くちびるに歌をの作品情報・感想・評価

くちびるに歌を2015年製作の映画)

上映日:2015年02月28日

製作国:

3.8

あらすじ

長崎県・五島列島の中学校。 ある日、天才ピアニストだったと噂される柏木ユリが臨時教員としてやってくる。合唱部の顧問となった柏木は、コンクール出場を目指す部員に、“15年後の自分”へ手紙を書く課題を出す。そこには、15歳の彼らが抱える、誰にも言えない悩みと秘密が綴られていた。その手紙は悲しい過去からピアノを弾けなくなっていた柏木の心を動かして……。

「くちびるに歌を」に投稿された感想・評価

灯

灯の感想・評価

3.0
自分が今ここにいる意味を
じっくり見つめられる温かい時間が流れていた。

合唱っていいね、
部活っていいね、
一生懸命っていいね、、

端々に映る五島列島の自然も
何か心を揺さぶられるものがあった。
さくら

さくらの感想・評価

3.2
青春やねー
ありがちな青春物語。

けど
メッセージ性はあったと思う

前進、前進。
良い言葉でした。

ん?って思うところもあるけど、
映画やし仕方ないかな。

でも全体的に良い印象。
途中のかくれんぼってとこから
最後の回想シーンで
なるほどーって思った

木村文乃がガッキー役でも
成り立つ感じ

2人ともただただ可愛い
ノザワ

ノザワの感想・評価

3.7
ガッキー目当てで見たけど泣きそうになったシーンもあるくらい良かった
ガッキー目当てですけど、なにか?

決めた!ガッキーの出演作は全部制覇しちゃおう。

この映画のガッキーは超クール。笑顔をまったく見せない役柄。
こういう役も悪くない。でも、笑顔が観たい!。
ははーん。分かったぞ。
最後の最後でとびっきりの笑顔を魅せてくれるんだな。
果たして、その結末は・・・。

そんなことよりも、いやいや凄く大事だけど、映画自体が凄く良かった。
生徒それぞれに焦点があたっていたり、先生がピアノを弾けない理由、スポコン(文科系の場合は何て言うんだろう。)。ストーリーも面白い。
一つの夢に向かって力を合わせていく。
自分も学生時代は部活やってたんで良くわかるなー。

夢を追いかけるって大事なことだね。

そして、なんなのー。このラスト。
号泣すること間違いなし!。

一人のために、みんなで力を合わせる。
人の優しさが胸にしみる。

さてさて、ガッキーのとびっきりスマイルは・・・。
それは、観てのお楽しみ。

Amazonビデオ/Primeビデオ
今年81作目。

いやー、全然納得いかん。
それいる?みたいなとこがめっちゃ多いし、疑問点が多い映画やった。

因果関係弱い。全然死と弾けん理由関係ないし、赤ちゃんの声だけ聞いても無事はわからんし、圧倒的に疑問だらけ。


ただガッキーが可愛い映画。
れい

れいの感想・評価

3.9
前に進む勇気をくれた
hirosumi

hirosumiの感想・評価

3.8
原作から好きで映画も二度目の鑑賞。
本でも充分に伝わってくる青春感は映画だと倍増。
ある程度歳を重ねてから見てみると、合唱の曲やら中学時代の楽しいことや辛いこと色々懐かしい。
多感で難しい中学時代の人間理解や成長に、"手紙"を通じて自然と目頭が熱くなってしまう作品。
Nanase

Nanaseの感想・評価

4.0
合唱部の青春物語。
泣けるし、なんといってもガッキー可愛い😍
Oliver

Oliverの感想・評価

3.8
過去の辛い経験によりピアノが弾けなくなったピアニストが故郷の島に戻って音楽の先生を任され子どもたちと向き合っていく中でもう一度前に進む力をもらう。

柏木先生の人を閉ざしたぶっきらぼうな態度が最後には笑顔に変わる瞬間が堪らない。ガッキー、可愛すぎ。

子どもだって、大人だってみんな色んなことと戦っている。でもそれを逃げなければきっと前進できる。アンジェラ・アキの曲が心に染み渡った。
>|