ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎の作品情報・感想・評価

ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎1990年製作の映画)

製作国:

上映時間:92分

3.4

「ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎」に投稿された感想・評価

ヘミングウェイ・ペーパーのお宝周りは良く出来てたし、面白かったが、爆発したのにすぐ復活してるバー「マリア」と、もう一つの中心だったマッシュとの決着のつけ方の杜撰さが残念。ガルセスもあそこまで上り詰めた富豪が契約期間をうっかり忘れて裏切られるってそれでいいのか
はに

はにの感想・評価

3.6
だから五右衛門の扱いをですね……w
銃撃戦の演出テンポ良く笑えていい。ただこの不二子ちゃんあんまエロくない。
なな

ななの感想・評価

3.0
まぬけな五右衛門が観れる珍しい映画かも。
めっちゃおしゃれで好き💄 テンポも良くて話もえ?え?ってかんじで、次々引き込まれて観れた
次元の後ろ姿萌え
オススメ!!
マエダ

マエダの感想・評価

3.8
実はかなり面白い

ヘミングウェイの名前とウラン鉱石の存在はコレで知った
アニメ/邦画 1

このレビューはネタバレを含みます

 お宝を巡って内戦が続く島で、ルパンたちが島に入っていろいろする話。

 対立する軍隊の中にそれぞれの用心棒として次元と五右衛門がいて2人が対決するという構図にそれを高みの見物をするルパンという【用心棒】のような設定が面白くて、主要メンバーの目的がそれぞれバラバラだけど、最後はやっぱりみんなでカタキ役を潰していくというのはよかったです。
 出崎監督作品らしい止め画を使った演出もアクションシーンの効果をあげていてよかったと思いました。

 ただ個人的にはルパンが外野から見てるだけでそこまで本筋に絡んでこないのとカタキ役とかが多くて、結構時間をかけて描いているのに退場がアッサリでカタルシスはあんまりなかったです。この内容で90分は短いように思えました。

 そして銭形警部は全く活躍の場がなくて、偶然に島へとたどり着いてただ捕まってるだけの描写が延々と続くだけのかわいそうな役回りだったのが残念な映画でした。
>|