きみはいい子の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「きみはいい子」に投稿された感想・評価

なほ

なほの感想・評価

4.0
抱きしめられること、人の暖かさに触れること、関わること
素直な子供達にハッとさせられる。良かった。
kana

kanaの感想・評価

-
あの宿題いいな〜
子供ができたら、たくさん抱きしめてあげよう
れれれ

れれれの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

子供のまっすぐな演技に涙が出る

子供は親を選べない
聞いて欲しい、見て欲しい、触れて欲しい、褒めて欲しい、抱きしめて欲しい
みんな本当はそうなんだよね
人は自分が育てられたようにしか人を育てることができない、と聞くけれど…
どうかみんな愛してあげてください

近所におばあちゃんがいて、障害がある子供が当たり前に道を歩けて…。すべてが子供の人格形成に関わっている
愛情たっぷり育ててくれた両親に、そして幼少期関わってくれた全ての大人に感謝しようと思う
チラ裏のようなレビューになりましたが、こんなことを考えてしまうような映画です
cherryb

cherrybの感想・評価

5.0
余計な言葉はいらない。黙って優しく抱きしめられたら救われる。この監督の他の映画も見てみたくなった。
mipow

mipowの感想・評価

4.4
やさしい気持ちになれる映画。
抱き締めるって大切。
手を差し伸べる側になりたい。
は~泣いた😭子供たち愛おしい
ずっと青っぽい冷たい色だったのに、あるシーンでオレンジっぽいあったかい色に変わってこんな演出もあるのかって思った。ずっと見たかった映画、期待外れじゃなかった!個人的にすっごくすきです。
可部亜門くん演技うますぎる、やっぱり池脇千尋さん、、、!
法一

法一の感想・評価

3.9
 良い映画なんだろうなあとは思いながらスルーしていたのだが、実際見てみるとビビッてのけぞって腰抜かして座りションベン漏らすくらい良い映画だった――見ながらRhymesterの"Hands"のことを思い出していた。で、その後宇多丸の評論を聞いたら自分でも「この映画は"Hands"です」とか言ってて、さすがだなと。

 正直言って、厭らしい部分も(明確に一か所)あったのだが、それ以外は映画として物語としてこの上ないくらい慎重に気を配っているという印象を受けた。凄いなと思ったのは高良健吾が生徒たちに「抱きしめられてきてください」という宿題を出した翌日の描写で、そこまで完全に演技らしい演技をしていた子供たちが(いや、高良健吾でさえも)突然ドキュメンタリーチックというか、演出されていないような演技をする。
 高良健吾が走り出す前の描写も素晴らしい。映画のはじまりから終わりまでの間で、高良健吾が何を学んだのかがわかるというか……「子供の視点」について学年主任から説教されるくだりがここで活きてくると思うんですよね。「視点」の映画、「まなざし」の映画として、忘れないでいたい。
USO

USOの感想・評価

4.0
小学校も、先生も、仕事も、子育ても、ママ友も、自分が子供だった頃の思い出も、全部真っ只中の自分にとっては、内容を思い出すだけで涙が出てきてダメだ。

「ぜったいやってきます!!」
涙を流しながらあの子はこれをどんな思いで言ったか。

親子の数だけ物語があるのに、誰もそんなものに興味はない。世間から置いてけぼりをくった気持ちになるのは、辛いよなぁ。

誰かたった一人でも気付いてくれる人がいたら、その先を生きていけるのかもしれない。

その一人に自分がなれるか。
miho

mihoの感想・評価

4.0
この映画はすごい。自分がちゃんと親になれるか不安だと思った。神田さんの「絶対やってきます!!!」でめちゃくちゃ泣いた。高良健吾とても良かった。
sakuya

sakuyaの感想・評価

4.2
母親が子供に優しくすると、世界が平和になる。っていうセリフが凄すぎた。