スタジオにしかわ

マイ・インターンのスタジオにしかわのレビュー・感想・評価

マイ・インターン(2015年製作の映画)
4.1
ギリギリ駆け込み滑り込み鑑賞。

序盤から終盤まで高いクオリティーを維持。特に大きく退屈を感じさせる部分はなかった。脚本の良さが際立った作品。

鑑賞前は、ジェンダーを大きく取り上げ、仕事は疲れるわ、やってやったわ、私。一仕事終えた私にご褒美よ、乾杯。の一辺倒いいオンナでしょ?推しの映画かと思ったが(そういう部分は少しはあるが…)、色んな壁にぶつかり、ベンの助言を受け、乗り越えていくというストーリーなのが良かった。いい歳の重ね方をしてきた人ほど楽しめる作品。

日本の22時台にやってるようなドラマの、こんな私ステキでしょ?男に振り回されるなんてバカらしくない?さぁ、変わりましょうよ、世の中の女性達よ!みたいな寒い内容じゃなくて本当に良かった、比べものにならない。

ベンの余裕が羨ましいが、それが出来るのは色んな経験を経た彼だからこそ。20代の若者では同じことは出来ないし、だからといってただただ歳をとった70代が出来るというものではない。こんなジジイになりたいものである。

ハンカチを持つのは女の涙を拭くためみたいな言葉は名言。その後、紳士服売り場に向かい、ハンカチを物色したのは言うまでもない←