JIN

くちびるに歌をのJINのレビュー・感想・評価

くちびるに歌を(2015年製作の映画)
4.4
アンジェラ・アキの名曲『手紙~拝啓 十五の君へ~』の小説化作品を、映画化。小説は、だいぶ前に読んだことがあります📖
舞台は五島列島の中学校。臨時教師と合唱部の生徒は、それぞれ悩みを抱えていた。

とても素敵なお話でした。心の通じあいや、歌のちからが真っ直ぐに伝わってきます。大人だからこその苦しみと、中学生が抱えるには大きな悩み。それぞれ違うけれど、ともに過ごした時間の中で、前を向く光が見えたのではないでしょうか。大人↔子供の関係性が、とても良かったです。
そして、何より『手紙』の合唱シーンで涙腺がやられる。子供が今と未来を不安に思う気持ちと、大人になって昔の自分にかけたい言葉。曲から着想を得ただけあって、ぴったりと合った物語ですね…

汽笛の音は、ドの#らしい🚢
くちびるに歌をもて。