パシフィック・リム アップライジングの作品情報・感想・評価 - 165ページ目

パシフィック・リム アップライジング2018年製作の映画)

Pacific Rim: Uprising

上映日:2018年04月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「パシフィック・リム アップライジング」に投稿された感想・評価

kagiwata

kagiwataの感想・評価

3.8
前作と違って昼に戦うシーンが多いからか、なんかトランスフォーマーっぽくなった印象。

ほかのレビューで見る通り、確かに突っ込みどころや前作に比べると劣るところはあったかもしれないけど、前作ではなかった戦闘や黒幕への付箋の量など評価できるところはたくさんあったと思います。

そもそもミステリーみたいに考えながら見る映画じゃなかったので、単純にすごく迫力のある映像と戦いに興奮しました。
ごま

ごまの感想・評価

3.8
面白い!というか楽しかった!!
ツッコミどころは例によって満載ですが、
そんなことを言う映画じゃない!!
何より監督達からの日本へのラブレターにしか見えなかったw
デルトロ版とは正直全然違うけど、
同じオモチャを違う監督が遊んだらこうなりました!って感じです。
虎氏

虎氏の感想・評価

4.0
前作から10年後の世界を描いており、お馴染みの人物達も立場を変えて登場している。
映像の作りこみは本作も素晴らしく、CGによる巨大戦は迫力が有ったと思う。背景との親和性も高く、自然な映像に見えた。
決戦は日本、久しぶりに胡散臭い間違った日本を見た気がする…しかも作りこまれていて感動(笑) 等身大のガンダム像が出てきたが、さすがに動かなかったなぁ…ちょっと残念。

前作を4DX版で鑑賞して面白かったので、本作はMX4D3D吹替版にて鑑賞した。イェーガーの挙動に合わせて座席が動くのは本作も同様で面白いのだが、上映前に流れた”仮面ライダーアマゾンズ”の予告編のアクションシーンでの挙動がかなり激しかったので、イェーガーの挙動が緩慢に感じてしまった。巨大ロボットなので、緩慢で正解だとは思うけど…。

次回作の展開を匂わすエンディングだったが、果たして?
snboyj

snboyjの感想・評価

3.5
Some part of this PACIFIC RIM UPRISING were “Impossible” like other SF movies. But I still like this. And yes, Jing Tian was in this movie.
いたる

いたるの感想・評価

3.2
随分と丸くなってしまった印象
戦闘シーンは溜めや、下から見上げるような嘗め回すようにゆっくりと見たい
上海にある中国企業のエレベーターのBGMが『イパネマの娘』
やち

やちの感想・評価

4.5
パシリムだ!!!!!!

イドリスエルバとハナムと菊地凛子のパシリムが好きだったので、だいぶ不安(ボイエガは好きだけど、パシリムじゃなくなるのでは?っていう)だったけど、パシリムのワクワク感はそのままで、前作であまりスポットが当たってなかったジプシー以外のイェーガーもめっちゃ格好良くて好き。

ハナムが全く出てこなかったのがしょんぼりだったけど、エルバの新ショットもあったし、出撃前の演説もめっちゃペントコストの息子って感じでもう好き。

あと怪獣戦争で死んだイェーガーパイロットたちの3D飾ってあって、中国の三兄弟とか、ロシアのパイロットとかいて、ペントコストがいて、真ん中はあの人がいて、まじボロ泣き

あとワーナーからユニバーサルに移動してたけど、最初のとこがなんかデジタル?っていうの?なんかしゅわしゅわしててめっちゃよかった レジェンダリーまじオタク力強い

あとスクラッパー(小さいイェーガー)がすごい可愛かったんだけど、終盤のパイロットめっちゃ笑ったしスッゲー格好良かった。ああいうタイプがパイロットになるの珍しいしめっちゃ似合うし好き。
期待の第二段。

イェーガー同士の戦闘も良かったが、その分怪獣比率が下がったかな…
とはいえ戦闘シーンに関しては迫力やお約束感はまずまずといったところ。
でも、もう少し各イェーガーが活躍しても良かったんじゃないかなと。
そしてあれかね、富士山のレアアースてのはジャパニウム鉱石のことですかね?
次回作は光子力エンジンと超合金Z装備で決戦やな!
ぷん

ぷんの感想・評価

4.0
パシフィックリムの続き
エンターテイメント作品としてはかなりよかったと思う。
ベースは前作と変わらず、弱い物がロボに乗り込み悪者を倒す。
目新しさは無かったがそれぞれのキャラクターや機体に前作との違いが見られたし、ジョンボイエガのキャラクターも良かった。訓練生という位置付けも好き。
滅亡を企て始めた今回だが、あまりにも分かりやすすぎて圧倒された。デルトロ監督ならそうはしなかったか、悪者の立場になって物語を作っただろう、子供はすごく見やすい作りになってたと思う、正義がいて、怪獣という悪者がいて、かっこいいロボットが戦って勝つ、単純明快で割り切れていいのでは?
ばるさ

ばるさの感想・評価

3.5
量産系無人機で成功した作品を知らない

プロレスが見たかったのに武器頼りになってしまって結局遠回しではあるけれど人対人になると途端に面白さが半減してしまうな〜と...

キャプテン・アメリカ ウィンターソルジャーのオマージュ?のシーンがあってちょっと面白かったですw

脳みそ3つどうしたw

とまぁ思った事書いてますがやっぱり重厚感のあるロボットなどが動くのはロマンあってかっこいいですね
sato4

sato4の感想・評価

3.7
前作に比べて緊迫感が欠けまくっていた事に違和感を覚えつつも、待ち望んでいたイェーガー同士のバトルやKAIJUとの最終決戦はしっかり楽しんだ。イェーガーのデザインにはもう少しバリエーションが欲しかったところ。スクラッパーの活躍は予測の範疇だけれども、そのパイロットは予想外。途中からキャラ設定が変わって笑うしかない。