いめーじ

ドラキュラZEROのいめーじのレビュー・感想・評価

ドラキュラZERO(2014年製作の映画)
4.2
ドラキュラはまったく観る気にならないのだが、予告に美しさを感じちゃって観た。

過去に数えきれないほど人を殺したヴラドは時が経つと他国にナメられ、その他国を敵に回すことになるのだが戦力的に勝ち目が見込めないので自らドラキュラの力を求めるのだった!!!

ドラキュラの能力はソナーができたり筋力が上がったりコウモリ(大群)になって翔んだり洗脳したり(未公開シーンより)コウモリ操ってドカン!としたり、中二病が考えたドラキュラだ。
ものすごい数を殺すけどこの時代なら英雄なんだろう。
1000人切りとかまさにゲーム。
『ドラキュラ無双』すばらしいグラフィックとドラマチックなストーリーで売れそう。
敵に張り合いが無さすぎるのが難点か。
そう、ドラキュラになってからは敵は兵士よりも自分なんだ。
血を飲んでたまるかという葛藤と家族への思い、現代に繋がる愛とラスト。
新たなドラキュラの解釈が俺の中の男の子を呼び起こしました。