ルパン三世 ワルサーP38の作品情報・感想・評価

「ルパン三世 ワルサーP38」に投稿された感想・評価

Alina

Alinaの感想・評価

3.5
TVスペシャルシリーズ第9段!

ルパンの中ではちょっとダークよりな内容です。
ドンデン返しが怖い!でもやっぱりルパン、格好良い!

ワルサーP38、この世にひとつしかないとされるルパン愛用の拳銃・・・
それが実は2つあり、もうひとつのワルサーP38をめぐる因縁の対決!

絵は正直微妙ですが、ストーリーの面白さが補われているのでしっかり観れます。
虚しさが強めでいつものルパン三世とは一味違った
銭形の無能ぶりもすごい
瑞稀

瑞稀の感想・評価

4.0
ちょっと珍しい暗い雰囲気のルパン
ルパンの自由になったらそれなりに辛いことからも向き合わなければならない、っていう考え方にすごく感心した
ヒロインもものすごく魅力的でいいい
まさかお前が悪玉だったなんて
びっくりだぜ

エレン‥😢

今回は銭形いいとこなし 笑
い

いの感想・評価

4.0
テレスペNo.1の出来だと思う この作品のクリカン、どこか優しくてすきなんだよなあ
アダルティ・アクション。作画もハッタリの効いた演技をしていてすごく良かった。やっぱ制作費1億円は違うな。
以下シビれた演出を書き連ねます。

・今回のテーマの1つである「殺し」を爆発とかで誤魔化さず、真正面から描写している。血が出るわ、敵は真っ二つに斬られるわ、結構残酷で好感度高い。

・この時期のアニメによくある(?)透過光のにじみがマジ好み。黒い画面にマッチしている。

・光の反射と共に「キラキラ」みたいな効果音を重ねるのは、アンパンマンの監督といった感じ。

・アバンでの煙幕を張った所から続々と敵が登場して殺しを繰り広げる場面がカッケェ。強さに説得力が出る。

・とっつぁんへのお見舞いシークエンスも良い。イヤホンで音楽を聴く銭形→「武者震い〜♪」とともに地響き→イヤホンとると轟音(ここの耳抑える演技好き)→FIXのまま窓から光がさして何故か部屋が真っ暗に。(これも良いハッタリ!)→窓が割れると下から光とヘリの風を受けながらルパン登場…と、この流れが個人的にアガった。

・もう一つ最高だったのは敵の幹部・ジャックと次元が対峙するシーン。ジャックの開いた両足の間からローアングルで擦り合わせられる双剣と次元が見える。→画面が切り替わり真正面からジャックのFIX…かと思いきや、手前にピントの合わない次元の手が!実はPOVだったと分かる瞬間が一番アガった。

・ルパンとエレンが一緒に銃を撃ったシーンをT.Bしつつ真正面から撮るのもシンプルで力強い。ラスボスの死に様も洒落てる。

・過去にケリをつけたルパンが初代ワルサーを海に投げ捨てる場面に素直に感動。伏線回収。

・「殺し」の代償を逃げずに描写。しかし、自由を求めた彼女への救いを「鳥」で表現している。ラストカットでキラキラと輝きながら羽ばたく「鳥」と、上にも書いたように劇中で(場違いなほどの)効果音を使ってまでキラキラと輝いている表現がされた「あるもの」を重ね合わせると感動もひとしおだ。
カックィ〜〜
Uzuki

Uzukiの感想・評価

3.9
こういう切なさはアニメシリーズを思い出した
クスコ

クスコの感想・評価

3.0
カリオストロ以外で初めての劇場版ルパン作品でした。

後半、ルパンがシリアスに戦ってる一方で五ェ門、次元、不二子らはわちゃわちゃやっており、相変わらずのお笑い担当っぷりが良かったです。
>|