ルパン三世 愛のダ・カーポ〜FUJIKO'S Unlucky Days〜の作品情報・感想・評価

「ルパン三世 愛のダ・カーポ〜FUJIKO'S Unlucky Days〜」に投稿された感想・評価

mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.2
こちらも珍しい、監督がエクセルサーガや はれぶた のワタナベシンイチ。信一郎じゃない方のナベシン。ふざけている方。

やっぱり基本ギャグアニメ家だけあって、どことなく会話のテンポとかが面白い。従来のシニカルな笑いある会話ではなく、会話の節々に細かいツッコミが差込まれる様な笑い。
ストーリーに芯はあっても、常になんとなくギャグ感はある。

そのシンボリックな存在が敵のナザロフでしょう。CV千葉繁というインパクトの塊。そして裏ルパンでもある存在感。細身でキャラデザイン的にも似ているし、お調子者で女好き。ルパンを鏡映しにした悪役キャラクターとしたのは歴然。
今まであるようでなかったキャラクターなんだよね。まさに今作のテーマ“コロンブスの卵”的なキャラクターだと思います。

勿論ナザロフがナベシン自身であることも明白。今まで自分のアニメ内に自分を登場させてきた監督だからねー。

謎のお宝“コロンブスの卵”を追って記憶喪失に成った不二子。
宝の秘密を知る不二子を某組織が狙う。父を捜すため卵を追う娘と協力するルパン。気象兵器になる卵の力で怪物化した父と戦う…という話。

ラストバトルで大ボスが怪物化しても、なんかナベシン効果でギャグに思えてくる…最後に敵にインテリジェンスが一切無くなるとねぇ〜。

仮にナベシンにもう一作創らせるなら、もっとふざけたのを狙って欲しいかしら。
Uzuki

Uzukiの感想・評価

3.2
敵の個性の主張が目立つ
記憶喪失になった不二子さんはおしとやかですねー。
それでもコロンブスの卵について、少しだけでも記憶を呼び起こそうとするのはすごいと思いました。

そして最後の記憶を取り戻した後の不二子はいつも通りだったので笑っちゃいました(笑)

久しぶりに見たので戸田さんに千葉さん、まさか出ていたとは思っていなかったので、聞いてビックリでした。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.4
テレスペ11作目。

不二子ちゃん記憶喪失回。なんで不二子は毎度記憶を失うと殊勝なしおらしい女になるんだ。。普通考えてぜって〜性格は変わらんだろうが。。これが男たちの求めるギャップ萌え、か。。敵も萌えてたねえ。

そんな不二子に対するルパンがまじめに愛のために頑張る。カッコいい。。まあ、ハードボイルドじゃなくてメロドラマだけど。

冒頭の感じ、エロい。。ルパンと不二子ちゃんは一線超えてない設定か。
tcdmtgb

tcdmtgbの感想・評価

3.0
とっちらかってるなあ
しじま

しじまの感想・評価

3.6
あの最後はなかなか衝撃的だった、、
滝和也

滝和也の感想・評価

3.4
覚えている…
その優しい瞳と
野蛮な下半身(笑)

記憶を失い
殊勝でお淑やかな不二子
が登場するTVスペシャル第11弾!

「ルパン三世 愛のダ・カーポ」

不二子の頼みでスイス銀行を丸ごとかっぱらったルパン。莫大なお宝の中で不二子が欲しかったのはあるファイルだけだった。その名はコロンブス・ファイル。巨大な富と力が手に入るコロンブスの卵への鍵。不二子がそれを見た直後、二人は謎の組織のヘリ部隊に襲撃される。追い詰められた不二子はそのファイルを爆破。脱出を図るも不二子は断崖からルパンの助けも虚しく落下していく…。

記憶を失った不二子、そして彼女の記憶に封印されたお宝の鍵の争奪戦。ルパンの不二子への愛が燃え上がるルパン真面目回ですね(^^)ルパンが真面目の比重が高い時は比較的面白いのがTVでも良くあったんですよね。確かにルパンの不二子愛は良かったし、その分、ギャグ比率が増えた五ェ門、次元コンビも楽しいし…。

ただ…カリオストロの呪縛も感じざる得ないんです。クラリスのポジションに記憶喪失の不二子が入る感じ。また演出も意識してる。ルパンと不二子が断崖からもう一回落ちるんですが、カリ城の時計塔からの落下のカットと激似。お宝を探すルパン達を援護する次元の台詞やシチュエーションも似てたり…。因みに銭形は本筋に絡まないけどカリ城の埼玉県警チームで出てきますし…。

しかも…ストーリー展開はカリ城には遥かに及ばないし(当然ながら)、敵にも魅力が…ない。最後赤ジャケルパン第一話のミスターXみたいだし。またコロンブスの卵のギミックも無理クリなんで萎えちゃうんですね…。

うーん、不二子の記憶喪失って映画のノストラダムスでもやってましたよね。あの時の不二子の優しさを覚えてるし…。まぁギャップ萌はあるんだけど…。

敵殺し屋、ナザロフも声は強烈なんだけど…キャラクター造形に特徴がなくて…。因みに声は千葉繁さん。北斗の拳の予告やうる星やつらのメガネの個性派で抜群に巧いんだけど…世界観から浮いてるんですわ(T_T)

自作オマージュがあって、ルパンらしくて、悪くはないけど新しさもないし、作劇としてはイマイチかなと。

カリ城をみんなやりたいんですよ。王道冒険物で良いルパン。それはわかるんですが、呪縛を離れないと超えられない。最近のハード路線はそこから離れるためでもあるんでしょうね(^^) 新作公開まであと少し。楽しみではあります(^^)
ともみ

ともみの感想・評価

3.8
これ、よく覚えてる〜。冒頭から結構好き。
ルパンって毎回絵の感じ変わるよね、不思議。ダ・カーポの絵好きだなぁ。敵の下品な笑いが、ちょっと、本当に、耳障りでナイスだった。

しおらしい不二子ちゃんも良き。
ルパンの愛がこれまた良き。
しおり

しおりの感想・評価

3.7
ルパンの一途さが素敵でした...😇今作は次元と五ェ門の絡み多めで嬉しかった☺️!車一緒に押したり、一緒に戦ったり...例の27回も...(笑)
>|