くちびるに歌をの作品情報・感想・評価

くちびるに歌を2015年製作の映画)

上映日:2015年02月28日

製作国:

3.8

あらすじ

長崎県・五島列島の中学校。 ある日、天才ピアニストだったと噂される柏木ユリが臨時教員としてやってくる。合唱部の顧問となった柏木は、コンクール出場を目指す部員に、“15年後の自分”へ手紙を書く課題を出す。そこには、15歳の彼らが抱える、誰にも言えない悩みと秘密が綴られていた。その手紙は悲しい過去からピアノを弾けなくなっていた柏木の心を動かして……。

「くちびるに歌を」に投稿された感想・評価

サトコ

サトコの感想・評価

2.0
ありがち
ストーリーに目新しさがない
kime

kimeの感想・評価

5.0
最高、ただこれに尽きる。
この作品はどうも過小評価され過ぎてる気がする。今の日本で稀に見る傑作と言っていいと思う。邦画には悪いところはいっぱいあるけど、その逆に良いところをふんだんに盛り込んだ作品になってます。
mihofujita

mihofujitaの感想・評価

4.0
歌の持つパワーって本当にすごい
めちゃくちゃ泣いた

最後にちゃんと伏線を拾うところもいいね

合唱部の話と思いきや
さとるとあきおのストーリーもまた考えさせられる
さとるの、15年後の自分に宛てた手紙、ものすごくズシンときた
自閉症の人の役を演じてる渡辺大知もすごかったなぁ

合唱っていいねえ、懐かしいな
ごはん

ごはんの感想・評価

3.4
前向きでさわやか◎
Haru

Haruの感想・評価

3.6
前を向きたいときに観るといい。
まったく期待せずに見ては見たものの、まさかの瞳がウルっと。序盤なんて文乃とガッキーの役逆がいいななんて思ってたのに、思いのほかいい作品でした。
泣ける。ガッキー
>|