レヴェナント:蘇えりし者の作品情報・感想・評価

レヴェナント:蘇えりし者2015年製作の映画)

The Revenant

上映日:2016年04月22日

製作国:

上映時間:157分

3.8

あらすじ

仲間の裏切りで最愛の息子の命を奪われた男、ヒュー・グラス。激しい怒りを力に変え、奇跡的に死の淵から蘇える。復讐の執念のみを武器に、300キロに及ぶ容赦ないサバイルバルの旅が始まる。

「レヴェナント:蘇えりし者」に投稿された感想・評価

とにかく壮絶、極限、という言葉しか出てこないよ…
洋の東西を問わず開拓時代というのは、あまりにも過酷で祖先には頭が下がります。

こんな物語をも映像化してしまう。これがハリウッドか…
Queeeenme

Queeeenmeの感想・評価

3.9
トータル的に素晴らしい映画、、
久々に映画見て圧倒された
撮影の仕方にも感動、、
飛び血が画面についていたり
その辺りも凄かった
よご

よごの感想・評価

3.5
炎が綺麗。きっと映画館で観てたら映像の美しさに圧倒されてただろう。でもストーリー自体にはあまりハマらなかった。
冒頭から引き込まれる作品は良作率が高いが、こちらはビックリするほどの長回し(風?)の映像から始まり、もう釘付けだった。
その後は……グリズリー怖い!
((( ;゚Д゚)))
主人公の根気強さに、こちらも力をもらえる作品。ハードなオデッセイって感じかな。
内容というより、大自然の迫力とディカプリオの迫真の演技に圧倒される。撮影が相当過酷だったと思う。
アカデミー賞おめでとうございます🎉
映像の迫力が好きで何度も見てる。ディカプリオの迫真の演技も見どころ。大自然と人間の欲望、生命の力強さを感じられる。
すごく壮大。
自然の中の人の小ささ。
熊に殺されそうになっても、生きるということを考えさせられます。
坂本龍一さんの音のマッチもGood!
レオナルドディカプリオが好きですが、歳をとって良い味が出せるようになったと感じます。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

4.3
生きるということは、こんなに必死で、辛くて、重いのか。過酷な環境の中で、自分を見殺しにして息子を殺した男に復讐を誓い、生き汚いほど力強く生にしがみつき、生きる。

彼だけでない。囚われていたネイティブアメリカンの娘にしたって、逞しく生き抜いて、これからも誇り高く生きていく。悪者の男も、最後まで必死で食い下がる。

仮面の男の頃から演技派だと思ってたが、ディカプリオの演技力が圧巻。体が全く動かない時の、目だけでの演技が凄まじい。文句なしのアカデミー主演男優賞。

監督も、バベルの時にはあんな曖昧だった描き方がカミソリのように剃り落とされて、生きる、という重いテーマを正面から描き切ってる。ラストのラストまで、それがヒシヒシと伝わってくる。あれだけの目に遭って、心弱ければもう死んでもいいとさえ思えるだろうに、最後主人公は、力強い眼差しでまっすぐにカメラを正面から見据える。彼は決して生きることを諦めない。

正直、重厚過ぎて、観る時の精神的負担が物凄くて、見返すのはしんどい作品。
yuriii

yuriiiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

最初から最後まで目を離せないドキドキの連続…!!
グリズリーとの対決シーンなんて食べかけのパスタがパサパサになってしまったほど。
思ったより、復讐・怒りなどのようなものは感じなかった。
mrfuujii

mrfuujiiの感想・評価

3.6
デカプリオの演技観るだけでも
>|