さ

さよなら歌舞伎町のさのレビュー・感想・評価

さよなら歌舞伎町(2015年製作の映画)
3.5
いろんな人がいて、いろんな守らなければならないものがあって、いろんな秘密があって、いろんな愛があって、いろんな欲望がある。最低な街、歌舞伎町。

何もセリフのないシーンが長回しで撮られていて会話や呼吸、空白がリアルだった。

個人的にはエンドロールの曲がなんかちょっと違う気がした。