ともさん

ドラキュラZEROのともさんのレビュー・感想・評価

ドラキュラZERO(2014年製作の映画)
3.5
ドラキュラZERO
強大なオスマン帝国の侵略から自国民と自分の家族を守るため、山中の洞窟に棲む魔物と取引きをするヴラド3世が、いかにしてヴァンパイアとなったか、また、その活躍を描いたダークファンタジー。
ドラキュラといえばクリストファー・リーの演じるドラキュラがイメージ強いのですが、今回、主人公のヴラド3世演じるのは、ホビットで弓の達人バルドや、ワイルドスピードでの悪役ながらかっこいいルークエヴァンスです。ヴラド3世の妻役にはサラ・ガドン、とても綺麗な方ですね、これからの活躍が楽しみです。
ヴラド3世は実在の人物で、ドラキュラ伯爵のモデルと言われています。ヴラド3世の父がドラクル(龍公)と呼ばれていて、その息子でドラキュラ(小龍公)と呼ばれようになったらしい。さういえばドラゴンと響きが似ていますね。
映画自体は92分と短めですがテンポよくまとまって面白かったです。今までドラキュラもの映画の中でも一番ヒーロー的に描かれています。魔物と契約を交わしてからのヴラドの無敵ぶりは、圧巻です。ラストのシーンは次作を期待させる終わり方でしたね。