パシフィック・リム アップライジングの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

パシフィック・リム アップライジング2018年製作の映画)

Pacific Rim: Uprising

上映日:2018年04月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.5

あらすじ

戦いは終わりではなく、始まりだった-。 前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。 よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?

「パシフィック・リム アップライジング」に投稿された感想・評価

maki

makiの感想・評価

2.9
飛行機で観ました。
1観てないのに2から見るという

1はもっと面白いのかなぁ
Ohu

Ohuの感想・評価

2.2
まぁ..概ね評判通りの出来でしたね..個人的にバイザー顔のロボが余り好みじゃないんであれですけどデザインが全然カッコ良くない。ICBM投げの様なシーンもあるし..途中から「戦闘メカ ザブングル」のハリウッド実写版かよって思った。チラっと出てくるユニコーンガンダムの方が断然カッコえぇし。キャストもシンデレラボーイのジョン・ボイエガが主役っていうのも解せんし、前作からの繋がりがマコ(笑)とオタク2人だけってのも弱い。イーストウッドの息子も親父の七光りか知らんけど、何の面白味もなかったし。他のガキんちょらの印象も薄く、鑑賞後五分で内容を忘れるニワトリムービー
ユータ

ユータの感想・評価

3.1
まあ続編ってこんなものだ。
東京から見える富士山が恐ろしく大きかった。これを観て観光に来た人はがっかりだろうな(笑)
196

196の感想・評価

3.1
前作が神すぎたので、前作越えは最初から期待してなかったけども。
一番残念なのは、重量感溢れていたイェーガーが、トランスフォーマーばりの軽さになっちゃったこと。軽いしレアリティも下がっちゃってとにかく残念。菊池凜子があっさり…なのも残念。出てくる怪獣が少ないのも残念。
ストーリーももう忘れちゃったよというレベル。
どうやら次回作もありそうな終わり方したので、また見てしまうとは思うけども…。
soyaryoko

soyaryokoの感想・評価

3.7
ユニバーサルとレジェンダリーのロゴがキラキラしてた。

明るくてペカペカしてるから重さがないとか、確かにな〜って感じだけど、見てる間は何も感じず楽しかった。
UNFAIR

UNFAIRの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

まさにSF怪獣映画の傑作!

前作とうって変わって明るい画が多い。
前作に比べ怪獣の種類が少ないように感じるが、最終決戦の迫力とボリュームは十分満足できる。

また怪獣のデザインもバラエティに富んでおり高評価。

でもまさか3体が合体してさらに巨大な怪獣になるとはw
日本の怪獣映画のお約束をしっかり踏襲していて最高の演出です!
ねこ

ねこの感想・評価

3.4
基礎点4からのトランスフォーマーに似て(+5)非なる(-3)6点。しんさん9点、たー兄5点、しいたん7点。特別参加I君/K君はともに前作を好きすぎて6点どまり。素直なちィちゃんは8点で、総合6.71点でした。
褒めるとこも貶すとこもあんましなくてツッコミどころは満載の映画。ストーリーも適当にひっちらかっていて多くの伏線らしきものも回収されずに終わる…いずれDVD借りて見るなら大画面で見た方が楽しいなって…ほら映画館なら最後までみるぢゃないw ユニコーンガンダム立像出てる。中華資本入りすぎ〜
ドンチャン騒ぎが見たくなったらコレ
2作目もハカセがいい味出してる
前作あるからおもろいけど、カイジューとイェーガーのかっこよさが半減してまった。