うしくん

アイ・オリジンズのうしくんのレビュー・感想・評価

アイ・オリジンズ(2014年製作の映画)
4.5
エターナルサンシャインのようなSFラブストーリーを想像していたら、そこまでSF要素が多くなく、見やすい作品でした。少しファンタジーで少しSF。映画全体に静かに漂うミステリアスな雰囲気が、飽きずに映画を見させてくれました。
残酷な運命によって惹かれ合い、奇跡によって引き裂かれる男女。宗教、運命、奇跡は科学によって証明できるのか。男は身をもって真実を体験します。的な。
ストーリーの構成は分かりやすさ重視だけど、軽くはありませんでした。かと言って後を引く訳でもなく、スッキリとしていました。
※以下考察含む。鑑賞済みの方のみお読みください。



ストーリーは。そうです。問題なのは世界観です。あのシーンが何を意味するのか。SF映画をいくつか見たことある人ならば想像は容易です。しかしどんな意図を持ってあそこであのシーンを持ってきたのか。言い訳なのか、続編作りたいのか。その点に関しては見終わった後、考え込んでしまいました。
またストーリー内においても、気にしなければ大丈夫な程度の謎がいくつかありました。特に、二人が電車で再び出会うシーン。1という数字を辿ると、イアンは彼女と出会うことができます。なんで?
こういう原因を考えるのって、私はあまりしないのですが、今回は何となく考えたくなったので考えてみました。別に大した考察ではありませんが、もしイアンが不思議な力を持ってたら?って話です。先ほどの1という数字。「こんなガキとずっと一緒なのか」とか。
これ以上考えるのはめんどくさいので辞めますが、暇な人は考えてみてください。
久しぶりにこういうスルメ映画に出会えてよかったです。