マイ・インターンの作品情報・感想・評価

マイ・インターン2015年製作の映画)

The Intern

上映日:2015年10月10日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

4.1

あらすじ

ジュールス(アン・ハサウェイ)は、家庭を持ちながら何百人もの社員を束ね、ファッションサイトを運営する会社のCEO。女性なら誰しもが憧れる華やかな世界に身を置く彼女。 仕事と家庭を両立させ、まさに女性の理想像を絵に描いたような人生を送っているかに見えたが...彼女には人生最大の試練が待っていた。そんな悩める彼女のアシスタントにやってきたのは、会社の福祉事業として雇用することになった40歳年上の“…

ジュールス(アン・ハサウェイ)は、家庭を持ちながら何百人もの社員を束ね、ファッションサイトを運営する会社のCEO。女性なら誰しもが憧れる華やかな世界に身を置く彼女。 仕事と家庭を両立させ、まさに女性の理想像を絵に描いたような人生を送っているかに見えたが...彼女には人生最大の試練が待っていた。そんな悩める彼女のアシスタントにやってきたのは、会社の福祉事業として雇用することになった40歳年上の“シニア”インターンのベン。 人生経験豊富なベンは、彼女に“最高の助言”をアドバイスする。次第に心を通わせていく2人だが、彼の言葉に救われたジュールスには予期せぬ人生の変化が訪れるのだった。

「マイ・インターン」に投稿された感想・評価

SHOWWW

SHOWWWの感想・評価

4.3
良い映画だった〜。主演の2人がカッコいい。
こんな大人になりたい。
yossy

yossyの感想・評価

3.7
どんな時でもハンカチは絶対に持ち歩くのが俺のポリシーなんですが

うん、なるほど、そういう使い方ね、はいはい、分かります、そうですよね、それが紳士ってもんです…

なので、これからは
手を拭く用と、女性の涙用
2つ用意したいと思いました👍

一緒に観ていた嫁が
「こんな紳士なおじさんいいね!」
「このおじさん、いい表情するね」
「このおじさんみたいな人、あんまり居ないよね」
「このおじさん演技が最高だね」

……………

俺の自前のバットでカポネっちまうぞコラ!嫁!!w
なんていう1幕もありつつ

そう、なんといってもこの映画
ロバート・デ・ニーロの至極の演技に酔いしれる事うけあい♪
やっぱり素晴らしい役者です👍

もっとこう
お年寄りならでわの能力を発揮するシーンだとか
40年務めた会社の経験を活かしまくったシーンだとか
そういうのを期待していたんだけど、なんかすげぇ元気な70歳だったので、普通に能力の高い人間の
リア充老後を見ている感じはしました💡

アン・ハサウェイもとっても綺麗で
言ってるほどキツくないし
やっぱ能力高くて真摯な姿勢で
少し不器用だな、くらいの印象で

なんだろう、物凄く充実した主人公2人の人生に訪れた少しの波乱
くらいの感じの、ライトな感覚で楽しめた映画でした👍

個人的に感じたのは
アン・ハサウェイが
ロバート・デ・ニーロに演技でもっともっと噛み付いて
こっちをビリビリ震えさせてくれるようなシーンがあっても良かったんじゃないかなぁ、ってとこっすね♪
面白い、面白いけど
アンハサウェイの立場は辛いだろうと思った

