沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

沈黙
一瞬、映画館中が痛いほどの沈黙に包まれる。神の御旨と人々の祈りが対消滅したかのような、痛いくらい声高な「沈黙」…。
禁教令以前は日本全体の10%いたキリスト教信者は島原の乱以降「隠れ切支丹」となり隠れて信仰するしかなかった。日本のキリシタン弾圧の理由は日本の植民地化の阻止、神社仏閣破壊阻止、布教活動による人心操作の防止等が考えられる。特にポルトガルは宣教という名目で貿易の優位性を図ろうとしたので、幕府が快く思わなかった。(実際日本語に堪能なポルトガルの神父が貿易を牛耳っていた)島原の乱以後プロテスタント国であるオランダと出島での交易を行うのみとする日本の決断はイエズス会の宣教に染まったアジア各国が軒並みヨーロッパの植民地とされたその後の歴史の流れを思えば英断である。「切支丹弾圧むごい!日本死ね!」と決めつけるのは良くない。
この映画の舞台である17世紀半ばはカトリックの腐敗からプロテスタントが台頭、それを阻止するために改革と教育と布教で対抗するイエズス会という激動の世界情勢。日本国内は丁未の乱以来の新興宗教による政情不安定を平定しようと徳川幕府がやっきになっており宣教活動には最悪の時期だった。(ここまでは鑑賞にあたってのにわか勉強の覚書)
困難に立ち向かうことこそ、我らが使命、神の意志であると信じ込んだイエズス会の青年2人は危険を冒して棄教したとの噂の師を探しに日本へ潜入。
彼らが探していたのは自分たちの師であったのか、己の信仰心だったのか。キリストや聖母マリアの姿を映したに過ぎない「踏み絵」をどうしても踏めずひどい拷問を受けて死んでいく信者の盲信ぶりには私はまるで同情できないが、神の国は彼らのためにあるのだろう。
現世にとどまるより、神の国に行く方が幸せと思う感覚がわからない。豊かな時代に生まれ、神を信じる必要がない。神の存在を気にも留めない。それでも私は依存症克服のために「自分を超えた偉大な力」にすがる必要があった。とても抽象的な概念に思え、中々馴染めなかった。「沈黙」では日本人は人間を超えた存在を考える力を持っていないと説明される。神とは只々偉大なので全てを任せて信じればよい。神に判断を仰いでいるうちはまだダメで完全に無力になった時に神の愛に触れることができるのだろう。そういう結末なのだろうと1週間考えつづけて結論づけた。
静謐 全てが美しい
本当にこんなにも海が青いわな
みぃ

みぃの感想・評価

3.2
長い、、
mijuriet

mijurietの感想・評価

4.6
また観る。
おはる

おはるの感想・評価

4.0
蜂起した何万という人々が“全滅”させられたとされる島原の乱。そうしたキリシタンに対する弾圧が苛烈さを極めた時代、それぞれの人々の生き方を通して神とは、信仰とは、そして信念とはを問うた作品。

最近隠れ切支丹に関するドキュメンタリーをみたところだったからめちゃタイムリー♪なんて軽い気持ちで観てはいけない映画だった。重い。むごい。エゲツない。とくにキリシタン達に対する水攻め、火あぶり、斬首、簀巻き、穴吊りなどはまさに野蛮人の所業。江戸時代、実は先進的で素晴らしい時代だった!なんて持て囃される一方でマイノリティに対してはこんなにも残酷なことが行われていたという天下泰平の世。

まあいろいろな見方が出来る映画だと思うが、個人的には浅野忠信との対話シーンが印象的。仏教徒とキリスト教徒、お互いの言い分がぶつかり理解しようとする姿勢が両者にみられない。幕府がキリスト教を邪宗とみなし弾圧するのも、宣教師達が布教したとてキリスト教が根付かないのも、とどのつまり相互理解が足りなかったからではないかと。そしてこれは何もこの時代特有のことではなくて、現在の世界情勢を鑑みるまでもなく我々の身近に常に存在している問題。
赤鬼

赤鬼の感想・評価

5.0
神を信じ神を愛し神に救いを求め、そうして神の救いを求め続けたその先に、年月の終わりに私は結果的に宗教を棄てました。勉強をする事で教養を身に付け宗教に親近感を持ち、哲学を学んだ事で宗教を愛していましたが、家族の死を契機に神の存在に疑いを持ち、神に背いた人間なのです。そんな私にとって、この遠藤周作による原作は救いの存在でした。又、スコセッシの過去やこの作品を映画化するに至る経緯を知るだけで、彼の並々ならぬ執念を理解する事が出来、彼がどれ程までにこの作品を理解していたかも理解出来ます。この映画を沢山の人に見て欲しい。今はただそれだけが願いであり、私の言える唯一の言葉だと思いました。
たいが

たいがの感想・評価

4.3
キリシタン弾圧の様子と信仰を守って踏み絵を拒み殺された人、逆に信仰を棄てて踏み絵を行なった人達を通して信仰とはなにか?何のための信仰なのか?を深く考えさせられる

