映画は最高の娯楽

パシフィック・リム アップライジングの映画は最高の娯楽のレビュー・感想・評価

3.4
とにかく雑な点が目立つ。まず脚本が...
まあ盛り上がらない。
重厚感のあるイェーガーは消え、ランニングマシーン化した酷いコックピット。魅力も何もありません。
改悪にもほどがある。怪獣の出番も少なく...もっと他にあっただろ!

物語前半の牽引力が弱く、テンポが悪い。

全体的に軽いノリで絶望感が皆無。何とかなるでしょ精神やイチイチセリフの後にギャグを挟んだりと気になる。

露骨な演出も多く まあ展開が読める💦
前作キャラの扱いが酷く、後付け感が...

前作が中国でのヒットで命拾いしたこともあり、今作は凄まじい中国色。
東京も中国語だらけで異世界感プンプン。破壊されても盛り上がらず 笑
日本で持ち上げられていた真剣佑は察しの通りでちょい役。

ギレルモ・デル・トロ監督だからこその作品だったんだなと実感しました。
前作を見ることにします。