パシフィック・リム アップライジングの作品情報・感想・評価 - 165ページ目

パシフィック・リム アップライジング2018年製作の映画)

Pacific Rim: Uprising

上映日:2018年04月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

あらすじ

戦いは終わりではなく、始まりだった-。 前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。 よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?

「パシフィック・リム アップライジング」に投稿された感想・評価

巨大ロボと巨獣がぶつかり合う迫力は健在。とてつもない爽快感!!

ゴゴゴッ…、ガインッガインッ…といった重量感ただよう雰囲気の中、おかまい無しに都市を破壊しながらの戦闘シーン。
ここがこのシリーズの見所だと思うし、前作よりさらなる進化を遂げている。

日中のシーンが多く、鮮明に見えたのが良かったんだと思う。

最後、東京の街並みの違和感にちょっと邪魔されたのがマイナス点か。ラストスパートの部分だっただけに。。

それでも、肝心な部分に前作以上のものが見てとれたので満足です。
巨大ロボットと怪獣、大好物ですわ。東京での決戦は見応え有りました。スクラッパーが可愛いかった。
うめづ

うめづの感想・評価

2.8
いろいろと1の劣化版といった感じ。期待していただけに残念。

コックピットの臨場感と怪獣の怪獣感がなくなったせいかな。

個性を無くして万人ウケしそうなロボットものになっていた。
かんげ

かんげの感想・評価

3.2
ひとことでいうと「大味」。前作に、トランスフォーマーの悪いところを注入して、熱量を落とした感じ。

今回、「次世代」ということが、大きなポイントになっているはずなのですが、それがジェイクの世代なのか、訓練生たちの世代なのか、中途半端。
もっと、訓練生の物語にフォーカスすれば、日本のロボットものの特徴である、年端もいかない子どもたちが、戦いに巻き込まれつつ、手を取り合って難局に挑む物語に成り得たのにね。ジェイクたちはその狭間で悩む役どころでよかったのでは。

イエーガーも、世代が変わっていることが分かりづらいですね。
デザインは、多少スタイリッシュになっていますが、機能的な世代の違いの特徴は何なのか? 旧世代のいいところもあるはずで、それをジェイクの世代と訓練生の世代の違いとダブらせて、それぞれのいいところを活かして戦うなんて展開があってもよかったはず。

今回の首謀者が誰なのかを突き止める最初の手掛かりを得る場面も雑。前半の盗みを働いているシーンで、そこにつながるエピソードを入れておくことぐらいはできたはず。
ただ、暴走する無人機は、使徒に侵食されたエヴァみたいで、デザイン的にはこれが一番カッコよかった。

怪獣に対する熱量も落ちてます。
最初に3体の特徴をもっとハッキリとさせておいて、そして、その後の展開で「うぉーっ」となる怪獣デザインを創れたはず。

救いは、スクラッパーの存在かな。

もし、次作があるのなら、今度はイエーガーの合体なんてのが、あるかもしれません。
raru0402

raru0402の感想・評価

3.8
相変わらずあの怪獣オタクの2人が良い掛け合いをしてくれてます。

また、訓練生たちの成長譚や、イェーガー同士の攻防、果ては怪獣たちの○○まで…⁉︎ 前作とは違った新しい魅力が目白押し。

巨大ロボットvs怪獣って、いつ見ても男のロマンをくすぐる最高のエンターテイメントですねやっぱ。
鑑賞回数:1
物語:★★★☆☆ 3.5
配役:★★★☆☆ 3.5
演出:★★★★☆ 4.5
映像:★★★★☆ 4.5
音楽:★★★★☆ 4.0
再見:★★★☆☆ 3.0

巨大ロボで、怪獣と戦う、特撮その2
序盤こそ焦らされるも、イェーガーが出てきてからはやはり楽しい
全高約80mのスケール感と重厚感が好きだった為に、次世代機の軽やかな動きに正直物足りなさも感じたが、コレはコレで
前作で物足りなく思っていた発進シーンが今作は見応えがあって良かった
おそらく今作のジプシーは前作と違い動力源が原子炉じゃないと思うんだけど(一緒だったら最後ヤバい)、その旨は説明あって欲しかったかな
前作からの登場人物達も活躍したりで面白かった
2日前に観たレディプレイヤー1の余韻が残ったまま本作を鑑賞してしまったからか、あらゆる面で想定内過ぎて途中でダレてしまった。ごめんなさい。
Bitdemonz

Bitdemonzの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

巨大ロボと大怪獣の迫力あるバトル、そして壮絶な都市の破壊描写は圧巻で、前作をも凌駕する勢いなのが素晴らしい…

…だけの内容ですが、それでイイのか?それがイイのか!? というところで評価が別れそうなカンジではあります。

個人的には、後半の盛り上がりを前半に、エンディングで匂わす「その先」を後半に、みたいな内容だったらもっとアガってたのかもしれないかなと。
昼の東京を背景に、これでもかとビル破壊しまくりながらの戦いはアツかった。
今作の個人的MVPな怪獣の造形も最高で、ハイブリッド怪獣のビジュアル素晴らしい。

前作のような巨大感と重量感は減っていたが、スタイリッシュな戦闘と昼のビル群や雪が降る環境下での前作と違ったまた新しいルックがとてもフレッシュで良かった。ただそのフレッシュさや物語のあっさりとした展開が映画全体として20年前の作品のリメイクのような感じに見えてしまったのが残念。

ただやはり見終わったあとはメインテーマを口ずさんでる自分がいる。
KUEKUE

KUEKUEの感想・評価

3.4
前作にあった外連味がなくあっさりしすぎな印象。イマイチ盛り上がらないまま終わってしまった。