わかこ

デビルズ・ノットのわかこのレビュー・感想・評価

デビルズ・ノット(2013年製作の映画)
3.0
私は映画の元になった事件について知らずに、鑑賞した。矛盾が徐々に明らかにされていく過程はドキドキしてよかった。オチで、もやもやしてイマイチだったという印象。だが、観賞後色々と調べるにつれ印象は180°変わった。

私は本編鑑賞後、公式サイトに掲載されていたトークセッションを見た。こちらを見る、見ないで全然面白さが違う。正直こちらのほうが面白かった笑 わかりやすく本編の楽しみ方が語られているので是非。(視聴は鑑賞後推奨)
https://youtu.be/ylfS80FDxMM
また、監督のインタビューはこちら。もやもやさせた意図などが語られています。
http://buff.ly/1vdgRld

「ウエスト・メンフィス3事件」。これを元にした映画は、本編以外にドキュメンタリーとして制作されたものが4本ある。書籍も発行されている。いかにこの冤罪事件が、偏見と不法な捜査のせいで真実が歪められた悲劇として問題視され続けていることが窺い知れます....以下ドキュメンタリーの作品名です。
『ウエスト・オブ・メンフィス 自由への闘い』
『パラダイスロスト』(全3作)

映画として面白かったのかと言うと......
”ノット(not)”だった。(題名はnotではなく、knotです。紐の結び目、きずな、人や動物の集団、という解釈ができるので題名はナイスだと思いました。)
しかし、もやもやさせるように作られたのは、この事件の恐ろしさを表現するためだと理解できた。

『デビルズ・ノット』、未解決事件を描いているので曖昧な結末が嫌いな人は見ないほうがいい。
逆にそれでもいいという人、もしくはコリン・ファースが好きな人は見て下さい。ヒゲが生えてるコリンさんが見られます!