パシフィック・リム アップライジングの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

パシフィック・リム アップライジング2018年製作の映画)

Pacific Rim: Uprising

上映日:2018年04月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.5

あらすじ

戦いは終わりではなく、始まりだった-。 前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。 よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?

「パシフィック・リム アップライジング」に投稿された感想・評価

前作が面白かったため期待しすぎた。もっと熱いシーンが欲しかった。戦闘シーンは楽しかった。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

2.0
機内で鑑賞してすぐに投稿。あまりこういう方面が得意でない自分にも「お、これは」と思わせた前作をこれを観た上で改めて思い返すと、やはりギレルモ・デル・トロという人が凄かったんだなという結論に(笑)。中国の領土になったかのような日本の姿とかあの大事なキャラを無駄遣いしたりとか細かい違和感もたくさんあるが、一番気になるのは前作にあった「搭乗者のアクションや心理が戦いににじみ出る」という門外漢をも引き込んだ外連味がなくなり、ただの設定だけを引き継いだ肉弾戦になっているところ。主人公も成長したのかどうかよくわからなくて共感しづらいしな...
何故あれの続きがこんな凡作になったのか、、、
これも2作目の定めなのか?
前作の心くすぐるメカの器用な描写もドラマも何の奥行きもない単調な映画だった。
【人型操縦兵器 対 怪獣】のバトルをまた観たい!という人は、この作品を観ると、肩透かしを食らいます。はい。

この作品は、前作の【その後】を描いた作品であるので、イェーガー計画のその後、その技術が解放されてどうなるの?や、司令官の息子の話など、その後を追っていく話です。

怪獣バトルも、きちんと用意されているのですが、どちらかというとイェーガーの話に重点がおかれていて、そこが怪獣ファンにとっては、マイナスポイントになってたのかなと思います。

しかし、今作で繰り広げられる怪獣バトルは、前作よりもクオリティがアップしており、バトルをすると周りの都市空間が破壊されていく描写が前作よりもしっかり描かれていて、見応えたっぷりでした。

あと、まさかのあいつが悪役という意外性もあって、脚本はしっかりと練られている印象を受けました。

たしかに前作よりも、総合的な評価は劣りますが、このレベルの作品はふつうに存在するわけで、そんなに皆さん低評価つけなくてもという感じです。
面白かったが、前作の方がストーリーの重さがあって良かった。菊地凛子演じるキャラがあっけなく死んでしまい、残念。前作では必死に生き残ったのに。

思ったより、アメコミに寄せてきたかなって思った。
Jin

Jinの感想・評価

3.5
“自分が何者か決めるのは自分だ”


地球を襲う「カイジュウ」が発生する時空の割れ目を塞いでから10年、進化した戦闘ロボット「イェーガー」と新たな敵の闘いを描いた物語。


相変わらず少年心をくすぐる、日本リスペクトなお話。

巨大ロボットの戦闘シーンや基地の内部など、ワクワクが止まらない。

前回の話から上手く繋げたと思うし、「家族」の大切さを説く分かりやすく温かい展開は観ていて安心する。

ただ、前回苦戦していた相手に余裕すぎる気もする。
「イェーガーvsイェーガー」が今回の最大の盛り上がりだったと思うけど、結局最後はカイジュウとの戦いになってしまったのはちょっと残念。新キャラの敵を出しすぎたかな…

女の子の作ったイェーガーのスケール感が時々わからなくなる。
x

xの感想・評価

2.8
アクション好きだし、トランスフォーマーとかも好きだけど、これはあんまり好きじゃなかった。
遠藤勲

遠藤勲の感想・評価

4.0
かなりハマった
ちゃちいかと思ったけどいい意味で裏切られた
次回作楽しみ
うーーーん…
怪獣の登場少ないし、
各機体に思い入れ作るシーンも少ない。
プロレス感やピンチになったらライバル助けに来るとかのお約束もない……
ちょっとがっかり。