ザ・ウォークの作品情報・感想・評価

ザ・ウォーク2015年製作の映画)

The Walk

上映日:2016年01月23日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

1974年、当時世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センター、NYにそびえ立つ摩天楼の中でも王者と呼ぶにふさわしい荘厳なツインのタワー。この間をワイヤーロープ一本でつなぎ、命綱なしの空中闊歩にある男が本当に挑んだ。その男とはフィリップ・プティという。

「ザ・ウォーク」に投稿された感想・評価

「綱渡りするだけの映画で2時間?バカなの?」と上映当時思っていた映画。

主人公以外にキャラが立っている登場人物もおらず、「綱渡りするだけ」ではなく「主人公が綱渡りする」映画だった。

普通なら3.0をつけるか否かくらいの内容だったけど、実話というのを加味した上でのラストシーンが鳥肌もの。
語りからのカメラワーク→暗転が巧い。
しもじ

しもじの感想・評価

3.5
公開中はツイッターで絶賛されてて興味持ってたけどこの作品はゼログラビティとダンケルクみたいに映画館のスクリーンで見るべき作品だった。

史実に基づいたノンフィクションで命知らずな綱渡りパフォーマー(自身はアーティストと言ってる)フィリップ・プティの話

ジョゼフ・ゴードンははまり役だと思うがいかんせんストーリーが単調すぎた。綱渡りにかける情熱は伝わるが内容が内容なため感情移入できず、1つの大きな目標に映画の大半の時間を使ってしまい終わった後は?な気持ちになった。反社会的な人間の葛藤と奮闘を期待していたが期待はずれだった。
KENTAROH

KENTAROHの感想・評価

4.5
手に汗握る展開とは、まさにこの事。
ににに

にににの感想・評価

2.5
特に面白いキャラクターもいない
見どころは綱渡りシーンのハラハラ感くらい
yure

yureの感想・評価

3.5
ジョセフ・ゴードン=レヴィットの迫真の演技が素晴らしい。

実在する人物にしろ、キャラクターものにしろ、そこに、憑依しきる演技ってすごく難しいと思うけれど、今回はまさにそれだった。

彼はこういう笑顔のある役で、どことなく可愛さが出るのが強みだと思う。

肝心の綱渡りの方も手に汗握る展開で良かった。
まりも

まりもの感想・評価

4.2
同じ人間なのに、ね。

なんであんな所で、おじきしたり寝たり出来る?!

本人も凄いけど、ジョセフも凄い。
EI

EIの感想・評価

3.8
めまいがしそうな無謀な冒険。1974年、ニューヨークのワールド・トレード・センターで、命綱なしで空中綱渡りを行った実話。110階の高さからの眺め、ワイヤーの揺れにこちらも胸が締め付けられるように緊張した。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「フォレスト・ガンプ」のロバート・ゼメキス監督作品。
>|