ストリートファイター 暗殺拳の作品情報・感想・評価

ストリートファイター 暗殺拳2013年製作の映画)

Street Fighter: Assassin’s Fist

上映日:2014年08月05日

製作国:

上映時間:101分

2.7

「ストリートファイター 暗殺拳」に投稿された感想・評価

昔ハリウッド版のストリートファイターを観て、うひゃあやっちまったなあアハハという経験があったので、こちらの作品もそんな感じなんだろうなーと期待せずに観始めたら思いの外ちゃんとしてて良かったです。前半と、後半の少しの部分だけ…

元ネタが格闘ゲームだけあって、組手やアクションがしっかりしてるため凄くかっこいい!特にリュウとケンの再現度が凄かったです。ストリートファイターは昔ゲームセンターでちょこちょこやってたぐらいなんですが、そんな自分でもリュウやケンの構えやアクション、対戦前のポーズなどそのままやん!と興奮しました。

ただ、そのリュウとケンの組手以外の部分がとにかく長い!ストーリーに厚みを持たせようと師匠の昔のシーンなどなど挟んだのかもしれないのですが、丁寧に流れを追いすぎて中盤でかなりダレちゃいました。そして超ダサい瞬獄殺に、育ての親が死んでも全然動じないヒロイン…あのヒロイン役は果たして必要だったのだろうか…

師匠の若いころのシーンはもう少し掻い摘んで、リュウやケンのシーンをもう少ししっかりやって欲しかったなーと思いました。リュウやケン全然修行してないですやん…

そしてあからさまに続編に続きそうなラストシーンでモヤモヤが溜まり溜まったままエンドロール!アクションや再現度が良かっただけにちょっと残念でした。

でも続編出るなら気になります。
トム

トムの感想・評価

2.5
実写化頑張ってたけど、後半の盛り上がりに欠ける。
てかキャストがケン以外微妙だし、師匠のオリジナルキャラとか誰得だよお思った。
プロモ!
ビジュアルは頑張ったなぁ!という感じですが、脚本がクソなのかとにかく冗長。映画館で観ていたら、間違いなく寝てる。
ヴァンダム版、チュンリーのスピンオフに続いての本作
劇場公開はせずYouTube で公開されたイギリス発の映画

面白いじゃん!
過去のストリートファイターが酷すぎたからそんなに期待度少なめだったけどヴィジュアル面での原作リスペクト、昇竜拳、竜巻旋風脚などお馴染みの技を誤魔化さないでガチでやる肉体派アクションが馬鹿っこいい!

豪鬼と師匠の生い立ち話が足を引っ張ってたのが残念
しかもそのせいで尺が足りないのか予算が足りないのか一番見たいところで幕切れしてしまう!
テンポよく最後までやってくれてたら4.0超えは確実だったでしょう
YNag

YNagの感想・評価

3.4
キャラクターを単なるコスプレに終わらせず、わりかしちゃんと作りこんであってビビった。
タニ

タニの感想・評価

1.8
話が進まなさすぎて笑った。
santasan

santasanの感想・評価

2.2

このレビューはネタバレを含みます

とにかく長〜い。リュウとケンのストーリーだとばかり思っていたのに、早々に師匠の剛拳と弟の豪鬼、大師匠の轟鉄のストーリーに移ってしまった。しかも豪鬼の変貌話を馬鹿丁寧に描き始めてどんだけ大河ドラマにしたいんだろうか。もうリュウとケンはどうでもよくなってしまった。もっとばっさりカットしてコンパクトにした方が絶対面白いと思う。しかもこの終わり方は次作へ続くということ?
マイクD

マイクDの感想・評価

2.5
日本の和歌山県から舞台が始まる。リュウとケンの修行の物語とともに、剛拳、豪鬼の過去も明らかになるストーリー。イギリス映画との事ですが、半分以上が日本語で原作の日本への愛が溢れてますね。波動拳、昇竜拳、竜巻旋風脚の技を極めるのは大変そうだ。でも技を出す時にワザワザ技名を口に出すのは相手への優しさ?波動拳の撃ち合いはよくやりましたよね。格闘シーンは凄くて、ゲームさながら。豪鬼の再現は頑張ってました。
キャベ

キャベの感想・評価

2.6
原作ゲームへの、あふれんばかりの愛とリスペクトを感じました。

オープニングで、剛拳&リュウ&ケンが、綺麗に同じ動きで演舞したり、さらには竜巻旋風脚などもうまく取り入れたアクション。「あ、これ最高の奴や」って予感しました。ケンのビジュアルは、ほぼ完璧ですし。アクションシーン大好き。

ただストーリーは‥
「リュウとケンの師匠、剛拳の若き頃、剛拳の弟の豪鬼は「殺意の波動」に魅入られ、兄弟は違う道を歩んでいく‥」

‥という、リュウとケンの過去のエピソードを描いた映画で、さらに過去の回想が中心というストーリー。
そして何もかも中途半端なまま、「続く」って感じで終わっちゃいます。ぶっちゃけ映画としては面白くない。だからこの点数にしました。

けど、自分は嫌いじゃないですね。

英語と日本語が半々くらい使われていて、どこの映画かよくわからないんですが、「気」や「無の波動」などは日本語の発音でした。
だから面白インチキワードもたくさんあって楽しめました。
中でもイチオシは「ダーク気」w

ダルシムも春麗も出ません。けど、波動拳と瞬獄殺は出ますよ。
>|