それにしてもおじさんいい男だ
ぐ

ぐの感想・評価

3.8
いい映画ですね。ほっこり、ストーリーも分かりやすくて観やすい。

ロバートデニーロ演じるベン、あれこそジェントルマンってやつ。
Harry

Harryの感想・評価

4.0
ロバートデニーロがかっこよすぎる。あんなオヤジになりたい。
osugi

osugiの感想・評価

4.5
カッコいい歳の取り方をしてる男だなぁ。ヒヤヒヤ感が全くない。こんな人に私もなりたい。
wawvv808

wawvv808の感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ベン・ウィテカーは70歳になる初老の男性です。アメリカ、ニューヨーク州ニューヨーク市のブルックリン街に住んでいます。
印刷会社の仕事を40年勤務し定年退職したベンには、サンディエゴに息子1人と孫が2人いますが、妻・モリーに先立たれて3年半が経過し、時間を持て余していました。
隠居生活もだいぶ経過し、ゴルフやヨガ、料理教室、太極拳、貯まったマイレージで海外旅行もしてみたりなぞしますが、帰ってくると空しい気分が残ります。この頃、同年代の友人の葬儀に呼ばれることが、想像以上に多くなりました。やっぱり働きたい…もう一花咲かせたい…そう思ったベンは、65歳以上の見習い社員(インターン)募集に応募しようと考えます。その情報を読みあげてくれたのはご近所の未亡人・パティで、露骨にベンにアタックしていますが、ベンの方はその気がありません。そのインターン募集の会社は「アバウト・ザ・フィット」という、インターネット上で洋服を売る会社でした。ネット関連ということもあってか、応募は履歴書を送付するのではなく「PRビデオをYou Tubeにアップロードしろ」というものでした。やっぱり働きたい…そう思ったベンはアップロードの方法も教わって、ネクタイを締めてスーツ姿で撮影に臨みます。「最近ブルックリンはおしゃれな街に変わった。私も変わりたい」とPRして応募しました。さてその若者向けのファッション通販サイトの会社「アバウト・ザ・フィット」ですが、1年半前に会社を立ち上げて、あっという間に従業員220名の大企業に成長させた社長は、若い既婚女性ジュールズ・オースティンです。面接に赴いたベンは、ジュールズが時間の節約とエクササイズを兼ねて、会社内を自転車で移動するのを見ました。5人の面接官は、当然のことながらベンよりもはるかに若い人たちです。学歴や職歴を聞かれたベンは、ノースウェスタン1965年卒であることや、デックス社の元部長で、印刷の仕事を40年続けていたことなどを話しました。「10年後の夢は?」と面接官は決めごとのような質問をしますが、ベンは「80歳の?」と聞き返し、面接官は質問を撤回します。ベンは採用されました。
ジュールズのよきアドバイザーである優秀な男性・キャメロンは、ベンをジュールズ直属のインターンにしようと考えます。多忙なジュールズは面接を理解しておらず、雇ったシニア・インターンを「大学の4年生(シニア)」と勘違いするありさまです。会社が高齢者を雇うことで社会貢献の一種になること、会社のイメージアップの効果が絶大であることを、キャメロンは説きました。ベンの初出勤の日が来ました。同期に雇われたのはベンを含め4人です。うち1人は若者でした。4人は早速インスタグラム(画像共有アプリ)にアップされ、自分のデスクに案内されました。隣の席は、同期のぽっちゃりした若者男性・デイビスです。デイビスが早速私物を机に並べるのを見たベンは、自分も私物をきちっと並べます。どれも年代物です。仕事内容や指示はメールでやりとりする会社で、デイビスは何でも屋の仕事を、ベンはジュールズ直属のインターンを言い渡されました。デイビスとは初日から意気投合します。ジュールズは分刻みでスケジュールが決まっているので、仕事初日の挨拶と顔合わせは午後3時55分から5分だけと告げられました。出社して机に向かってただいま午前10時…午後3時55分まで、ベンにはすることがありません。ベンはジュールズの情報を得ようと、24歳のポニーテールの女性・ベッキーに話を聞きます。ベッキーはジュールズの秘書ですが、仕事が遅いと思われていました。ベッキーはベンに「まばたきをするように」「まばたきをしない人は不気味だって(言ってた)」と言われます。いよいよジュールズに挨拶に行きますが、ジュールズの方は自分よりもかなり年配のベンの扱いに、正直なところ困っていました。「任せる仕事がないの」と言って、マーケティングが向いているかも、と暗に異動を勧めますが、ベンは断ります。

