マイ・インターンの作品情報・感想・評価

マイ・インターン2015年製作の映画)

The Intern

上映日:2015年10月10日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

4.1

あらすじ

ジュールス(アン・ハサウェイ)は、家庭を持ちながら何百人もの社員を束ね、ファッションサイトを運営する会社のCEO。女性なら誰しもが憧れる華やかな世界に身を置く彼女。 仕事と家庭を両立させ、まさに女性の理想像を絵に描いたような人生を送っているかに見えたが...彼女には人生最大の試練が待っていた。そんな悩める彼女のアシスタントにやってきたのは、会社の福祉事業として雇用することになった40歳年上の“…

ジュールス(アン・ハサウェイ)は、家庭を持ちながら何百人もの社員を束ね、ファッションサイトを運営する会社のCEO。女性なら誰しもが憧れる華やかな世界に身を置く彼女。 仕事と家庭を両立させ、まさに女性の理想像を絵に描いたような人生を送っているかに見えたが...彼女には人生最大の試練が待っていた。そんな悩める彼女のアシスタントにやってきたのは、会社の福祉事業として雇用することになった40歳年上の“シニア”インターンのベン。 人生経験豊富なベンは、彼女に“最高の助言”をアドバイスする。次第に心を通わせていく2人だが、彼の言葉に救われたジュールスには予期せぬ人生の変化が訪れるのだった。

「マイ・インターン」に投稿された感想・評価

massa888

massa888の感想・評価

4.6
観た後すごくほっこりした気分になれる。こういう歳の取り方したいな〜って思う。
サヤ

サヤの感想・評価

5.0
最高の映画。
ジュールズとベンは歳は違うし、
価値観も違うけど、
一人きりで頑張らなくていいこと
努力することはいいということ
誰しも1人ではないということ
何歳になっても恋はできるということ
人生においての優しさを
知ることができました。

このレビューはネタバレを含みます

女性進出はいいけど、同時に“虚勢”がテーマになってしまうことになぜ気づかない


安っぽい脚本と演出、セリフもわかりやすくて大味、だからウケるんかな、オサレな日常会話がどこ切ってもホームドラマ的というか。ブランチで紹介されたの見てずっと観ないでおいたけど観ないでもよかった。。。。
プラダを着た悪魔で新人OLだったアン・ハサウェイが新米社長&ロバート・デ・ニーロ演じる古風な定年サラリーマン。


要は「バリバリのキャリアウーマン社長を老練リーマンのデニーロがアナログにフォローする映画」なんだけど。凸凹コンビではなくどっちも安定しているし、このコンビである必要性があんまり感じられない。女社長に理解ある仲間や部下、やさしい世界。アンの代表作からたとえるなら「プリティプリンセス〜女社長編〜」にしか見えない、うーん。。。。デニーロにもキレがないので、別の大御所ジジイでよかったんじゃないかな
机片付けただけで褒められるNYの定年リーマン、
なんでもなれる怪優だからこそ
こんなデニーロ見とうなかった感が
リカちゃんハウスにトランスフォーマーを混ぜたくらいの残念賞でした、男性からの視点として。ただあのメガネ夫はリカちゃんパパ以下じゃねーか優しいと見せかけてクズだし
以上のことが相まって虚勢された映画にしか見えないですはい

曲選びもコンピレーションから持ってきただけな気もするし、大学生が趣味として作った映画としたら金もかかっていて良くできているがこれは。。。。
RottenTomatoesでは100%中60%オーディエンスは70%超え、日本の主たるレビュー5段階評価では4くらい。





オーシャンズのパロディの所は割と好き。
ゴトウ

ゴトウの感想・評価

3.8
良い物語だった、観るの一回だけでいい!
デ・ニーロが素敵すぎて
何十回も観るほどお気に入り映画
明るい方の色んな気持ちを刺激してくれる

女の子ならマネしたくなるようなお洒落なファッションも見どころです。

内容も複雑な内容もなく喜怒哀楽わかりやすく表現されており、良い意味で流し見しながらでも楽しめる作品。

キャリアウーマンの表裏の裏の性格や誰もが触れられない気持ちを、ベンの深く優しい性格で包みこんでくれてだんだんとジュールズの気持ちの開きや表情が柔らかくなっていくのもほっこりした気持ちになります。

山越え谷越え素敵な作品です。
KOHEYHEY

KOHEYHEYの感想・評価

3.6
意見は色々とありますが、
観て損はないと思います。

老いては子に従えとかありますが、
やはり年の功とはよくいいますね。

人生は長く、多分楽しいことよりも辛いことの方が多い。

長く生きていれば、辛い経験もたくさんしている。
そんな人の言葉は、深みがあり
時にうざく感じるかもしれませんが
やはり、いつか自分のなかに生まれることばであり
染み込むものなんだなと

二人の友情は、憧れてしまう

誰かに感謝したくなったら、また観てみようと思います
>|