別に自分はキリスト教徒でもないし仏教徒でもないけど、宗教とか信仰って今を生きてる人のためにあるものだと思ってます

だから命あっての信仰なので死を選んでまで信仰を守るっていうのはなかなか理解できなかった

作中で信仰を形あるものに頼るよは良いことではないというような話が出てきたけどまさにその道を進んだのがキチジローで、形ある神を求めすぎた結果あのような生き方、あのような最後を迎えることになってしまった

でもおれにはキチジローが1番自分に正直で人間らしさに溢れたキャラクターに感じた

逆にロドリゴは自分のせいで苦しむ人達を目の前で見てあのような決断をしたんだけど、結果的にそれが形のあるものに依存しない信仰を持てるきっかけになった

どれだけ踏み絵をしようが転び証文を書こうが心の中に確固たる信仰心があればそれでいいんだ

作中ではほとんどBGMがなく風で草がなびく音とか虫の声とかの自然音がひたすら聞こえてくるのが特徴なんだけど、それがキリシタン達が感じていた神の沈黙を想像させるしその静けさの奥にある自然の圧倒的存在感も感じさせる

この映画からは並々ならぬ作り手側のエネルギーと細部へのこだわりが溢れ出していて、観ているこっち側もそれ相応の姿勢で観なくちゃという気持ちになりました

かなりの傑作です
Sukeko

Sukekoの感想・評価

4.2
ー模試が終わり自己採点が終わったとき。

ー「沈黙」

戦後の文学史を学ぶに当たって遠藤周作の作品ってどんなんだろ〜ってゆうのと日本史も受験するのでちょうどいいかなぁとおもって今作を選びまして。

題名からしてかなりヘビーな映画だと思ったけど、やっぱり。割と長かったけど本当あっという間でした。

江戸時代ってこんなに英語喋る人いたのかなぁw 主人公が外国人で周りと意思疎通できないで2時間40分を見るのはきついと思うけどそこは多めに見ますw

キチジローは今作では一番人間味があって面白かったかな、農民もみんな信仰が硬いからキチジローのような心がコロコロ変わる人柄が異様にも見えたけど、ちょっと憎めない。うんw

肯定的な印象を受けるもローテンポな上、上映時間の長さは外国人にはあまり受けなかったのも事実。あとどうして日本ではキリスト教が禁止されているのかをちゃんと描かれていなかったので幕府とキリシタンの間にどういう経緯があって禁教されたかというものがほしかったし、そっちの方がわかりやすいと思う。

アンドリューとリーアムニーソンの対話のシーンはとても良かった。

疑問点が2つ

・リーアムニーソンとアンドリューが輸入品でキリスト教の物かそうでないかを調べてるときにリーアムニーソンがぽろっとイエスのことこぼしたシーンがありますが、あれは彼も同様に隠れて信仰していたことを暗示しているのでしょうか?

・アンドリューの火葬の時のナレーションで妻は泣かなかったと言っていましたが、あれは彼が隠れて信仰していたのを知っていて、彼が天国に行くと思ったのでそれで安心して泣かなかった。ということなんですかなぇ?

皆さんの意見お聞かせください

江戸時代の宗教観がかなり変わった作品でした。
RyotaI

RyotaIの感想・評価

4.1
「沈黙」は神に助けをこれほど求めたのに、どうして何もせずに沈黙しているのか。という意味。
舞台は島原天草一揆が鎮圧された後のキリシタン弾圧が続いている長崎が舞台で、ポルトガル人司祭のロドリゴやガルペをはじめ、多くのキリシタンがあまりにも理不尽で厳しい迫害を受けていた。

霧や暗闇がほとんどのシーンで見られ、不穏な雰囲気が常に漂っている。笑いや恋のない直球な内容で、人によっては見るに耐えられないかもしれない。

ロバート・デニーロ主演の『タクシー・ドライバー』を手がけたマーティン・スコセッシがどうして遠藤周作の『沈黙』を基にした作品を作ったのか。エンドロールでも明示されていたが、この映画は日本人に捧げられた作品だ。

この映画を観ながら、何度も人間はなんて愚かなんだと思ってしまった。

理解と歩み寄りもなかった日本で亡くなった姿は見ていて本当に辛かった。

最後に、ロドリゴの言葉を。
「人の魂を曲げるのは、拷問よりもむごいことだ」
MaU

MaUの感想・評価

3.6
重い。信仰とは、神とは、人とはなにか。逆境にあってもなお信仰を捨てない人々を通して私たちに多くの問いを投げかけてくる。

スコセッシだからこそ日本人のあり方に客観性を持って残酷に描けた部分もあるだろう。浅野忠信が踏み絵を大したことないと不敵に信者の耳元で囁くさまに恐ろしさを感じた。さらにはキチジロウ(窪塚洋介)のあり方に狡猾と一言で片付けられない人間の生きざまを見る思いがする。海の「碧さ」が印象的。

原作既読ながら学生時代なので、もう一度読んでみたいと思う。目を背けたくなるシーンが多いが、それだけ信仰は社会にとってある意味脅威でもある存在。自分の命が尽きるとき、信仰があったかどうかはその人だけが胸に秘めていくものなのだ。表層の生き方がどうであれ、心の火は消えない。神は沈黙を続け、信仰を持つものは問い続ける…

キャストにアダム・ドライバーが入っているのにびっくり。個人的にそこがツボ。
>|