肉浪費

グラスホッパーの肉浪費のレビュー・感想・評価

グラスホッパー(2015年製作の映画)
3.7
原作は大分前に既読済みで話は大方忘れたが、面白かったと記憶した状態で鑑賞。こんな話だったっけ?w

お話の進行に戸惑いを隠せないが、配役はベストチョイスでこの作品の顔とも言えるプロの暗殺者"鯨"と"蝉"もなかなかのハマり役だったように思う。
蝉の最初の横スクロールのアクションは韓国映画「オールドボーイ」をかなり参考にしてそうwでなかなかにパワフルなアクションを繰り広げてたようで邦画にしては見応えがあったと。

結局この映画は鯨と蝉のアクションしか印象に残らず、魅力もここにあって、主人公の鈴木は結局一般人の怒涛の2日間を台風の目として体験する視点とだけ機能してたようで、"押し屋"も活躍が一切ないのが残念で、映画1つの作品として纏まりがないように感じてしまったのが、原因はどこに起因するのか謎なのが非常に残念に感じました。