パシフィック・リム アップライジングの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

パシフィック・リム アップライジング2018年製作の映画)

Pacific Rim: Uprising

上映日:2018年04月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.5

あらすじ

戦いは終わりではなく、始まりだった-。 前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。 よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?

「パシフィック・リム アップライジング」に投稿された感想・評価

面白いんだけど、だけど、失敗しないように仕上げました感がある気がした。

実は、前作観たとき、さほど面白いと思わなかったんだけど、今作を観たら、前作の面白さが分かった。
はるか

はるかの感想・評価

2.3
前作が好きだったので
期待しすぎたのか、今回のはちょっと残念

なんというか、規模が小さくなったし
ドキドキわくわく感が減っちゃった
たかし

たかしの感想・評価

2.5
前作にあったロボットの重み・パンチの重みが無く戦闘シーンの迫力に欠ける。
お話・あらゆるガジェットを含めてデル・トロの隙のなさを逆説的に感じるような続編だった。
エンターテイメントとしては面白かったかと思うが、前作のような鬼気迫る感じに欠けていた気がするのは気のせいか?

そして何より製作会社が中国企業に買収されたからなのか、日本への悪意を若干感じた映画だった
何より、日本を舞台にしたあのチープさ…変なセット…中国と勘違いしてんじゃないの?と思った

作品の中身はというと、もっと重厚でダークな感じが欲しかったが全体的にアッサリとのっぺりした感じだった
前作を見た上で期待するとガッカリするかも…
Hirotoshi

Hirotoshiの感想・評価

3.8
パシフィック・リムは単純なストーリー、ロボットの動きも解りやすくて良いですね。
トランスフォーマーはもう何がどうなってるのか理解不能な状態なので、それに比べると断然GOOD!
また、前作の詳細ストーリーが思い出せなかったけど、かなり楽しく観れました。
怪獣もアップグレードしていて、エンターテイメントの鑑のような映画でした。
3もあるような含みを持たすのが、ちょっとイヤラシかったかな。
FatTahichi

FatTahichiの感想・評価

2.8
大団円を迎えた前作からの繋げ方は自然で見てて納得できた。ただ、新人パイロットとか出すんだったら現状のイェーガーに乗ってる正パイロットとかもちゃんと出して欲しかった。敵から責められてただただイェーガーがやられるだけの描写見せられても困る。パイロットスーツとかも安っぽくなっちゃったしなんだかなー
もっと強いイェーガー作ってくれや。
敵の方が全体的に強いやないかい。

なんか中国のボスみたいな女の人美人過ぎてすこでした。
続編としては結構良かったんじゃないでしょうか。
鳥肌シーンは1の方が多いけど、クオリティを落とさずよく頑張ったと思う。
一番ビビったのは、黒幕お前かい!というシーン(笑
ラストバトルの場所を日本にしてくれたのは有り難かったが、景観が完全に中国で笑う。富士山も相当火山で笑う。バンブルビー的なやつは出始めから活躍する匂いがプンプンしてたから、やっぱそうだろなーという感じ。
まだ続編作る気満々だな!
ジョー

ジョーの感想・評価

3.5
ロポットvsロポットは熱い。話がおかしくなって、国別の機体とかの設定が良かったのに…なんか、1より普通の映画になっちゃった。
あすみ

あすみの感想・評価

2.8
アップライジングだけど~!
パシフィック・リムじゃなかった~!!
(トトロの節で)
という感じ‥‥。

まず前作の良かったところが、デルトロの夢が詰まったカイジュウと、エヴァさながらの2人で動かす巨大ロボ、それから人物のみならずそれぞれのイェガーがキャラ立ちしてるとこだったと思う。

今作はカイジュウもイェガーもパンチが弱い!!
イェガーを巨大ロボとしてフィーチャーした結果、逆に個性がなくなってすごくつまらなくなった。
カイジュウもなんだかわからん‥‥。

前作から5年も経ってるのにツナギが不親切だし、人物もキャラ立ちがイマイチ。