Mr.ホームズ 名探偵最後の事件の作品情報・感想・評価・動画配信

「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」に投稿された感想・評価

頭脳明晰なホームズですら老いていくのね。
事件の謎解きというより、ヒューマンドラマかな。
八瀬

八瀬の感想・評価

3.5
映画館で見て以来。
日本の描写など首をかしげるところは色々あるけれど、イアンマッケランの老ホームズと、さらに老いたホームズの演じ分けがさすが。
少年との交流や美しくて静かな日常の風景など、流れる空気が好きな作品。
顔は出てこないけどワトソンとの絆を感じられたり、老いを感じさせる描写にセンチメンタルな気持ちになるけど、それが悲しさではなく優しい寂しさなのが良い。
老人ホームズの回顧録みたいな
振り返った話と現在が交差しながら進んでゆく

編集がうまいからか違和感なく展開していくのが面白い
ストーリーとしては少し冗長だけど

このレビューはネタバレを含みます

晩年のシャーロックホームズが、30年越しの未解決事件に挑む

93歳になったホームズは、海辺の家でミツバチの世話をしながら隠居生活を送っていた。
認知症があり、人の名前が覚えられなく袖に相手の名前をメモっていたり、予定も忘れてしまう。その中で自分の人生はそう長くはないと悟ったホームズは、探偵を引退するきっかけになった30年前の事件の真実を本にしようとするが、思い出せない。
記憶障害に効く山椒を日本まで取りに行ったりして、なんとか本を書き上げようとする。
そんなホームズの記憶のピースを辿っていく、ストーリー展開になっている

事件と言っても大きな殺人事件とかではなく、1人の女性が子供を授かっても流産してしまい、悩んだ末にホームズが関わったことで自殺してしまう。
ホームズは女性を救えなかったと自責の念に駆られて、探偵から身を引いて人と関わらない田舎暮らしを選んだのだ。
家政婦の息子ロジャーと共に記憶を思い出しながら、本を完成させていく

真田広之さんが出てるのは知らなかったので、驚いた!
ただまあ、日本の描写は中国混ざってるので、海外作品あるあるですね。
ミステリー要素を期待しての視聴はオススメしません。ほのぼのとした感じのストーリーです
sa

saの感想・評価

4.0
観た〜〜〜!!面白かった〜…

ずーっと前からウォッチリスト入れてて、明後日(日付変わって明日11/22)で配信終了って書いてあって慌てて観た感じになっちゃったけどめちゃめちゃ良かった………

イアン・マッケランさん、演技うまっ…すげ………おじいちゃんの演技上手すぎる…ちょっと若いおじいちゃんも上手いし今にも…んじゃいそうなおじいちゃんも上手い…

終盤泣いちゃいました。。あ〜………

このお話ではそういうことにしているってだけなのかもしれないけど、シャーロックホームズって原爆落とされた後まで生きてたんだ。。その辺全然擦り合わせみたいなのができないので、すっごい最近じゃん!って思ったな…………………そっか………まあ存在しないんですけど……………

日本の描写が少々中国っぽいなとは思ったけど日本語はそんなにカタコトじゃなくて良かったです。

山椒、全員入れ過ぎでは???用法容量を!!!!
あとスズメバチとミツバチは全然違うのはそうだけどこの映画の中ではあんまり分かんなかった。ああいうスズメバチがいるの?

全体的に落ち着いた感じの映画で音楽も景色も綺麗で良かったです。
推理モノを期待しているなら、この作品を観ることはオススメしません。忘れてしまった記憶をなんとか思い出したいお爺ちゃんが一生懸命頑張る映画です。
私たちは、それを温かく見守ることしかできません。
戦後まもない日本も描かれますが、洋画あるあるの「日本≒中国」的な描写で、この設定いるのかなぁと思ってしまいます。
ちなみにワトソン君は、顔すら出てきません。
ジャケットが凄いクラシカルな感じだからもっと古い映画だと思ってたらわりと最近の作品で、全然観やすかった。

イアン・マッケランの老いた演技が凄い。
今にも息絶えそうなヨボヨボっぷりで、演技だとわかっていても見てて心配になるレベル。
だから不意に冴え渡る瞬間が際立って格好いい。

シャーロック・ホームズはいくつかの映像作品を観たことがある程度の知識だけど、私の知る限りだと、あの傍若無人なシャーロックがこれしきの失敗で引退するか?と思ったけど、シャーロックだって人の子なんだよな。と考えを改めさせられるほど丁寧にドラマが描かれていた。

新しい相棒役のマイロ・パーカーくんが存在感抜群。
今後も活躍してほしい。
ぴーと

ぴーとの感想・評価

3.5
ホームズがというよりもイアン・マッケランの老いっぷりにショックを受けて普通に心配してしまった…!
撮影当時75歳くらいなんだというのを調べてちょっと安心した…63~93歳までを演じ分け…というか93歳のいつ亡くなってもおかしくないんじゃないか?というあのヨボヨボっぷりは演技だったんだ…老いの演技すごすぎる…。

時折みせる推理の冴えはさすがシャーロック・ホームズだけども齢93にして身体も弱り昔の記憶もおぼろげになるというはたから見たらただのハチが好きなおじいちゃん。
ホームズって架空の人物だったと思うんだけど映画を観てる間は実在の人物のような気がしてしまう。

シャーロック・ホームズの映画だとかまえてバチバチの推理をする名探偵を期待して観るとちょっと肩すかしをくらってしまうかもしれないけども風景もキレイで休日の午後なんかにまったりと観るのにいいかもしれない。
ホームズなりの人生の教訓なんかも交えて穏やかな気持ちになれる映画でした。
事件を通して、ホームズ含む4組の愛情や孤独が描かれる静かな作品。しみじみと。
>|