「用がある時にメールする」とジュールズは告げ、ベンはまばたきをして去りました。翌日、ベンはすることがありません。はっきり言って、仕事を干されている状態です。定時に帰るデイビスを見送ると、それでもベンは社長のジュールズがいる間はスタンバイしていました。さらに翌日、ベンは自分で仕事を見つけようと考えます。各部署への荷物を届ける女性を助けました。デイビスの仕事へ助言もします。見渡してみると、あちこちの部署で人手が足りていません。短期間で急成長した会社なので、まだまだきめ細かなフォローができない状態でした。ベンはたとえば秘書・ベッキーと喧嘩してしまった職場恋愛の男性・ジェイソンに「メールじゃなく、ちゃんと顔を見て謝罪しろ」と指示します。こうして徐々にベンは、年の離れた職場の人たちに快く迎え入れられ、あっという間に馴染みます。秘書・ベッキーから記念すべき最初の仕事が回ってきました。それは、ジュールズが油で汚したサン・ローランのジャケットの、染みを取ってくれというものでした。その頃キャメロンはジュールズに、CEO(最高経営責任者)が必要だと説いていました。急成長した会社の機能が追いついていないことや、経験豊富な人材を雇えば、もっと成功への道が開けるのではないかと言います。ジュールズは不満でした。自分が一から作り上げた会社をまるごと他人に渡すようで、不愉快なのです。しかしキャメロンの言うことも一理ありました。
翌朝出社したジュールズは、物置の山がなくなっていることに気づきます。誰もが多忙で片付けなかったそれは、朝7時に出社してベンが片付けたのでした。ジュールズは感激します。少し年配のマッサージ師の女性・フィオナが、ベンにアタックを開始しました。妙にエロティックなマッサージをしつつスキンシップを図るフィオナに、ベンもまんざらでもないようで、デスクの両脇の若者・ルイスとデイビスはそれを見ながらはしゃぎます。その日、ベンはジュールズ専属の運転手が待機中に飲酒するのを目撃し、さりげなく注意しました。ドライバーは運転を控え、ベンが代わりに運転します。後部座席に乗ったジュールズは、始終電話を受けています。ジュールズの両親は睡眠学者で、母は「睡眠時間が6時間を切る40歳以下の女性は、睡眠時間7時間の女性に比べて38%も太りやすい」とアドバイスしました。会話の内容が、嫌でもベンの耳に入ります。母からの電話の後は、キャメロンからのスカイプです。話の内容から、ジュールズがこれからCEOの候補の1人に会いに行くのだと知れました。少し緊張しながら相手に会いに行ったジュールズは、すぐにオフィスから出てきます。その間にベンは、空腹のジュールズにチキンスープを買っていました。ジュールズはそれを飲みながら、キャメロンにスカイプで「相手は嫌な人だった。まばたきもしなかったし」と報告します。ジュールズを送ったベンは「こんな刺激的な仕事は私の人生にとって初めてだ。そしてその会社を作ったのは、忘れないで、あなただ」と言います。ジュールズはその言葉に励まされました。その夜フィオナに電話したベンは、デートの約束を取り付けました。翌日の早朝、秘書・ベッキーから運転手が行方不明と言われ、ベンが運転手として迎えに行きます。ジュールズの夫・マットが出迎え、「外で待つ」と言うベンを誘い、家に招き入れました。マットとジュールズの間には幼い娘・ペイジがおり、マットは育児のため仕事を辞めて専業主夫をしています。家の中でもジュールズは仕事の電話ばかりです。ベンが家の中に入り込んでいることに嫌悪感を抱いたジュールズは、ベンを見ると反射的に「ベンを辞めさせて」と、キャメロンにメールしました。どんどん領域を侵されているような気がしたのです。ペイジを送りに行った先では、ジュールズはママ友に嫌味を言われました。夫に育児を任せて仕事ばかりのジュールズが、ママ友は好かないようです。キャメロンに解雇の理由を聞かれたジュールズは「なんというか、あざとすぎる」と答えました。

