ザ・ウォークの作品情報・感想・評価

ザ・ウォーク2015年製作の映画)

The Walk

上映日:2016年01月23日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

「ザ・ウォーク」に投稿された感想・評価

たぐは

たぐはの感想・評価

4.3
かっこいい。もっとドキュメンタリーぽいかと思ってたら、ジョセフゴードンレヴィットの語り口を主として結構エンターテイメント。こういうクレイジーで前人未到の偉業を成し遂げちゃう犯罪者を賞賛する感じ、いいなあ。日本ではあまり考えられないよね。大学時代フランス語に傾倒したと噂の、ジョーさんの華麗なフランス語が聴けます。むちゃくちゃにうまい。
YUJI

YUJIの感想・評価

3.7
主要な登場人物全員ぶっ飛んでる
ジャケットから想像したストーリーとは結構違かった
伝記的な感じです
wakaba

wakabaの感想・評価

3.7
予告で見たイメージとまるで違ってびっくりした。シリアスなのかと思ったら割とコメディタッチで観やすかった。
違法とはいえ、こんなことを成し遂げる勇気も熱意も普通の人にはないと思う。実在する人物だということが信じられない。
やってることは少し違うけど、グランドイリュージョンとかと同じ雰囲気を感じた
高層ビル2つの間を綱渡りすることがアートだという考え…自分じゃ絶対浮かばない(笑)

・クーデター実行中の警察待つとこが変に長い
あそこそんなに尺取らなくていいと思う
・ロープの結び方とか、補助ロープのつけかたとか、ただ綱結んでるだけだと思ってたけど色々技術があるんだ…っていうのは収穫
・みんなが敬遠してたビルが、彼の綱渡りによってみんなに愛されるビルになるっていうのすごく良い
やはり芸術の力は強いんだな
さと子

さと子の感想・評価

3.6
綱渡り人生ではなく、犯罪映画を観ているかのようなハラハラ感を味わった。
限界を求めず、人々の記憶に自分が刻まれるショーをすることが彼にとっての美しさ。

オープニングからのジョセフの訛り英語、フィリップ・プティから綱渡りレッスンを受けながら学んだってエピソードが1番盛り上がったな…

すごい実話なんだけど、この映画をみて何か感じたかって言われたらそうでもない…
toru

toruの感想・評価

4.0
110階に相当する地上411m、ニューヨークのマンハッタンにそびえるワールドトレードセンターのツインタワーにワイヤーをかけ綱渡りをしたフランス大道芸人の実話

どこまで脚色されてるかわからないけど、ほんとにこんなことがあったのか…
数あるアクシデントを乗り越えてのいざ本番の綱渡り中のシーンはCGがしょぼかっまり、何往復もして座ったり寝たりするので、逆に安定感ありすぎてハラハラ感が半減
一回渡るだけにして、もっと時間をかけて、フィリップの心情や周りの風景、観客の緊張感を描いた方が臨場感あったのでは

違法なことだけど、観るものを魅了する犯罪芸術っていうジャンルがあるみたい
警察官がコソッと賞賛したり、NY州判事が粋な罰を与えたり、法律で縛られてはいるものの本当に賞賛に値するものには心を動かされる人間っていいな

ゴードンレヴィットはフィリッププティ本人に演技指導を受けたとか
muka

mukaの感想・評価

3.7
見ているだかで足が震える

ただ屋上に書いたサインが今は無いのかと思うと何故か寂しい気持ちになる。
Sentokun

Sentokunの感想・評価

3.2
綱渡りにのめり込んだ男の話。

ツインタワーでワイヤーの上を歩くシーンは手に汗握る。しかし、途中で合成映像と思ったらなんか冷めちゃいました。

なんとも言えない主人公のアクセントが良かった。

くらい。
yum

yumの感想・評価

4.1
あまりにもすごい綱渡り師としての人生。実話ベースのエンタメとして、最高に秀逸だった。そこにワイヤーがあるから渡る的な、パフォーミングアーティスト思考が夢いっぱいでワクワクする。時に垣間見る失敗の恐怖も、夢への信念で乗り越えて行く。
綱渡りシーンは本当に手に汗握る、ドキドキハラハラの連続。
それを説得力ある身体能力かつ神業演技で魅せたジョセフ・ゴードン・レヴィットすごい。プティ本人から特訓を受けたらしい。彼のフランス訛り英語も完璧でまたすごい。
そしていつも穏やかな感動と尊敬の念を物語の中に生み出し、観客を映画の世界に夢中にさせるゼメキス監督もすごい。
劇場で観たかった…

話の大筋はポスター絵で一目瞭然。2つの高層ビルの間にロープを張ってその上を男が渡る。容易に想像出来るのはこれが違法行為であること、男は綱渡りの名手であること。
それは想像通りだったんだけど単なる出オチ映画では無かった。
男の半生を振り返り、危険な綱渡りに至るまでの経緯をじっくり映像で語っている。
そこには嫌味も冗長さもなく、クライマックスへの階段として十二分に機能していた!
そして綱渡りが始まってからが思ったより長い。
ちん寒むシーンがこれでもかという。
なにせ落ちたら即死なのでドキドキハラハラ。
この部分をね、スクリーンで観たかった。
ジャンル映画としては良作!
>|