westtribe

グラスホッパーのwesttribeのレビュー・感想・評価

グラスホッパー(2015年製作の映画)
2.9
原作既読ですが、細かいことは全然覚えてません。
蝉、鯨、押し屋というキャラはよく覚えてましたが、
鈴木とかフロイラインとかは「あぁ、そういえば」という程度。

細かいことは覚えていなくても、
伊坂ワールド(特に殺し屋)ってこういうもの、と分かっていたので、
個人的にはそれなりに楽しめました。
ただ、終盤はイマイチだったかな。たぶん、だいぶ原作と違うよね?
蝉と鯨の「その後」の描き方とか、
「どこまでが仕掛けだったのか」とか(駆け足かつ穴だらけのような…)。

伊坂ワールドを知らない人には、ちょっとつらいかもしれません。
蝉と岩西の関係性とか、鯨の殺害方法とか、
初見では受け入れがたいだろうし。

キャストはとても良かったです。
生田斗真は『予告犯』とはうってかわって、振り回されがちな良い人。
(フツー感を出すには、相葉雅紀あたりでもよかったかも)
蝉の山田涼介、鯨の浅野忠信はまさにハマり役。イメージ通り。
押し屋の吉岡秀隆は、ちょっと違うかなと思っていたが、意外に良かった。
だんだん大森南朋っぽくなってきたな、この人。

あの渋谷がセットだったと鑑賞後に知ってビックリしました。