エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方の作品情報・感想・評価

エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方2015年製作の映画)

Trainwreck

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:125分

3.5

あらすじ

幼い頃に離婚した父親から、「一夫一婦なんて悪だ!」と教えられたエイミー(エイミー・シ ューマー)。その影響で恋愛はせず男性とは一夜限りの関係と割り切り自由奔放に生きていた。そ んな生活にマンネリ感を持ち始めた頃、仕事でスポーツ外科医のアーロン(ビル・ヘイダー)の記事 を執筆することになり彼を取材する。アーロンとの出会いをきっかけに、エイミーは自身の恋愛感や 人生を見つめ直し生きてい…

幼い頃に離婚した父親から、「一夫一婦なんて悪だ!」と教えられたエイミー(エイミー・シ ューマー)。その影響で恋愛はせず男性とは一夜限りの関係と割り切り自由奔放に生きていた。そ んな生活にマンネリ感を持ち始めた頃、仕事でスポーツ外科医のアーロン(ビル・ヘイダー)の記事 を執筆することになり彼を取材する。アーロンとの出会いをきっかけに、エイミーは自身の恋愛感や 人生を見つめ直し生きていこうと決心するが、今までの自分が邪魔をしてアーロンとの関係にも亀 裂が・・・。今さら自分を変えることも出来ず諦めかけたエイミーだったが、ある行動に出る。

「エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

4.0
終始ナイスガイなビル・ベイダーが唯一「え、それってどうなの?」って思う嫌な発言をしたんだけど(スポーツ選手は○○〜、雑誌の連中は△△〜ってやつ)、それが終盤ヒロインの行動できちんと回収されたのが良かった。

後は安定のジャド・アパトー品質、やっぱり小ネタはある程度アメリカの映画やスポーツ知らないと笑いどころがわからない面も否めないなーと思った。Aロッドとか?

マリサ・トメイに気づかなかったの悔しい
masumin

masuminの感想・評価

3.7
久しぶりのラブコメ💖
まず、お父さんの浮気の説明に爆笑(≧∇≦*)
親の影響って凄いですね~
恋する乙女は可愛いです(//∇//)
なにげにキャストが豪華!!エズラくんの変態かわいい!!ティルダ先生全然気づかなかった!!!ビルへイダーがだんだんイケメンに見えてくる!!!!いや、イケメンなのか、、ダニエルラドクリフの使い方も笑えたww恋愛に臆病なガールは見たらいいかも!!笑
エイミーはなんか憎めなくって愛おしい!!
hitomis

hitomisの感想・評価

2.5
ダニエルラドクリフ!
すま

すまの感想・評価

3.8
とりあえず記録
湯の華

湯の華の感想・評価

3.0
こじらせ系。
エズラくんのキャラ最高でした
Tekon

Tekonの感想・評価

3.5
ダニエルラドクリフくんが出てるってあったから観たけども、全然違かった!笑

エイミーシューマーというコメディエンヌが初主演、脚本をした作品で、ラブコメ映画でした!
毒舌な記者エイミーは、男を泊まらせない、自分も泊まらない、でも彼氏はいる。みたいな誰ともフランクな関係で過ごしている女子。きっかけは両親の離婚と、父親の浮気。男は浮気すると思っている前提での関係。

そんなあるとき、スポーツ記事を書くことになる。スポーツは好きでないエイミーにとっては嫌な仕事だった。しかしそこで出会ったスポーツ選手の医療担当するドクターのアーロンと出会い、彼女の人生観が変わっていく。
途中まではなんだかふーんって感じのそこまで盛り上がらない感じだったんだけど、最後の方のあのシーンにちょっとわくわくなって楽しかったので、ラブコメとして楽しめたように思います。
そしてまさかあんな役でティルダやエズラミラーが出ているとは思わなかった!笑

観れてよかったです。

No.188
骨壺

骨壺の感想・評価

-
残念ながらビル・ヘイダーがほとんどボケない。
ティルダ様がティルダ様じゃなくてもいい、というより最早誰か分からないレベルで別人。流石の百面相女優(モデルか?)。
流石のアパトー、会話で魅せる技術が半端じゃない。けどやっぱ日本人には若干難しい。アメリカ文化が芯まで分かってる人なら心から笑えるギャグ多め。
ただキレがない。なんか安定という安全地帯に無事着地できてる感。もっとパラシュートも開かずスカイツリーのてっぺんに片足はみ出しながら着地するような(40歳の童貞男はそんなイメージで観てました)ギリギリの事しようとして結果功を奏した偉業みたいなのが見たい。まあもう無理かな。アパトー印のコメディ俳優も成熟し過ぎてる。
ブリジット~的な。マンハッタンを歩くヒールではスタテン島は歩けないのね。勉強になりました。
 「こじらせ女子」とかどうでもいい。
 使われすぎている気がする。これは同じこじらせでも『スウィート17モンスター』とは正反対の誰とでも寝る女だ。
 それが不器用なスポーツドクターとの出会いにより、恋愛に目覚めていく。
 ブロマンスものはたくさんあるが、その性を逆にしたノリで、そもそも主人公が三流エロ系雑誌の編集者という設定からしておもしろい。
 そして、ラストはしみじみとさせる。
 こじらせでなく「不器用な」女子の話もブロマンスも源流は同じだ。
>|