パシフィック・リム アップライジングの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

パシフィック・リム アップライジング2018年製作の映画)

Pacific Rim: Uprising

上映日:2018年04月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「パシフィック・リム アップライジング」に投稿された感想・評価

mayama

mayamaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

うわあ、ちうごくがよっぽどたくさんお金をだしてくれてるんだね❗
・・・というのがあからさま過ぎて笑えるくらいな。
そして前作はギレルモ監督の趣味全開な巨大ロボット大戦のオマージュとリスペクトと拘りが素晴らしかったんだけど、こちらはなんかそこはかとなくエヴァみ強くね?な演出に。キャラの葛藤も描きかたも浅くて薄ぺらいので関係性の面白さもてんで感じられず。
なんとなーく大人の事情や思惑が透けて見えちゃうのは脚本がつまらなくて余計なところに目がいっちゃうからかも。
その辺の思惑が強すぎて好きなもの作るの邪魔されたからギレルモ監督降りちゃって、もう誰にも内容に口出しさせないよう自腹でシェイプオブウォーター撮ることにしたのかもね~。ってとこまで考えちゃったよね。
キャラクター含めて前作の素敵なところをだいたい削ぎ落とされるという何かつらくて残念なものをみせられてしまいました。
あっけなく終わったなと……

展開的にエンジンかかるのが遅かったかな?
本格的な戦闘が始まった頃にはあれ?もう終わり?と…

続編はダレるっていうのを改めて感じた。。

イェーガーと怪獣の合体や、怪獣同士が合体するなど胸熱でしたけどね!!!
hanz1013

hanz1013の感想・評価

4.0
スカッとする。頭空っぽで見れるのでこの手の映画大好きだし、ちゃんと期待通りにカッコよかった。
マキリ

マキリの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

どこかで、製作都合で巨大市場の中国に媚び云々というレビューを見て、どういうことかと思ったら。なるほど。確かにそう映るかもしれない……。

海外映画での、日本の日本らしからぬ描かれ方は通常運転だった。でも、欲を言えば、東京タワーとかスカツリーとかも映して欲しかったなぁ(笑
走ってるおじさんとか看板とか、ちょこちょこ中国だったのが悲しい。

あと、人物の成長設定の既視感、そしてややツッコミどころ溢れるラストの展開は少し残念だった。

と、言いつつ、ロボと怪獣の造形やアクションには、今回もワクワクさせられた。
今作では、第6世代までイェーガーが進化。
内部のインターフェースも一新され、動きもより軽快になり、アクションシーンでのロボの動きはもちろん、内部に搭乗してるパイロットも躍動感溢れる戦いっぷりを見せてる。たぎる!

今作の個人的お気に入りは、セイバー・アテナ!
刀型の武器とエヴァ的なボディのスタイリッシュさが一番格好良かった。あと、着地姿キメすぎてて格好いい(笑)
もちろん、新世代機ジプシーの骨太感もたまらない。
怪獣も、メガ怪獣の造形がめちゃくちゃ格好いい。日本の戦隊ものの敵は最後に必ず巨大化するもんね!
怪獣と無人イェーガーのハイブリット型も新しいビジュアルで、めちゃくちゃツボ。

ストーリーや設定の重みは前回ほど感じられなかったけれど、ロボットエンタメ作品としては十分楽しめた。
次回作もあるのならぜひ観たい。
できればまた、ギレルモ監督に撮ってもらいたいなぁ。
FukiIkeda

FukiIkedaの感想・評価

3.0
デルトロの時とは違って、お子様向けになっとる…
ペラッペラです。。。
べん

べんの感想・評価

3.6
面白かったが、王道すぎって感じかな、、、
前作の方が、波乱万丈感があった気がする。

とりあえず、ジン ティエンはマークしとこう、、、
二兵

二兵の感想・評価

3.7
面白い。面白いが、何か物足りない。ジョス・ウェドン版『ジャスティス・リーグ』を観たときと同じ感情を抱いた作品だ。あっさりしすぎている。コクと脂とロン・パールマンが足りない。

前作は終始暗く、割とシリアス。夜のシーン多めかつどんよりとして、KAIJYUに対する絶望感漂う世界観であったが、今作は寧ろ逆。明るく、からっとしていてギャグシーン多め。ほぼ昼間の場面が多く、KAIJYUの恐ろしさは前作ほど感じられない。また、ドリフトの困難さも同様。みんな、簡単にシンクロできすぎじゃない?10年経って技術が進歩したというのもあるのだろうが、葛藤が無くなり、何だかモヤっとさせられた気分。

前作のイェーガーは、細部の描写に対するデルトロの特撮ヲタクとしての拘りっぷりが凄まじい事になっていたが、今作のそれは、正統派ロボットアニメという感じ。『トランスフォーマー』的。スタイリッシュにはなったが、ガキョーンガキョーンとかグワッシャーンとかドワォという音が聴こえてきそうな重厚感や無骨さが消え、個性が無くなり、均一化されてしまった感じだ。パイロットの顔と名前も覚えられないし…。

日本が舞台になったのは嬉しいが、寧ろ中華資本主導な感じ。とはいえあの女社長さんは美人だったし、良いでしょう(おい)。最後、スクラッパーに乗って助けに来るのは唐突に感じたが…あとユニコーンどこに出てました?

あの人が死んでしまったり、黒幕があの人だったりとビックリさせられる展開が多い。

ある理由で暫く前線を退いていて自堕落な生活を送っていた主人公が、もう若くないとの自覚を持ちつつ、再び戦場へ向かうというドラマ自体は好き。ボイエガ寧ろ見た目若いけどね。メカオタクな少女のキャラもスパロボっぽくてリスペクトが感じられた。

3作目に期待!デルトロ、カンバーック!!
瑞稀

瑞稀の感想・評価

3.8
一作目よりもそれぞれのキャラやイェーガーの個性が際立っていた印象
世界を救うために戦った結果世界を滅ぼす手助けをすることになるなんて皮肉すぎる
スクラッパーの登場シーンがマジでカッコよくて好き
dpunch

dpunchの感想・評価

3.5
怪獣との戦いから10年後を描いた今作ではほぼほぼキャスト陣が一新(菊地凛子演じる森マコと2人の博士たちは前作に続き登場)され、イェーガーの活躍シーンもタップリといった印象で結構よかったです!

ただ、せっかくの日本人キャストの菊地凛子が途中とある理由で離脱(?)したのと新田真剣佑の出番がイマイチ目立ってない感じだったのがちょっと残念でした。

とは言え、主役のジェイク(ジョン・ボイエガ)と新ヒロインのアマーラ(ケイリー・スピーニー)の絆が深まっていくところと、ネイト(スコット・イーストウッド)の絶妙なサポートがいいドラマになってたと思います。

そしてメインはやっぱりイェーガーVSイェーガー、そして巨大怪獣VSイェーガーの大迫力の戦闘シーンにつきますね!
前作が面白すぎたり、オタク臭が薄まったりで叩く人もいるけど、俺的には十分面白かった。相変わらずの強引なストーリーだったけど、男子胸熱のイエーガーと怪獣の戦いは迫力満点で良い。さぁ、次は決戦だ!