パシフィック・リム アップライジングの作品情報・感想・評価

パシフィック・リム アップライジング2018年製作の映画)

Pacific Rim: Uprising

上映日:2018年04月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「パシフィック・リム アップライジング」に投稿された感想・評価

一作目はもうメカで怪獣で想像以上に楽しんだので、2作目もデル・トロ監督ではないことを差し引いても、凄く楽しみにしてました。

うーーーん…
いや、良いところもね、あるんですよ。
前作は夜中の戦闘で、暗い中でのイェーガーのシルエットやライト、怪獣の発光なんかが目立ってかっこいいんやけど、明るい市街地での戦闘は分かりやすくてやっぱいいんす。
ところどころ違和感もありますが、日本での決戦ってのもやっぱテンション上がるし。

ただなぁ…
僕はもうてっきり、怪獣が合体した時にイェーガーも合体しちゃうもんやとばかり思ってました…ここは琴線の問題ですよね…

でも、絶対敵わない相手に今まで通り挑んでボコられるのも予定調和過ぎてちょっと…

結局ジプシーだけで倒せちゃう感じも…いや、いいんすよ?週イチの特撮ならね?

奥の手的な、そういうのもっと欲しかった。
2作目ですよ??いくらでも工夫出来るし、しなきゃいけないんじゃないんですかね。
1作目があんだけ評判良かったんやから。

もうね、ネガティヴなこと書いちゃってるけど、楽しんだんですよ、それなりに。
このそれなりにってのが残念で。

あと、ボイエガはヒーロー顔ちゃうなぁ…
好きなね、役者なんですけど…
うーーーーん…
Kazu

Kazuの感想・評価

3.2
ドシドシ系なので映画館で観たかったな〜
前作が良かっただけに見劣りするけれど、
テンションは上がる!

そして中国語のリスニング練習に良い!
じん

じんの感想・評価

2.5
1作目と比べるとストーリー展開もアクションも物足りない感じがしました。イェーガーのカッコ良さは全面的に出ていますが、言ってしまえばただそれだけの映画です。他の方のレビューでも見るように頭空っぽにして無心で見るにはいいと思います。前作が面白かっただけに残念でした。
5年前に公開された前作「パシフィック・リム」の正統続編。日本の一連の怪獣映画が束になっても、‬この凄さを超えることはできないであろうほどの素晴らしさだったため続編も期待を膨らませての鑑賞。‬
‪前作同様質の高い娯楽作品に仕上がっている。前作に見劣りしない勢い、少し詰め込み過ぎな感じはあったけどインパクトもあり話の筋もわかりやすい。オマージュやオタク映画独特のムードを重視した前作を土台として、より多くの人が楽しめる作品へと昇華された印象がある。しかし今作は前作の監督ではなかったためかその分、怪獣・ロボット映画としてのアイデンティティは薄まっている印象。‬後、全編通して前作の主人公が出てこなかったんだが何処行った?
‪Part3の予定もあるようなので次回作ではPart1で監督を務めた鬼才#ギレルモデルトロ に戻しての“正統な後継作品”としてデルトロ色を存分に爆発させた映画にしてほしい。
2019/01/20
アマゾンでレンタル視聴(100円)
娯楽作品として観れるけど何かが足りない。
どこかのレビューサイトの言葉がしっくり来た

「デル・トロが足りない」

次回作があるならギレルモ・デル・トロ監督で。
頭を空っぽにして見れる娯楽作
バルカン連射で薬莢が地面に落ちるシーンが好き
ヒロインが好きじゃない、1ほど面白くないかなって感じ
評価は低いが、イェーガー大好きだ。
オプシディアンフューリー最高。
>|