パシフィック・リム アップライジングの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

パシフィック・リム アップライジング2018年製作の映画)

Pacific Rim: Uprising

上映日:2018年04月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

あらすじ

戦いは終わりではなく、始まりだった-。 前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。 よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?

「パシフィック・リム アップライジング」に投稿された感想・評価

前作よりアクションがスタイリッシュになっていて、見ていて楽しかったです。
社長が特に有能でした。
社長が本当にかわいくて役回りも素敵で好きでした。
社長が有能すぎてオートパイロットとの戦いがほとんどなかったのはちょっと残念だったかもですが、とても熱かったです。社長好きです。
しん

しんの感想・評価

3.6
2018079
IMAX3D
公開初日に観賞
子供がオモチャのロボットを戦わせて遊んでるノリで大人が資金力と技術力を駆使して映像化しちゃいました的な感じ。
なのでお話はちょっと、、だけど破壊力抜群の映像とイェーガーに圧倒されます。

まっけんの出番少なかったよ、、もっと活躍するのかと思ってた、、
のぶ

のぶの感想・評価

-
前作よりも上映時間が短くなってさて? と思ったが、やはりちょっと薄味になったか。全体にドラマはあっさりめでわかりやすくなった。でも今回はバンバン真っ昼間に戦っていてイイポイントもたくさんあって楽しかった! そしてまさかのボスボロット参戦とは…。
IMAX3D字幕版にて。
公開2週目だったので、賛否両論あるというのはチラホラ聞きながらの鑑賞。
そんな悪し様に言うほど悪くはないかなぁ、というのが所感。

ただ、アイドルの写真集で例えるなら本作は「明るい太陽と海、そしてその中でのアイドルの満開の笑顔!水着もあるし、その子の日常を思わせる制服姿や普段着もある!けど何だか、普通。カメラマンがこのアイドルを可愛いと思って撮ってるんだろうけど、フェティッシュさがない。水着ならどの部位にどれくらい砂が付いているのか、とか。制服姿を教室で撮るのは良いがレースのカーテンとか机とかアイテムをうまく使えてないとか…」
ちょっと回りくどい言い方になってしまったがロボ好きの人が言う“重み(鈍重さ)がない”と比較的近い否定的な感想を僕も抱いた。
この監督さん、確かに特撮愛とかロボ・怪獣愛があるのは疑わ無いんだけど、もうちょい偏愛みたいなものが感じたかった。
あと、偉大な親を持つ子の葛藤とか怪獣に対して抱いていた恐怖の克服とかライバル同士のいがみ合いとか色々な要素がある割にはしれっと解決しているのも頂けない。
それらを克服する=怪獣を倒す!と言うことしないとカタルシスは生まれずらい。
ちょっと要素を多くし過ぎたんじゃないかな、と。
filmsboy

filmsboyの感想・評価

4.0
前作より面白かったです!
前作はロボット感を出したいのか一つ一つの動作が重く見ていてもどかしいものがありましたが、今回はスムーズになっています。
お金?の関係上、中国の方の登場が多かったですが、それもストーリーの一環と思えばそれほど感情を邪魔するものではありません。
が、しかし!日本が舞台のシーンはせめて日本のロケーションを使って欲しかったですし、お店の名前も中国語を使っていたのは作り手のおサボり感が出ている点でマイナス1点です。
ストーリーは良かったと思います⭐️
高田

高田の感想・評価

4.1
スクラッパー!!スクラッパー好きだスクラッパー!!

社長のエロお姉さんもいい!真剣佑はもっと垢抜けたイメージあったけど、短髪にしただけで漂う少年兵感!人種!
こう

こうの感想・評価

3.5
ロボットがぶん殴り合うのはいつ見ても爽快!相変わらず男子の夢を叶えてくれる映画やった。ただまあ、1のがおもろいかな。
KtkT

KtkTの感想・評価

3.3
欲しいものを欲しい通りに並べてくれた。いい意味での裏切りは一切ないけど童心をくすぶる。
これで良いんじゃないだろうか。
期待値割りと高めだったために、不完全燃焼気味である…。
とりあえず私個人の感想としては、時間が足りなかったのかなぁという印象。
ストーリーの点においては、前作に比べて、締め方が微妙。ネタバレになってしまうので詳しいことは言えないが、私が不完全燃焼の最大の原因はここである。またキャラクターの掘り下げが浅く、その人物が何をしたいのか、何を考えているのかが若干わかりにくい。そのため感情移入しにくくなっているように思う。
演出に関しては概ね良かったのではないかとは思う。前作では、暗い場面の戦闘が多かったために、カイジュウのスケールやイェーガーのデザインが見にくかった。その反省か今回は基本的に場面が明るくなっており、個性豊かな姿をしたイェーガーとカイジュウの戦闘シーンにも迫力があった。戦闘シーンについてはいくつか苦言を呈したいところもちょこちょこあるが、まぁネタバレになるので控えよう…。
続編ありきで作品を作るのは別に構わないとは思うが、どうしても微妙な終わり方になってしまうところだけは残念でならない(-_-)
※以下若干ネタバレ注意





















P.S. 普通はロシア娘とアマーラがドリフトするんじゃないの?ロシア娘なんで支援砲台でHGみたいにフォー!って言ってんだよ?ていうかなんで中国の社長が活躍すんだよ…別に見たくはないぞ。イェーガーもデザインは個性豊かだけど戦い方は全機体スタイリッシュ…ちょい残念。カイジュウも合体すんのは構わんけど倒し方に問題あるんやないか。残り2個の心臓の潰し方雑やろ。1つ潰せたんやったらもうちょっと頑張れよ…。
ジャパニーズアニメを実写にした感じ。

一作目のほうが感動しました。

ストーリーが薄いかなあ⬇️