その後、倉庫に立ち寄ったジュールズは、従業員に包装の仕方を教えます。オフィスのマッサージ室でフィオナと会ったベンは、約束したディナーを土曜の昼に変更しました。その夜、ジュールズはベンがまだ会社に残っているのを見て、ピザとワインを勧めます。CEO探しの愚痴をこぼしたジュールズは、ベンがデックス社に勤務していたと知りました。実は今のジュールズのオフィスは、電話帳を作るデックス社がつぶれた後のオフィスに入ったのです。デックス社に40年勤務し、ビルの隅々まで知っているベンにジュールズは驚きました。ベンはフェイスブックの登録の真っ最中で、ジュールズは登録設定を手伝います。ベンの写真を撮りプロフィールの質問を埋めていきます。「尊敬する人物は」の問いにベンは「ジュールズさん」と即答しました。
お世辞だと思ってジュールズは笑っていなしますが、ベンは本気でした。倉庫で社員に社長自らが包装の仕方を教える、その姿勢があるから会社が発展したのだと真面目に答えるベンと接し、ジュールズは本気で言ってくれていると分かります。ジュールズは、ベンのことを誤解していたと気づきました。ベンはあざとい人間ではなく、本当にいい人間だったのです。翌朝、てっきりベンが来たものと思って迎えたジュールズは、相手が72歳の女性・ドリス(ベンと同期に雇われた)と知って落胆します。前の日にキャメロンに辞めさせろと言ったため、ベンは他部署に異動になっていました。ドリスの運転は危なく、しかも好戦的なものです。見かねた無免許のジュールズが運転をして出勤すると、ベンに謝罪をして異動を撤回しベッキーの助手にしました。しかし秘書・ベッキーはこれを嘆きます。必死でやっているのに褒められることなく9か月秘書をし続けて、助手をつけられるとは無能だと思われているのかと、ベッキーは泣き出しました。「君が多忙だから補佐をつけた、仕事が減ればストレスも減る」「睡眠時間が6時間を切る40歳以下の女性は、睡眠時間7時間の女性に比べて38%も太りやすい(車内で聞いたジュールズの母の言)」とベンは慰めます。手振りでジェイソンに「今が仲直りのチャンス」と伝え、ジェイソンにハンカチを渡します(「渡して慰めろ」という意味)。ベッキーとジェイソンは仲直りします。ベンが手伝うことでベッキーの要領がよくなりました。購買パターンの分析表を持って行ったベンはベッキーを持ちあげ、ジュールズに「後でベッキーを褒める」と言わせます。
同期の若者・デイビスの住む家が見つからず、フィラデルフィアの従兄弟宅から通うことになると聞いたベンは「うちへ来い」と言いました。ベンとデイビスは一緒に暮らし始めます。ジュールズの家庭にも、ベンはすっかり溶け込みました。勝手なことを喚き散らす母との電話に疲れ、そんな折に洋服の衛生チェックでシラミが発生するトラブル…イライラしたジュールズは、母の悪口を書いたメールを夫・マットに送信するつもりが、誤って母(ママ 電話帳から急いで選んだため、1つずれた)に送信してしまいます。ジュールズはベンに「なにかいい方法はないか」と聞き、ベンは「母が見る前に母のパソコンを操作して、メールを消せばいい」と言いました。ジュールズが拝み倒し、ジェイソンとデイビス、ルイス、ベンの4人でジュールズの母の家に行きます。ジェイソンが車に残り、あとの3人で植木鉢の下の鍵を探し、家に侵入しました。警報が鳴り、ベンは急いで暗証番号を聞くためにジュールズに電話します。母の家にセキュリティが入ったことをジュールズは知らず「偽物だから気にしないで」と言います。60秒経過すると、警報は本物で通報されました。3人は手分けして白とシルバーのパソコンを見つけ、白のパソコンを操作して急いでメールを消去して立ち去ります。その夜、4人とジュールズはバーで作戦成功の打ち上げをしました。ジュールズは酔っ払って長広舌を振るい、倒れて吐きます。ベンはジュールズにハンカチを差し出しました。ベンは土曜日、フィオナとお葬式デートをします。フィオナは嫌な顔もせずお葬式に付き合い、ベンに以前からアタックしていたご近所のパティはショックを受けました。2人の距離は縮まります。

