パシフィック・リム アップライジングの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

パシフィック・リム アップライジング2018年製作の映画)

Pacific Rim: Uprising

上映日:2018年04月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

あらすじ

戦いは終わりではなく、始まりだった-。 前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。 よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?

「パシフィック・リム アップライジング」に投稿された感想・評価

to12

to12の感想・評価

3.8
制作会社は怪獣映画好きのレジェンダリーピクチャーズでハリウッド版ゴジラとキングコング髑髏島の巨神(ゴジラ・モンスターユニバース)、ハリウッド版ポケモン製作中
設定が無理に思うがゴジラとリンクすると話題に?
アニメ版ゴジラと実際にコラボは実現された。
怪獣バトルは熱く成りました。
やはり、親会社が中国資本の影響がある。東京がここTOKYO ?
ゴジラ2 とポケモンが不安である。
ロマンが足りない。
各イエーガーの見せ場がもうちょっと欲しかった
Soichfork

Soichforkの感想・評価

3.2
前作の方が断然好き。

なんとなくトランスフォーマー感が強くなってたのが少し残念だったけど、これはこれで映画館で観て良かった。後半の迫力。やはりKAIJUってワクワクするね。あと主人公の女の子が多部未華子みたいで可愛かった。
前作に続きド派手なアクションと映像。やっぱりめちゃくちゃ面白い。前作を見ないと若干内容がわからないかなと言う感じではあったが、フォローも入っていたので初見の方でも楽しめると思う。個人的な感想をいうと、景甜が可愛かった。またよく組み立てられたストーリーで最後までハラハラする展開を楽しめる映画。やっぱり洋画はいいなと改めて感じた。
Reina

Reinaの感想・評価

4.0
爽快で刺激的なアクションが素晴らしい作品。垣間見える人間ドラマも良し。怪獣めちゃくちゃかっこよかった。
chiharum

chiharumの感想・評価

2.4
雑〜www

友人達からの前情報があったので、メチャクチャ期待せず気合も入れずに見てきましたw

前評判通りの雑さwww

でも、VFXはピカイチ。巨大ロボ戦にありがちなゴテゴテ感がなく、それでいて迫力のある戦闘シーンだったと思う。

しかし、雑www

設定も底が浅くて雑だし、都市の作りもビルの壊れ方も、とにかく雑。音楽も最近流行りの音源を厚くしただけのチンケなミックス。

それでも、トランスフォーマー やアベンジャーズよりもスマートで迫力のある戦闘シーンは良かった!

あとは、せっかくなんだから無双的な戦闘シーンも欲しかったかなと。

まぁ、、、それだけ雑でも面白かったかなwww
思っていたのとだいぶ違う続編だったけど、かっこいいから許す。
MAX048

MAX048の感想・評価

3.6
ついに来ました続編です。終わったと思われたKAIJUによる攻撃が10年経ってまたも始まっちゃいます。しかも、そこには規則性やら意志の力やら。異次元らの侵略というわけですなぁ。前作の登場人物も引き続き登場なのはうれしいところですが、主役で地球を救ったヒーローの一人であるベケットはどこ行っちゃったのかって気もします。マコはもちろん重要な役で登場しますし、主人公のジェイクはペンとコストの息子です。そして何よりも、ニュートとゴットリーブ!この二人が前作以上に重要な役どころで出てくるのはうれしい限り。
けどね、そんなこたぁ、どうでもいんだよ!!ってな勢いでぐいぐいと気持ちいいビジュアルを繰り出してくるのが、この映画のいいところでしょ。悪役イェーガーが登場したり、量産型無人イェーガーの暴走とか、そしてそして強化相手身はやはり飛行用ロケットブースター!日本のロボットアニメへの愛を感じますなぁ。決戦の地は日本で、しかも富士山だし!ガンダムも意外な形で登場するし。
この最後の日本での戦いはもう息を無つかせぬ怒涛の展開で、ホントにたまらんですね。こうなるよなって方に、いい意味で期待を裏切らない展開に痺れましたよ。
ホントに楽しい、ロボット映画。子供のころの夢をそのまま映画にしたような作品です。
周りの方が言う番人ウケする要素は増えた感ある。
だが続き物の作品として運び方はけっこう良いと思うんです!
キャラクター愛が強かったのが1リム。
カッコいいロボ表現に力を入れたのが2リム...って感じかなあ。
結湖

