マイ・インターン(2015年製作の映画)

The Intern

上映日:2015年10月10日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:121分
    監督
    ナンシー・マイヤーズ
    脚本
    ナンシー・マイヤーズ
    キャスト
    アン・ハサウェイ
    ロバート・デ・ニーロ
    レネ・ルッソ
    リンダ・ラヴィン
    ザック・パールマン
    アダム・ディバイン
    ナット・ウルフ
    ジョジョ・クシュナー
    あらすじ
    ジュールス(アン・ハサウェイ)は、家庭を持ちながら何百人もの社員を束ね、ファッションサイトを運営する会社のCEO。女性なら誰しもが憧れる華やかな世界に身を置く彼女。 仕事と家庭を両立させ、まさに女性の理想像を絵に描いたような人生を送っているかに見えたが...彼女には人生最大の試練が待っていた。そんな悩める彼女のアシスタントにやってきたのは、会社の福祉事業として雇用することになった40歳年上の“シニア”インターンのベン。 人生経験豊富なベンは、彼女に“最高の助言”をアドバイスする。次第に心を通わせていく2人だが、彼の言葉に救われたジュールスには予期せぬ人生の変化が訪れるのだった。

    「マイ・インターン」に投稿された感想・レビュー

    SHOWWW
    SHOWWWの感想・レビュー
    2016/09/05
    4.3
    良い映画だった〜。主演の2人がカッコいい。
    こんな大人になりたい。
    Ryosuke
    Ryosukeの感想・レビュー
    48分
    4.3
    現代の強い勢いや流行の中で、古臭いと思われてしまうような魅力に目を向けさせる映画
    「時代遅れ」ではなく「こだわり」や「自分には必要なもの」という考え方は大事だなぁと感じた

    ベン(ロバートデニーロ)は70歳でインターンに応募、最初はパソコンのつけ方すら分からず時代遅れとかとろいとか思われるけれど「正しい時に正しい事ができる」経験豊富な大人。
    女性が泣いている時に渡すためのハンカチを持ち歩き、きちんとした身なりをしている今の若者には無いような紳士としての魅力がある
    顔で語るようなシーンが多く印象的かつ、その表情は自分もどこかで何度も見た気がする懐かしさも含んだものだった。それがおじさん臭いのだけれどやっぱり魅力になってしまうほどベンの人柄は優れている。
    ジュールス(アンハサウェイ)は仕事をバリバリこなす一方でプライベートは普通の面を持っているというのが見ていて快いポイントになっていた気がする。
    全体として気張って見なければいけないようなものではなく、けれどテンポ感が良くて引き込まれた。最後は気持ちよく終われる映画だった
    自律神経イッテルガール
    自律神経イッテルガールの感想・レビュー
    1時間
    -
    前向きにな気持ちになれる。
    Mahaaaaaaan
    Mahaaaaaaanの感想・レビュー
    1時間
    2.0
    シニアインターンの話だったとは。アンハサウェイのキャラが「いけいけの厳しい起業家」から最後には普通の悩める女子になってたのがちょっと残念。プラダ悪魔の逆がやりたかっただけ感ひしひしと。
    SAKI
    SAKIの感想・レビュー
    2時間
    4.0

    今年のお正月に見ていた。
    今年も頑張るぞーっていう時には、見るに相応しい映画だったと思う。
    綺麗な終わり方。素敵でした。

    服がおしゃれ。
    北
    の感想・レビュー
    4時間
    4.6

    このレビューはネタバレを含みます

    シンプルでとても観やすい映画だった。
    こちらが恥ずかしくなって、観ていられなくなる様なシーンがないところも個人的に気に入っています
    atena
    atenaの感想・レビュー
    5時間
    4.0
    ロバートデニーロかっこいい!いつ女性が泣いてもいいように、ハンカチをいつでも持ってる男性素敵だなと思った。
    risa
    risaの感想・レビュー
    5時間
    3.5
    ストーリーに目新しさは感じられないが、ジュールズがベッドの上で感情を吐露するとこはよかった。あれもこれもでしんどいよね。
    もゆ
    もゆの感想・レビュー
    8時間
    5.0
    めずらしく完璧な映画だった。無駄がない。
    >|