パシフィック・リム アップライジングの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

パシフィック・リム アップライジング2018年製作の映画)

Pacific Rim: Uprising

上映日:2018年04月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

あらすじ

戦いは終わりではなく、始まりだった-。 前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。 よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?

「パシフィック・リム アップライジング」に投稿された感想・評価

kwsmhkt

kwsmhktの感想・評価

-
マッケンユー出ただけじゃん!
スコット超ステキ!親父に似てきた!
ジン・ティエンはなんかいつものって感じだ。

これはこれで、ティーンムービーというか、向こうのこの手のアクションものとしては超王道、カタルシスとハッピーエンドで面白いんですけど、いいんですけど、うん、「円谷」が足りなかった。「円谷」が。
前作がよかったので期待してましたが、引き続きかっこよかったてす!
りくと

りくとの感想・評価

3.0
戦闘シーンとお馴染みのBGMでテンションだだ上げだったかっこよかった!!!!
今回はヒューマンドラマ色?が強かったかな?
前作と切り離して今回は怪獣よりも人間!って切り替えれば普通に楽しかった。
でも魅力的な子たちたくさんいたからもっと詳しく知りたかったなー。
シャオちゃん美しくて可愛かったお人形さんみたい
3rsan

3rsanの感想・評価

3.4
全体的に派手なアクションが多く最初から最後まで楽しく観れました。
ただもう少し各イェーガーの個性があれば最高です。
クー

クーの感想・評価

3.0
・中国資本映画。今作はもしかしたらラスボスが中国人と中国企業かと思っていたが
いつものようにキレイな中国人が大活躍しちゃう展開。
・マッケンユーは空気
・凛子ちゃんもすぐ退場。
・富士山にレアメタル!
・お台場ガンダムから富士山が臨めるなんて!
・東京描写があまりに雑談だから、クライマックスにまったくのれなかった。
・これ、続きやるの?インデペンデンスデイみたいだね。
熱い!カッコいい!
難しいことは何も考えずに見れるのが良い(笑)

例のBGMもやっぱり熱い!
男の子だから機体がカッコ良いだけでいいんです!笑

ストーリー的には前回の方がうまくできてたかなと思います。
ただ、自作も匂わせていたし、繋ぎとしてはこんなものかなと。
敵の出てくる経緯とか、ああそういうことねとか、悪くはなかったけど、続編て難しいね。広げた分、薄くなった感じ。
最後にアイツが出てきたのは、予想できてても胸熱。

このレビューはネタバレを含みます

スコット・ライジング

皮肉めいた台詞廻し、気だるそうな顔、驚異のスニーキング能力、そして主役を無視したとどめのパンチ・・・ヤツはまぎれもなくイーストウッド!

映画の内容は方向性が変わってるようで変わってない二期ロボアニメのパロディ。
あ、三期かも?ダブル○ータ的なヤツ?
ヨツベ

ヨツベの感想・評価

3.5
小さなお手製イェーガースクラッパーやイェーガー同士の巨大鋼鉄ロボパンクラチオンなど前作には無かった要素では素直に燃える部分があった。
各イェーガーの個性(特にシルエットとしての差異)がほとんどないのがもったいないなあという感想。
前作で綺麗に閉じたストーリーをこじ開けて次にまでつなげる力技には成る程となったがおもしろいかどうかはなんとも言えない感じではあった。
イェーガーのシーンは楽しい。
もっとイェーガーを見たい。
NF

NFの感想・評価

4.0
ド派手なロボットアクションがあればそれで満足
ジンティエンは要らない