デビルズ・ノットの作品情報・感想・評価

「デビルズ・ノット」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

はい、胸糞映画です。
タイトル的に、めっちゃヘヴィメタなグロ系サスペンスかと思ったんですけど、ほんと淡々としてます。意外とあっさり。
そして何も解決してない、何も分からない、謎が沢山ある、有名俳優使ってるのに誰も活躍しない、という胸糞っぷり。
事件の親の気持ちを考えると、本当に涙が出そうな位に辛いし、誰も信じられなくなります。お母さんが言ってたように、何もわからない。その一言に尽きます。
ちょっとぉ刑事が証拠品無くしました!はい、そうですか!!っておかしくない!?

隠蔽、嘘がまかり通る捜査なんてさぁ…そもそもまともな捜査してないし。

こんな事が近代社会で行われるなんて許せない。

モヤモヤする(怒)
電気羊

電気羊の感想・評価

3.5
ヘビメタを聴いているチンピラは悪魔信仰者だと決めつけられ殺人事件の犯人にでっち上げられ、真犯人を見逃すことに。俺もメタル・ゴッドのジューダス・プリーストのファンだし、バイオ・ハザードもやり込んでるけれど、他人を傷つけたりはせんよ。現実とファンタジーの区別くらいは付けられるものだ。偏見が冤罪を生む。人間は不完全な生き物だから公平であることは難しいよね。
ドキュメンタリーの方観たかったんだけどTSUTAYAなかったから仕方無しにこっち観た気がする。


ドキュメンタリーと違ってアメリカのど田舎の陰鬱さがより伝わる…。

20世紀後半にもなって魔女狩りしてるんだよ。ほんとに少年たちの人生どうしてくれるんだよ。

誰も救われない話 現実に起きた話
か

かの感想・評価

2.3
93年に起きた実際の事件を基にした話だとは思わなかった。こんなことが現代に起こり得るんだ、そして警察だけじゃなく司法も彼らを悪魔信仰と警察に脅された人たちの不確かな証言だけで無期懲役、死刑にしてしまったのがこわいし、真相がまだ分からないのが悲しい
drgns

drgnsの感想・評価

3.2
これが90年代の捜査と裁判とは恐ろしい。
とても興味深いし、この事件の顛末を映画にしたこと自体は素晴らしいけど、観てる間のモヤモヤ感がすごい。弁護側にもっと厳しく追及してほしかったけど、実話ベースなのでこればかりはしょうがないのかな。
海外ドラマやフィクションみたいにうまいこといかないのがなんともリアルでした。
naopopo

naopopoの感想・評価

3.3
記録19T186
322
1993年に3人の児童が殺害された未解決事件を事実に基づいて作成された伝記映画。調査員であるロン(コリンファース)が殺人犯3人の弁護士を手伝い事実を晴らしていく。が、判事やら刑事やら最低すぎる。アメリカは悪魔崇拝者とか魔術とか生け贄とかそんなん好きよね。確かな物的証拠もないのによく刑が確定するもんだ。鑑賞してるうちに「こいつが犯人だ」と犯人探しが始まるが、答え合わせするにはラストは少し残念な、、、。でも未解決事件は未解決事件。今もなお実際に起きている話だろうが、モヤモヤな事件を題材にしたな〜。裁判メインの映画だったが、素直に描かれて観やすかった。うーん、悔しすぎる!!
>|