kaoripeace

ザ・ウォークのkaoripeaceのレビュー・感想・評価

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)
3.6
ラストの綱渡りだけが見せ場で、どうせ他は寝ちゃうレベルなんだろうなぁ
なんて舐めてかかってました。

正直確かにラストが一番燃えたけど、全編通して軽快なリズムで進み仲間(共犯者)もどんどん増えていくので面白味はちゃんとありました。
ただの狂人ではなく、恐怖とも闘う彼の姿は身近な存在に感じた。
でも一歩、綱に全体重をかけた瞬間彼は誰も成し遂げられないことに挑戦する狂人になるわけだ。
馬鹿げたことに見えるかもしれないけど、最後まで「闘った」彼に拍手を送りたい。

まさしく足がすくむという言葉がぴったりな映画です。