レヴェナント:蘇えりし者の作品情報・感想・評価

レヴェナント:蘇えりし者2015年製作の映画)

The Revenant

上映日:2016年04月22日

製作国:

上映時間:157分

3.8

あらすじ

「レヴェナント:蘇えりし者」に投稿された感想・評価

Hir

Hirの感想・評価

4.0
復讐


時は19世紀、アメリカの西部開拓時代。
映画の元になった話は、探検家のヒュー・グラス(Hugh Glass)という人物のとある事件。

ミズーリ川沿いを探検中に、熊に襲われ重傷を負い、もう助からないだろうと仲間にすら見捨てられるが、なんと彼は生還した。
という、なんとも嘘のような本当の話が元になっているそう。


本作では、それに「復讐」というテーマが加わる。
グラスは仲間と探検中に熊に襲われ、重傷を負うが、過酷な道中で連れていけないと判断される。

そんな中数名は残り、彼の最期を見届けてから出発することになるが...。


ーー
というような導入部になっている。
あまりネタバレはしたくないので、ここまでにしておくが、

本作での見所は、なんといっても大自然の雄大さと過酷な環境を見事に表現した、映像とヒュー・グラスを演じるレオナルド・ディカプリオには度肝を抜かれた。

R-15なのも納得できるほど、「サバイバル」というものをリアルに表現している。

2時間半と長めではあるが、つい見入ってしまい、その長さを感じさせない映画であった。


高評価をしているが、良い意味でもう一度見ようとは思えない、、、。
Max

Maxの感想・評価

4.0
レオ様、受賞おめでとう
smitsunori

smitsunoriの感想・評価

5.0
観る前と後で世界が違って見えるような映画をみんな探していると思うんです。これは凄かった。昨日観たのにまだザワザワしています。坂本龍一の音楽も凄い。
観終わった後の体力の消費も凄かった。。。
ストーリーはこれといって新しいものはないが、映像と音楽の重厚感や力強さと詩的な繊細さが共存してる感じが良い。
そして社会派的でキリスト教的な要素も強い。
荘厳。この映画はちゃちい「復讐劇」なんて紹介じゃ説明できない。荘厳って言葉、使うこと珍しいけど、スゴくしっくりくるな。この映画には見た人全てに必ずその種の感覚を刷り込むことができる力がある。圧倒的なカメラワークに目を奪われる、大自然の厳しさと美しさに本能が揺さぶられる、リアルな戦闘と痛みの描写に体中が疲れる、熊の恐ろしさに心がトラウマになる。そりゃ、アカデミー賞とるわってゆうスケールの大きさ。
ストーリー自体は、ぜんぜん面白くないと思ったことは内緒です。。
10be1130

10be1130の感想・評価

2.9
復讐ってなあかんで?😢
ごんび

ごんびの感想・評価

3.8
隣に居たかのよう
Tak

Takの感想・評価

5.0
記録
すんばらしい。
凄いチームだわ。
これで賞とれなかったらおかしいわ。
役者、スタッフの魂に脱帽。
な

なの感想・評価

4.2
クマが容赦なさすぎるのとプリオが迫真すぎておしっこ漏れた
>|