Ayano

さよなら歌舞伎町のAyanoのレビュー・感想・評価

さよなら歌舞伎町(2015年製作の映画)
3.3
クリスマス当日だっていうのにこの映画チョイスですが。

一流ホテル就職の夢を絶たれた主人公が店長として働くラブホテルを舞台に、歌舞伎町に生きる人々の1日のお話。登場人物のだれもが人に言えない事情を抱え、でもかすかな希望を信じてそこに存在しています。
とにかくあり得ない沢山の事件が起きますが、全て「たった1日」の間に起こる出来事。歌舞伎町だからこそ信じられるリアリティ(という田舎者の先入観)。
朝を迎え、タイトル通り歌舞伎町を去って行く彼らはこの先どうなるのか、鑑賞後は不思議と爽快な気分になれる作品でした。

この作品で絶賛されているイ・ウンウ、とにかく可愛いです。あっちゃんも何考えてるのかわからないこじらせ女子っぽい感じはうまいなぁと思いました。