山田にーち

ストリートファイター 暗殺拳の山田にーちのレビュー・感想・評価

2.4
昔ハリウッド版のストリートファイターを観て、うひゃあやっちまったなあアハハという経験があったので、こちらの作品もそんな感じなんだろうなーと期待せずに観始めたら思いの外ちゃんとしてて良かったです。前半と、後半の少しの部分だけ…

元ネタが格闘ゲームだけあって、組手やアクションがしっかりしてるため凄くかっこいい!特にリュウとケンの再現度が凄かったです。ストリートファイターは昔ゲームセンターでちょこちょこやってたぐらいなんですが、そんな自分でもリュウやケンの構えやアクション、対戦前のポーズなどそのままやん!と興奮しました。

ただ、そのリュウとケンの組手以外の部分がとにかく長い!ストーリーに厚みを持たせようと師匠の昔のシーンなどなど挟んだのかもしれないのですが、丁寧に流れを追いすぎて中盤でかなりダレちゃいました。そして超ダサい瞬獄殺に、育ての親が死んでも全然動じないヒロイン…あのヒロイン役は果たして必要だったのだろうか…

師匠の若いころのシーンはもう少し掻い摘んで、リュウやケンのシーンをもう少ししっかりやって欲しかったなーと思いました。リュウやケン全然修行してないですやん…

そしてあからさまに続編に続きそうなラストシーンでモヤモヤが溜まり溜まったままエンドロール!アクションや再現度が良かっただけにちょっと残念でした。

でも続編出るなら気になります。