ジュールズの娘・ペイジの友人・マディの誕生会があるのに、夫・マットが風邪気味ということで、ベンが代わりについていきます。ママ友に「部下にペイジの付き添いをさせるのか」と言われたベンは、「友達(ジュールズ)がネット業界の大物だなんて、あなたがたも誇らしいでしょう」と返しました。なるほど、そういう考え方もできるのかと、ママ友たちは複雑な表情を浮かべます。早めに切り上げたペイジを連れて帰る途中、ベンは風邪気味の筈のマットがママ友の女性と親密なキスをしているシーンを目撃しました。隠し事が苦手なベンはもやもやします。車中でペイジが居眠りしたので、マットが帰宅するのを待ってペイジを家に運び込んだベンに対し、マットはジュールズの会社にCEOが必要なのだと訴えました。ベンは「CEOが来れば問題は解決するのか」と返します。ジュールズがCEO候補に会いにサンフランシスコへ行くのに、ベンが同行しました。しかしベンの行動は明らかに怪しく、ジュールズはベンが隠しごとをしていると察知します。宿泊先のホテルで火災報知機の誤作動により退避させられた帰り、部屋で飲もうとジュールズが誘いました。お酒を勧めると、ベンと奥さんのなれそめを聞きます。その後ジュールズは「マットが浮気している」と相談しました。ジュールズが浮気を知ったのは18日前で、ベンもマットの浮気を知っていることにジュールズは驚きます。ジュールズはマットを愛しており、別れたくありません。育児のために自分の仕事を犠牲にして家に入ってくれたマットに感謝していますし、できればずっと暮らしたいと思っていました。何よりも老後に独りになってお墓も独りが怖い…そう嘆くジュールズに「僕とモリーの墓に入ればいい」とベンは慰めます。翌日会ったCEO候補・タウンゼントは礼儀正しくてすごく頭のいい人で、ジュールズはその場でCEOの依頼を打診しました。家に帰ると、CEOを雇ったとマットに告げ「私たち(夫婦)のためにいい」と言います。この発言でマットもジュールズが浮気を知っていると察しました。深夜お風呂に入りながら、それでもまだジュールズは悩んでいました。本当にCEOを雇うべきなのか…もやもやしたジュールズは、ベンに相談しようと考えます。翌朝タクシーでベンの家を訪れたジュールズは、ベンの家からフィオナが出てくるのを見て吃驚しました。昨日そういう関係になった、できたてほやほやカップルです。しかもベン宅にはデイビスが住み込んでいて、ジュールズはあっけに取られました。ベンは「会社には君が、君には会社が必要だ。いくら優秀な人が来てもたぶん足りない」「君が作った宝物を、マットのことで他の人に渡してはならない」と言います。出勤したジュールズは、以前にクレームがあった客・レイチェルからお礼の写真が届いているのを知りました。レイチェルは挙式直前に「チャコールグレイのウェディングドレスが届いた」と苦情を寄せていましたが、ジュールズの会社ではチャコールグレイは扱っていないのです。それでもジュールズは詫びを言い、代わりのドレスを届けたのでした。シフォンのドレスを着ている女性の写真を見て、ジュールズは、自分の判断が誤っていないと確信します。会社に夫・マットが会いに来ました。浮気相手とは別れた、慣れない世界でおかしくなっていたと言ったマットは、浮気を謝ってジュールズに復縁を願います。家族のためにCEOを雇うのなら辞めてくれと言うマットに、ジュールズは「じゃあこれからは、ハンカチを持って」と言って微笑みました。そしてCEOを頼んだタウンゼントには、丁寧な詫びの電話を入れます。ジュールズはCEOを頼まずに、今まで通り会社を経営することを決意します。この決断とマットとの復縁の話をしようとベンの机に行くと、ベンは休暇を取っていました。フィオナに聞いて、ジュールズはベンの元に急ぎます。ベンは公園で他の皆と太極拳をしていました。思わず笑みを漏らすジュールズにポーズを教えながら、ベンは「終わったら話を聞こう」と言いますが、ジュールズの笑顔で内容は察していました。

hmhmシネマより

大学1年の時に視聴。
いやぁーいい映画!前向きになれて仕事頑張ろう!ってなりそう。ロバート・デ・ニーロは悪役のイメージでしたが今回は、初老の優しい紳士。こういうオトナになりたい・・・。アン・ハサウェイも綺麗だった。InstagramやTwitterなど最近生まれたコンテンツが映画の中に取り込まれて、新しい!

結構、劇中のキャラのベッキーがタイプなんですが・・・僕だけですか?
kuu

kuuの感想・評価

3.6
記録
a

aの感想・評価

4.5
記録
>|