きみはいい子の作品情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

「きみはいい子」に投稿された感想・評価

匠mi

匠miの感想・評価

3.8
 抱きしめる、抱きしめられるって簡単な様で難しい。誰かに受け入れてもらえる安心感に年齢は関係ないし、誰かに優しくする事にも年齢は関係ない。
 簡単な事ほど難しくなる年齢になった自分に、何か気づかせる事があった映画でした。
 大人になっても誰かに理解してもらう事や、愛を感じれる様な出来事の重要性や、されるだけでは無く他者に対しての理解の仕方や、愛情の伝え方などを登場人物の大人達や子供達から学びとれた。

 思っているより人は1人では無いし、思っているより社会に生きる人達は愛情を求めて大人になってきたのかも。
 自己肯定感が低い人が増えてきた、今だからこそ生まれた映画なのかもしれないし、そういう人に見てほしい。
みんな何かに傷ついて生きている。
映画中ずっと小学校の教室にいるみたいだった。
ふわふわしているようで残酷な世界。
優しい気持ちが刃になったり、些細なズレで生きにくいと感じたりする様が非常にリアル。
これは人にすすめたい映画。

目線、間がとても上手いです。演技も演出もいいなぁ。

「抱きしめられたい。こどもだって。大人だって。」てコピーすごくよい。
Ryota

Ryotaの感想・評価

4.6
日常のちょっとしたズレとか些細な優しさの描き方がすごいリアルだった。
miya

miyaの感想・評価

4.0
自閉症の子の「幸せとは、家に帰ってお母さんにご飯を作ってもらってお風呂に入ってお布団に入ってお母さんにおやすみって言ってもらって寝ることです。」ってセリフすごく好き。
reika

reikaの感想・評価

3.6
人を育てることも人の心を育てることも簡単なことではない。
悪いことをした時に叱ってくれる親が必要だし、テストで100点取ったこと以外にも褒めてくれる親が必要。子供がどんな大人になるのかは子供の時にみえている景色で変わる。
だからこそ、大切に育てないと。褒めることも叱ることも怠ってはいけない。
お姉さんが言ってたように子供可愛がれば世界が平和になるって言葉ほんとにそのままそっくり声を大にして言いたいな。自分のお腹の中にいた自分が育ててきた命を粗末に扱うことは許されることじゃないと思う。
WAONWORLD

WAONWORLDの感想・評価

4.0
この世には愛が必要なんだ。
先生、親、子供、
人間誰だって大変だけど
愛があれば乗り越えられる事だってある。
泣けた。
はにわ

はにわの感想・評価

4.3
タバコの痕あざ、抱きしめる宿題、子供に優しくすると子供が他人に優しくできる
家族に抱きしめてもらう宿題、すごくいい。人と触れあうことで何かが溶けて少しずつ変わっていく描写がすごく丁寧
甥っ子くんの「がんばって」の抱きしめシーンがすごくあたたかくて心に残る
ユカ

ユカの感想・評価

3.1
今ある数多の児童問題。身体的な虐待だけでなく、給食費の未払いや、親の交友関係など子供ではどうしようもできないことが沢山ある。そんな中何かあったときに責任を押し付けられるのは学校であり先生。一度に多様な子供の面倒を見なければからない先生の苦悩の描写は逸品。
虐待は許されないけれど、親の精神的なケアもそして子供には両親以外の相談相手だったり遊び相手となる3番目の親が必要とされる時代だと思う。それは地域の人ができることだし、全部1人でなくても数人で1人の役割ができたらいい。
親一人では子供の面倒は見れない。
子育てって、育児というか育人なんだな〜そりゃうまくいきませんわ。
高橋和也最高だった。