クマヒロ

マイ・インターンのクマヒロのレビュー・感想・評価

マイ・インターン(2015年製作の映画)
4.0
『正しいことをする』

大手ファッションサイト企業のCEO・30歳のジュールズ(アン・ハサウェイ)の会社にインターン・70歳のベン(ロバート・デ・ニーロ)が入ってくる。
ベンを受け入れられなかったジュールズだが真摯な態度に次第に心を許し始める。

いつの時代も変わらない、大切なことを教えてくれる本作『マイ・インターン』

女性CEO、インターネットビジネス、専業主夫。新たな働き方の象徴ともいえる、本作における大手ファッション・サイト企業。
ベンはまさに、この企業にとって異端な存在である。
しかし、この動きによってさらに踏み込んだ新たな働き方の提案とともに、仕事にとって結局1番大切なものは何かを教えてくれる。

「正しいことをする」
ベンが言うこの言葉には小さいことでも一つ一つ正しい行動を心がけることの大切さが込められている。簡単なことのようで実に難しいこと。

デ・ニーロが正しいことを心がけた結果の70年を見事に好演。
ベンの行動
・机を綺麗にする。
・新しいことに挑戦する。
・身だしなみを整える。等
は全てが生きていく為の必須項目である。後に社員の服装や行動がベンの影響を受け、変わっていく。正しい行動の大切さはいつの時代も変わらないのだ。

始めと終わりのカットの太極拳。
ベンが若い世代の理解を深めようとしたように、あの頭のかたかったジュールズもベンの世代の理解を深めようとする。
この粋なラストも素晴らしい。

ただ、『オーシャンズシリーズ』のパロディシーンには疑問、「正しいことをする」とは。ここまで完璧すぎる見本のおじいちゃんで通っているのに、家宅侵入してまで突然CEOのプライベートのワガママを聞く。そして何の反省もなく祝杯をあげる。蛇足に感じる。