アナベル 死霊館の人形の作品情報・感想・評価

アナベル 死霊館の人形2014年製作の映画)

Annabelle

上映日:2015年02月28日

製作国:

ジャンル:

3.1

「アナベル 死霊館の人形」に投稿された感想・評価

mia

miaの感想・評価

3.2
妊娠中のミアとその夫ジョン。ジョンは白いドレスを着たヴィンテージ人形をミアに贈り、子どもの誕生を待ちわびていた。
ある日隣人の家出した娘と一人の男が現れ、夫婦は襲われる。命に別状はなかったものの、人形を抱きながら自殺をした娘によって、人形に呪いがかけられてしまい――。

今回は字幕で。
アナベル・ウォーリスが美人!!
カメラのアングルがいちいち怖かったです。
カルト教団が非常に迷惑な奴らですね。
旦那は全然家帰ってこないですね。
赤ちゃんは可愛かったけど。
映画としては、怖くなかったです。
死霊館のほうが怖かった。
いやアナベルの顔が一番怖いんですって。
こういうシリーズって、次にどう繋がっていくかが気になる。
次は死霊館2作目かー。
さすがに新作を映画館に観にいく勇気はないですが、シリーズ観ていこうと思います。



-117/2017
ウォーレン夫妻が出るかなと期待したら全然違ったので残念。
「あの」人形が、ウォーレン夫妻の手元にくる前の話。
幸せな若夫婦が謂れのない恐怖に引き込まれる流れが今一つのどかにすぎて退屈ではあった。じわじわ迫る恐怖を感じる…といったわけでもなかったかな。それなら死霊館のほうがよくできていた気がする。

しかし、この呪いのスタートがカルト宗教信者だったとしたら本当に迷惑。何かに取り憑かれた人間の怨霊みたいなものも、悪魔に劣らず面倒で怖いなあ、と思った次第。

でもこのシリーズはウォーレン夫妻がいないと面白くない。
あの夫婦のラブラブぶりが良いのだと実感。
yg

ygの感想・評価

-
悪魔が取り付いた系ではよくある映画やと思ってしまった。
かずー

かずーの感想・評価

2.7
見たけどまじで怖くなさすぎて全然覚えてねえわ………死霊館好きなだけに悲しい……
Creation→死霊館→アナベルの順で観ました。
妊婦である主人公に夫は欲しがっていた人形をある手段で手に入れたとプレゼントする。
その日の夜、隣人の叫び声を聞き目を覚まし夫が様子を見に行くと隣人のカルト教徒に襲われる。なんとか警察が間に合い夫婦は怪我で済むがカルト教徒の胸には夫からプレゼントされた人形が抱かれていた。
気味が悪いと妻は夫に人形を捨てるように告げ人形はゴミ箱へ捨てられる。

無事出産を経て新居に越してきたが荷物の中から捨てたはずの人形が・・。
夫は確かに捨てたと断言するが妻は贈り物なんだし手元に置いておくと子供部屋に飾る。
人形アナベルは怪奇現象を起こし攻撃的になってゆく。赤子の魂を捧げなければ・・。

アナベルの作品の中では最恐でした。
観終わった後に何故かTVのリモコンが動かなくなりそれが一番怖かったです。
オカルト映画としては優等生的な作りです。ただ、時代設定が60年代の割にレトロ感が少ないのが気になりました。
まるこ

まるこの感想・評価

3.8
人形系の映画は初めて見たけども、自分がこんなにビビリだったとはと思うくらい、飛び跳ねるくらいびっくりしてしまうシーンが多かった。え、え、え?!くるの?!死ぬの?!え!となるシーンが多くて、終始落ち着くことができなかった。

ただこれはかなり好みが出ると思う。ゾンビやグロい系が好きな人やビビリじゃない人は、フラットに見れて結局なんだったので終わるかもしれない。
現に一緒に見ていたゾンビ映画好きの人は、ビビリまくる自分の横で、普通に見れていた。

実話に基づいてるというところが、リアル好きには恐怖のふりかけになること間違いなし。
>|