いつの日も風見鶏

ニュースの真相のいつの日も風見鶏のレビュー・感想・評価

ニュースの真相(2016年製作の映画)
3.9
「敗北」する報道映画。


報道を題材とする映画は、最後に「真実が勝つ」という終幕が多いですが(それがカタルシスなので当たり前か)、本作は全く違った。
結局何が真実だったのかそれは最後までわかりませんが、真実を追い求めたジャーナリストの信念は「本物」であることが伝わる終わりかたでした。
そこが本当によかった。
もうすぐ発売される「ペンタゴンペーパーズ」と是非合わせて観てみるのをオススメします。

本作でも言われてる、「本質のすり替え」って怖いですよね。
立場が危うくなった姑息な人や、臆病者がよく使う常套手段です。接客業をしててもクレームをうけていつのまにか問題をすり替えられて怒鳴られることあります…
冷静に、公正に、信念をもって「勇気」です。
出来レースを真正面から戦った主人公に拍手を送りたいです。スカッとした。