マイ・インターンの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

マイ・インターン2015年製作の映画)

The Intern

上映日:2015年10月10日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「マイ・インターン」に投稿された感想・評価

凄く面白かった!
紳士的でちょっと可愛いおじさまが好きな人には是非ともオススメしたいです私は最高に楽しめました。
仕事と家庭の両立とか、男女同権とか、職場での信頼と人間関係とか、色々考えられるお話だったなと思う。私もベンみたいに歳とりたいな(大の字)
ストーリーもテンポも凄く良かった。どの世代が観てもいいと思うけど、真ん中の30代〜40代を抜いて、20代と50代〜の人が観ると面白いと思う。
年の功に救われていく女性と
老人アドバイザーのお話し
小気味よい
ロバート・デ・ニーロ好き。
ストーリーがよい。
ReoMiyada

ReoMiyadaの感想・評価

4.2
ジュールズとベンの世代を超えての友情素敵!
ベンの仕事に向き合う姿勢、有意義な時間の使い方、深みのある発言どれも引き込まれてしまった!!
ハンカチ、、、深い!
Facebookにインスタ何事も挑戦、ミッションに修羅場、経験を重ねることの大事さ勉強になる!!
元気貰える映画でした。
“流行りの”仕事とプライベートに関する問題をかなりたくさん盛り込んでいる。
だから、多くの人が共感できるように、感動できるように、と“置きに行ってる”作品だと思ってた。

アンハサウェイとデニーロのコンビ。最高過ぎる。
バリバリ働く若手アパレル女社長と定年退職して妻に先立たれ暇を持て余すおっさん。
この凸凹コンビ、いや、最初はコンビにすらなれず、お互いどう話しかけて近づいて良いかもわからない存在同士が、このハマってく感じが堪らない。終始何か胸が熱くなる。

ベンの長い人生で培ってきた経験と処世術、そして懐の広さと紳士的立ち振る舞い。
ジュールズの仕事もプライベートも全てを抱えてこなそうというパワーと若さゆえのエモーション。
どちらも、どちらにも無いから故に理解に苦しんだりもするんだけど、本当にちょっとしたキッカケでお互いの歯車が噛み合う。
ぶつかり合う、というよりは、欠けてるものを埋め合い、それぞれの人生をより豊かにする。

その過程でどちらも、どちらも、何なら2人以外の周りも巻き込み、魅了し、遠心力みたいなモノが働きはじめ、より大きなエネルギーを産んだり、大きな決断をしたり、今までなかった考えが生まれたり、負けずに貫いたり、とにかく前に進む力となる。

少しずつ噛み合い、認め合う。時に弱い部分や見せたくないところを見せてしまったり、言いたくないこと言ってしまったり、逆に何かを言って欲しかったり、相手のことを慮ったり。

ただただ利害関係だけの仕事の間柄に収まらず、とは言え、年の差の恋愛みたいなそういう話でもなく、でもその中間のような、別の領域のような、この2人だけの特別な距離感から生まれる、絆、コンビネーション、、、観ていてとても羨ましいなーと思う。
なぜなら、誰とでもそれをやれば築ける関係ではないから。これはこの2人だけに許された、いわば巡り合わせの話だから。そういう人に出会えた。そこが羨ましい。

ベンの若さに物怖じせず何なら好奇心旺盛で何でもチャレンジしちゃうお茶目さで、決して上から目線にならずに的確な言動をする大人の紳士的キャラクターはデニーロにしかできないと思うし、綺麗で若手でやり手で何にでも口を挟み自信家でありながら、抱えすぎてパンク寸前状態を綱渡りしてる敏腕女性経営者ってのもアンハサウェイにしかできないんじゃないか。
この2人のキャスティングが完璧で、その2人が演じるこの関係が目指す憧れとして完璧。

ここまで来ると仮に“置きに行ってる”作品だったとしても、これで良い。文句も何も出やしない。

自分の働く上でも年代的にも共感と羨望せずにはいられないわかりやすくて、胸が暖かくなる作品。
しろ

しろの感想・評価

4.3
ロバート・デ・ニーロがとにかく最高
モノマネじゃないロバートデニーロ初めてみたけど、めちゃかっこいいおじさん!
品があるって美しい〜
おしお

おしおの感想・評価

5.0
こういう人生を送りたいし、友達っていう枠に年齢とか性別って関係ないんだなって思える作品。だいすき。