くちびるに歌をの作品情報・感想・評価

くちびるに歌を2015年製作の映画)

上映日:2015年02月28日

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「くちびるに歌を」に投稿された感想・評価

アンジェラ・アキの「手紙〜拝啓十五の君へ〜」を基にした中田永一の小説を映画化。傷心の音楽教師と合唱部の生徒たちの交流を描く感動作。
やまと

やまとの感想・評価

3.5
楽曲「手紙~拝啓 十五の君へ~」を元に書かれた小説を原作とした作品。登場する人物はそれぞれの立場で様々な苦悩と向き合いながら、前に進んでいく。
悩みとは更新されていくもので、何歳になっても解放されることはない。時に受容し、時に抗い、悩みとの付き合い方を選びながら日々をこなしていると、ふと自分が大切にしているものがどこにあるかわからなくなるときがある。
そんな時に、この作品は生徒達の姿を通して、自分の未熟さを突きつけられて初めて、直面した悩みと向き合う勇気と共に、ひたむきさや素直さが自分を救うことを教えてくれる。
そしてまた、そんな自分が人を救うことのできる可能性を示してくれるのだ。
うさみ

うさみの感想・評価

4.2
記録用
合唱シーンが素敵。
色々な生徒がいる中で、自閉症の兄を持つソプラノの歌声の少年があまりにも切なくて、胸打たれた。一生懸命頑張る中学生の姿に、感動した。いい映画だった。
ryspgf

ryspgfの感想・評価

4.0
映画館で泣きすぎた。
はな

はなの感想・評価

3.6
中学生あるあるだなあとめちゃくちゃ泣けた。
正直がっきーの背景とかを売り出したかったのかもしれないけど、個人的には中学生たちの真っ直ぐすぎる姿勢とか考えが刺さりすぎました。
真っ直ぐって残酷だけど、そこに向き合える人が強いんだろうなあ。

音楽大好きだけど辞めなければならなかった中学時代を思い出して、その時の自分に見せてあげたかったなあ、と。

あと大知くんはやっぱり演技がとっても自然ですごい。
あり

ありの感想・評価

3.7
うわーーー学校の先生っていいなあと思ってしまったーーーー
まあでも現実は中学生なんてやばいやつばっかだろうけど笑

アンジェラアキの手紙は、
荒れたー青春のー海はきびしいけれどー明日の岸辺へとー夢の船よ進めえーってとこが特に好き

このレビューはネタバレを含みます

すべてが最後に繋がる。
「うあ、、、」と声が漏れた瞬間だった。

古いガラケーに残る最愛の声の殻に閉じこもっていた先生。

お兄ちゃんを助けることが自分が生きている意味と自分に自信のない少年。

肉親の裏切りが傷になったままの、母親の言葉と歌を愛する少女。

前進のドが2回。
長崎のキレイな風景と青春の色使いが心を和ませてくれた。

「逃げたら誰も助けられないし、助けてもくれない。」
分かっているけど、目を背けてしまう弱い私達に、大人にも子供にも響いた言葉。

柏木先生の「逃げるな!」に心が震えた。

15歳の子供だけど大人と、当たり前のことがわからなくなった大人がお互いに影響していること。
大人も子供に教えられていること。
最後には全ての人たちが自分の殻や、悩みを破っていて、いろんな人と重なり合って、生命を感じる。
松本先生の赤ちゃんがさらに生命のテーマに厚みを加えていた。

なずなにしか届かないはずのドが誰かに届いていた。
お兄ちゃんの存在、繰り返し言っていた言葉が最後は線になる。
「いてくれてよかった。」

みんなで「例のやつ」をするときの迫力がすごい。
思わず声が出た。(うああ、、、)

生命と歌がテーマ
合唱が涙腺のツボすぎて、序盤からゆるゆるだった
平和すぎて泣いた。

男の子、イケメン!
男の先生、赤ちゃんの産声聞いたときのリアクションがかわいすぎる。すき。

野間口さん、馴染みすぎてさすが。
「笑って。」
ちぃ

ちぃの感想・評価

4.3
アンジェラ・アキの手紙は大好きな歌です
ピアノも好きな私としては、心がホッと温かくなる感じでしたね〜
ピアノが弾けなくなった新垣結衣が演じる先生の気持ちや、桑原君の未来への手紙はズーンときました。
最後は素敵な終わり方だったなぁ〜
前進前進😊いいですね♡♡
>|