ルパン三世 愛のダ・カーポ〜FUJIKO'S Unlucky Days〜の作品情報・感想・評価

ルパン三世 愛のダ・カーポ〜FUJIKO'S Unlucky Days〜1999年製作の映画)

製作国:

上映時間:92分

3.3

「ルパン三世 愛のダ・カーポ〜FUJIKO'S Unlucky Days〜」に投稿された感想・評価

オルゴンエネルギーの扱いが雑。っていうかもうボスはハルクだし、ナザロフの変身能力は便利すぎ。
しおらしい不二子はそれはそれで魅力的だったが、ロザリアはもう少しうまく使って欲しかったかな。
たしか不二子が記憶失うやつ。
歌が良い
なな

ななの感想・評価

2.2
不二子が記憶喪失になってしおらしくなっててすごい違和感。笑
敵キャラのナザロフの笑い方が気持ち悪くて印象が残る。
ラスボスはださい。
sa

saの感想・評価

5.0
記録
記憶喪失になり、しおらしい不二子ちゃんが印象的。
普段のお宝手に入れてはいさよーならーな、軽い展開とは違い
「不二子を守る」というルパンの明確な意志があるので、今までのシリーズと比べると異質なストーリー。
故に新鮮さがあり、惹き込まれる。
ただ、記憶喪失の不二子の印象が強すぎて、肝心のストーリーの方がかすみがち。
次元と五ェ門が27回キスするやつ。
>|