結湖の感想・評価

2.7
すみません、先に言っておきますが、酷評です。
でも、本当に前作が大好きなんです。
あー、前作が大好きだったんだなぁ、って広い心で読んでいただけると幸いです。

もうね、これとアベンジャーズのために6000マイルを間に合うように貯めたんだけど、そんな頑張ることなかったなぁって出来でした。
公開前にムビチケ1枚で足りるかなぁ、もしかして4DXかIMAX3D遠征しなくちゃ!?なんて思ってたけど、足りました。(まだ、手元に残ってるけどね)というか、買ったの1枚で良かったって思いましたよ。正直。
いやね、監督が代わってるし、レジェンダリーは中国資本になっちゃったし、まぁ、ハードルは下げてたつもりだったんだけど、それにしてもマジかよ……。
前回ほどココロオドルシーンがなく、途中で、こりゃぁヤバいな、このままなーんにもココロオドルことなく終わってしまいそうだなぁ……。あ、終わってしまったよ、マジかよ……。大事な作品だったのに、下手に続編とか作るからこんなことに……。
見終わってから、友人たちとパシリム反省会ですよ。
さーて、何から言いましょうか。
まず、私が一番最初に思ったのは、前編に渡って緩急がなく、間が悪いので、テンポはいいけど、見せ場に欠くんですよね。
例えば、前作にあったジプシーがタンカーを引きずるような、タメのシーンがないんですよ。タメて、タメて、ドーーン!!みたいなの。
ここカッコいいからスローにしてみたよ。って!そうじゃねぇんだよ!
あと、怪獣の見分けがつかないくらい、怪獣に魅力がない。なんだか、全体的に軽くて(軽いのはイェーガーも)そこまで絶望的に感じない。致命的。
例えば、前作にあった怪獣オオタチが翼を広げたよう時のような、こんなの絶対に勝ってっこないよって思わせた、あの絶望感。
だからこそ、ソードが出た瞬間、ガッツポーズなんじゃないかぁ!!!
あと、なんで昼なのよ!あの夜の怖さ!夜に現れる怪獣の恐ろしさ!まがまがしくて、蛍光色の血が不気味で怖い!きれいに見えるから良いってもんじゃないんだよ!見えないからこそ、怖いんだよ!!!
あと、前作のテーマ曲入れときゃアガるんでしょって感じで入れられてたテーマ曲の使い方。ちっげーんだよ!!!そんなとこで使うんじゃねーよ!!!!あと、今回の音楽は何にも覚えとらんわ!!!
はぁぁ、言い出したらキリがないんだよなぁ、前作が大好きすぎて。
そもそもローリー(チャーリー・ハナム、今作にはいない)はどうなったんだよ……。(なんかあったらしいけど、それは映画で語れよ……何のための続編なんだよ……)
あと、(まだあるんかい)とってつけたように日本に向かうなよ……、前回そんなこと言ってなかったじゃんよ。
そんでもって、ハーマン(バーン・ゴーマン)はそんなキャラじゃねぇよ、その役目はむしろ、マコ(菊地凛子)だろうよ。ペントコスト(イドリス・エルバ、今作にはいない)の遺志を継いだ、マコがやらなくて誰がやるんだよ……。
そうなんだよね、全体的に取って付けた感が払しょくできなかったんだよね。わかってたよ、わかってたんだよ、ペントコストの実子が出てくるって聞いたときによ……。
あと、今回は刺さるセリフもないしさぁ、ドリフトは誰とでもできそうな感じになってるしさぁ。
前回のように各国の特色があるイェーガー乗りもいないし、イェーガー自体も特色が見えなかった。(セイバー・アテナの最速ってどの辺だよ……)
って、すみません。なんだか、エラそうに。だんだん憤ってしまって。
それだけ、前作が最高すぎるんだよなぁ。
もったいないなぁ。
前作観てなくて、ここから入ったなら十分楽しめる作品だとも思うんだけど、4DXで観たら評価変わるかなぁ。うーん。

2018/04/13:TOHOシネマズ新居浜(字幕)