅがの感想・評価

5.0
「先生は〜仕事がまだ残ってるけど〜もう帰っちゃう!」って言う高良健吾が可愛すぎるので、星5!!!!!!!!!!!!!!!!
どの映画も池脇千鶴さんがいい味出しすぎてて見入っちゃう