グラスホッパーの作品情報・感想・評価

グラスホッパー2015年製作の映画)

上映日:2015年11月07日

製作国:

上映時間:119分

3.0

あらすじ

渋谷スクランブル交差点―。ハロウィンの夜、仮装した若者たち、そして通行人をも巻き込んだ凄惨な事故が発生する。教師の鈴木(生田斗真)は、この事故で愛する恋人・百合子を失ったのだ。意図的に仕組まれた事件であったことを知った鈴木は、この事件の首謀者への復讐のため、中学教師の職を捨て、裏社会の組織に潜入し、その機会を窺っていた。漸く復讐が遂げられるかと思ったその時、敵“カタキ”が目の前で車に撥ねられ、あ…

渋谷スクランブル交差点―。ハロウィンの夜、仮装した若者たち、そして通行人をも巻き込んだ凄惨な事故が発生する。教師の鈴木(生田斗真)は、この事故で愛する恋人・百合子を失ったのだ。意図的に仕組まれた事件であったことを知った鈴木は、この事件の首謀者への復讐のため、中学教師の職を捨て、裏社会の組織に潜入し、その機会を窺っていた。漸く復讐が遂げられるかと思ったその時、敵“カタキ”が目の前で車に撥ねられ、あっけなく死んでしまった。“押し屋”とよばれる殺し屋の仕業だった。正体を探るため、鈴木は“押し屋”の後を追うが、自らの嘘がばれ、闇の組織から命を狙われることに…。交差点近くの高層ホテル―。人の意識を暗黒に導く力を宿す「自殺専門」の殺し屋・鯨(浅野忠信)。闇の組織からの依頼で、ハロウィン事件の真相を知ってしまった新聞記者を自殺に追い込んだ。仕事を終えたと思った時、彼が目にしたのは窓外の交通事故、誰かの手が一人の男の背を押す様だった─。そしてもう一人―。若く、驚異的な身体能力を持ち、その俊敏なナイフ使いで依頼された殺しを着実にこなす殺し屋・蝉(山田涼介)。蝉の次の仕事、それは知りすぎてしまった鯨という男を消す、闇の組織からの殺しの依頼だった。敵を失った鈴木、自分を狙う組織を追う鯨、鯨を追う蝉―3人は、それぞれの思いを抱えながら、全てを清算するため、闇の組織のアジトへむかう。果たして生き残るのは誰なのか、物語の結末は―。

「グラスホッパー」に投稿された感想・評価

本棚

本棚の感想・評価

2.8
2016.07.23
ゆうき

ゆうきの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

蝉が鯨に「今何を考えている」と聞かれて「たった一人のダチのことだ」って答えたシーンで、岩西が帽子のつばを深くしていてアホみたいに泣いた。
割と血が飛び交うので怖かった記憶
キャストは豪華なのに…
hiroron

hiroronの感想・評価

3.3
キャスティングは良かった。アクションも良かった。うーん。
さー

さーの感想・評価

4.0
原作がなかなか進まなかった気がする。素晴らしい映像化だ💪いいぞ、山田💪ナイフカシャカシャ💪
あぷ

あぷの感想・評価

1.6
そう。これ原作読んだんだよ。
鈴木、鯨、蝉、そうそうそうだった。
でもねえ…原作全然ハマらなかったんだよなあ…。

結局見終わるまで、この3人の登場人物の名前以外思い出せず、こんな話だったっけ…?で終わってしまった。
全てが今ひとつ。
>|