きみはいい子の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

きみはいい子2014年製作の映画)

上映日:2015年06月27日

製作国:

上映時間:121分

4.0

「きみはいい子」に投稿された感想・評価

ユーミ

ユーミの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます


みんながみんな事情があって、やさしくできなかったりそのことに苦しんだり、やさしさと思って行動したことで苦しめたり。

ハグの宿題に苦しむあの子の親の気持ちだって、誰にもわからない。
わからないからこそ、わかろうと努力したくなった。
いい映画だなぁ。辛いけどあちこちにやさしさが見えて救いがあるなぁ…
と、思う一方で、予定調和感が否めない気もする。なんだかわかった気になっちゃいそうで、私はそこに、ちょっと引いてしまうのでした。
予告で知って借りてみた( ´・・`)

小学校の先生って
すごく大変ですね、
親や子は文句が言えても
先生が愚痴を言うと問題に
なってしまうし( ´・・`)……

みんながぎゅーってしたら
世界が平和になるのかなー。

最後男の子がどうなったのか
しりたかった( ´・・`)
あず

あずの感想・評価

4.1
あたたかい映画。ぎゅーっとすること。

音楽もとても好きで、見終わってすぐサントラをチェックしてしまいました。
終わり方も好きです。
saho

sahoの感想・評価

5.0
「私があの子に優しくすればあの子も他人に優しくしてくれるの。
だから、子供をかわいがれば世界が平和になるわけ。母親ってすごい仕事でしょ?」

「そこのみにて光輝く」呉美保監督の作品
「そこのみ〜」見た後の鑑賞だったから池脇千鶴と高橋和也の変貌ぶりに戸惑う(笑)
本当に素晴らしかった。素晴らしい映画に出会えた。
見終わった後には誰かにハグしたくなる、心が暖かくなる映画。
ただ、見るだけで胸が張り裂けそうになるシーンもあって、しんどいところも...、

それと同時に虐待、育児放棄、独居老人。現代の社会問題を盛り込んでおり、終始「いい子」っていう言葉が出てくる。
障害を持つ少年と少し時間を過ごしたおばあちゃんが母親に対して言う「優しいいい子ですね」は思わず涙。
人は人によって傷つくけど、人によって救われることも数え切れないほどある。

もがきながらも成長する登場人物たちの、無理やり感のないリアルな様子が印象的。
あと池脇千鶴のお母さん役、最高。
yui

yuiの感想・評価

3.9
明るいか暗いかといえば暗めな…
でも、色々と考えさせられる良い映画だったと思います。

頻繁に聞くことと言えば聞くことなのですが(そんなことをよく聞く世の中であってほしくはないけれど…)
そういう現実が起こっているのは事実で…色々な社会問題だったりテーマが折り込まれた一本。

高良健吾、尾野真千子、池脇千鶴をはじめ、子役の子達の演技がとても自然で良かった。


胸が苦しくなるシーンも多々あったけれど、その中でもそれぞれが希望というか、温かみというか、光をみつけながら進んでいく感じにまだ救われた。

最後、主人公があの後どうなっていったかがとても気になる。
Kaho

Kahoの感想・評価

4.5
自分もこんな風に愛されて育ったんだと思えて涙が出た。
完璧すぎる俳優陣。
りな

りなの感想・評価

4.0
長くなるので、お時間ある方はぜひ.

この映画を見て思い出した。
小学生の頃、両親は共働きで姉も部活で忙しく帰りが遅かったのでわたしは近くの祖父母の家へ帰っていた。保育園の頃からお迎えは祖父で、祖父母のことはもちろん大好きだったが、やっぱり1番には母に会いたくて、祖父母の家へ迎えに来てもらい、一緒に家へ帰ると、母に抱きつくのが毎日の習慣になっていた。抱かれてる手の中で母の匂い、ささやく声、何よりも安心感があって、とても好きな時間だった。
父の抱っこが好きだったわたしはいつも寝るのをわざとぐずっていた。ぐずるわたしを父は抱っこしてベッドまで連れてってくるからだ。
大きくなって、母と抱き合う時間は自然と無くなったし、もう父に抱っこされるような年齢でもなくなった。

今、実家からは通えない距離の専門学校に通ってるため実家を離れ下宿しているわたしだが、この前帰省した時に、母は笑顔でわたしを向かい入れ、「おかえり、会いたかったよ」と私をぎゅっと抱きしめてくれた。久々の母の腕の中は懐かしく、昔のような安心感があった。

誰でも似たような経験があるのではないでしょうか。この映画は、そんな気持ちを思い出させてくれます。
今でも抱きしめられると、昔とは違うちょっと照れ臭い気持ちにもなるけど、嫌という気持ちにはなりません。寂しい時、辛い時,何か特別なことを言われるよりも、そっと抱きしめてもらう安心感があります。

家族について、学校について、色々な問題のある話でしたが、愛について教えてくれる素敵な映画です。

このレビューはネタバレを含みます

ひろやくんのお母さんとおばあちゃんのやり取りの場面で号泣

自分がいっぱいいっぱいの時に見たから人恋しくなって同時にすごく悲しくなって、好きな人に抱きしめられながらわんわん泣いた
ずん

ずんの感想・評価

3.5
先生という職業の大変さ、難しさ、責任、やりがいを感じた。

怒るだけでは伝えることのできないものがあるということ、、